小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

パレイドリア現象?空目?道端のアレが猫に見えてしまう謎

2021.05.13

突然ですが、全国の猫好きさん。

路地裏や公園の近くを歩いているとき、さりげなく猫がいないかチェックしてしまうことありませんか?筆者は…あります。

というわけで今回は、猫が好きな方が思わず唸ってしまうありがちエピソードをご紹介します。

猫好きにありがち

これぞ猫好きあるある。猫を求めるあまり、「視界の隅にあるそれっぽいもの何でもネコチャンに見えがち」現象です!(笑)

イラストの女の子のように道端のコンビニ袋やシミを見間違えたという他にも、大きな石や看板の影など、「猫かと思った…」系の投稿はツイッターでもかなり昔からたくさん見かけますよね。

それだけじゃなく、家の中で脱ぎ捨てた服やティッシュケースなど、なんとなく猫っぽい姿形のものが猫に見えてしまうことってよくありませんか?

実はこれ、人間の心理現象が関係しているらしいのです。

「パレイドリア現象」と「空目」

「パレイドリア現象(パレイドリア効果)」とは、そこにあるものに普段から良く知っているパターンを当てはめてしまう心理現象のことです。

「月のクレーターがウサギに見える」「雲が動物の形に見える」なども、脳が良く知るものに当てはめているからなのだとか。有名なロールシャッハ・テストなども、このパレイドリア現象を応用したものといわれています。

つまり、普段からよく猫を見ていて、そこに猫がいそうと思っている心理効果からそれっぽいものがネコチャンに見えてしまうということなんですね。

もう一つ、今回のようなシーンで使われる言葉に「空目(そらめ)」があります。

空耳は、実際には無い音や声が聞こえたように思うこと、主に聞き間違いのことを言いますよね。

空目はその視覚バージョンで、実際には見えないものが見えたように思うことや、見間違いのことを指す言葉です。

「ネットスラングでしょ」と思われるかもしれませんが、実は空目という言葉は広辞苑にも載っていて、あの源氏物語にも出てくるれっきとした日本語なんですよ!

「いそう」と思いながら歩いているからこそ見間違えてしまう。道端の猫っぽいものをつい空目をしてしまう気持ち、分かるという方も多いのではないでしょうか?

■イラスト提供/ポランカさん(@porankaran

4年ほど前からイラストやエッセイ漫画を描きはじめる。多摩川を歩くこと、野鳥の観察、ベースを弾くことが趣味。

文/黒岩ヨシコ

構成/inox.

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。