人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

吸引力は2万Pa!コードレス掃除機と水拭き掃除の二刀流で使えるASSASIN「F10 Pro」の実力

2021.04.25

FUGU INNOVATIONS JAPANより、全国の「ドン・キホーテ」系列店舗(一部店舗除く)で発売されている「F10 Pro」は、コードレス掃除機として使えるうえ、ヘッドを取り替えれば、簡単に水拭きができるスグレモノ。

今回はそんなF10 Proの実力を試し、その使用感や使い心地などをご紹介していきます。

組み立てわずか1分!

まずはF10 Proの吸引力を試すため、コードレス掃除機として組み立ててみます。

まず、パイプとモーターヘッドを接続します。接続の際は凹凸を合わせて押し込むだけ。難しい操作は要らないため、年配の方や子供でも気軽に接続できるでしょう。

次にパイプと本体を接続。これも凹凸を合わせて押し込むだけなので、手間はかかりませんでした。

最後に本体へ充電済のバッテリーを差し込むだけ。これで準備完了です。なお、バッテリーを差し込むと反対側にバッテリーの残量がわかるインジケーターが表示されます。

バッテリー残量が一目でわかるため、バッテリー切れを配慮しながらお掃除する心配もありません。

本体、パイプ、クリーナーヘッドを接続し、バッテリーを本体に挿入して完成。わずか1分以内でできました。それではこちらを使って、実際にお部屋の掃除をしてみましょう。

2万Paの吸引力を検証!

それでは実際にF10 Proを使って、お部屋の掃除をしてみます。F10 Proの最大吸引力は2万Pa。かなりの活躍が期待できそうです。

筆者宅は43平米で床はフローリング。F10 Proの連続運転時間は約20~40分なため、バッテリー切れを心配せずにお掃除できます。本体のトリガー部分にあるボタンを1度押すと、ノーマルモードで起動。もう1度押すとハイパワーモードになり吸引力がアップ。さらにもう1度押すと電源がオフになります。

モーターヘッド接続時の重量は2.3kg。サイズは約縦210㎜×幅260㎜×奥行1200㎜となっています。

クリーナーヘッドの先端にはライトが付いており、起動時にはこちらが光るため、見えにくい家具の下などのホコリも見ながら掃除できました。

ちなみにノーマルモード起動時の騒音を計測してみると、約70㏈前後。決して低い数値ではありませんが、そこまでうるさいと感じることはありませんでした。

約10分間の掃除が終わりました。本体に装着されているダストタンクを外し、どれくらいのゴミが取れたのかをチェックしてみます。

本体上部にある赤いボタンを押しながら、ダストボックスを取り外します。

ダストボックスを取り外したら、ダストボックスの下部にあるフックを押します。するとダストボックスのフタが開くため、手を汚さずに中身のゴミを捨てることが可能。なお、ダストボックス内にはフィルターとフィルターアセンブリがあり、こちらを取り外して水洗いすることができます。

それでは約10分間の掃除でどれくらいのゴミが取れたのかを確認してみます。

たった10分の掃除でこれだけのホコリやゴミを吸引することができました! 髪の毛やホコリはもちろん、小さな砂なども吸えていることがわかります。

コードレス掃除機時の吸引力は相当なものということがわかりました。

水拭きモップとしても使える!

続いては水拭きヘッドに取り換えて、床を水拭き掃除してみます。ヘッドの取り換え方法はクリーナーヘッドの取り換え時と同じです。ヘッドを取り付けたら、水タンク部分を取り外して注水します。

水タンクの左下にある脱着ロックを押し、手前側に起こすと取り外すことができます。

水タンクの右側には水注入口があります。こちらのキャップを取り外し、注水します。

水タンクへの注水を終えたら再びヘッドに取り付け、最後に水バルブをひねって水が出るようにセット。最初は説明書を読みながらの操作だったため、2分ほど時間がかかってしまいましたが、慣れれば数十秒で用意できるでしょう。

水拭きヘッド装着時の掃除は、コードレス掃除機時の操作と大きな違いはありません。本体のトリガー部分にある電源ボタンを押すことでノーマルモードが起動。水拭き掃除ができます。

水タンクから出る水は少量なため、床がびしゃびしゃになる心配もありません。これほど簡単に水拭き掃除ができるのはF10 Proの魅力の1つでしょう。

なお、水拭きヘッドの裏側には上の写真のようにモップが取り付けられています。このモップは面ファスナーで装着されているため、簡単に装脱着が可能。汚れたら綺麗に洗いましょう。

ちなみに水拭きヘッドを含み、F10 Proには以下のような同梱物が入っています。

F10 Proの同梱物

F10 Proの同梱物は説明書やバッテリー、充電アダプターのほか、以下のとおりです。

1:アクセサリーフック
2:ダストブラシ
3:コンビネーションブラシ
4:パイプ
5:すき間ブラシ
6:モーターヘッド
7:本体(ダストタンク)
8:水拭きヘッド

F10 Pro仕様

組み立てサイズ:約縦210㎜×幅260㎜×奥行1200㎜(モーターヘッド装着時)
重量:約2.3㎏(モーターヘッド装着時)
吸引仕事率:250W
バッテリー電圧:22.2V
充電器入力電圧:100~240V
充電器出力電圧:27V
充電時間:約4~5時間
連続運転時間:約20~40分
ダストタンク容量:0.5L

【参照】ASSASIN F10 Pro スティッククリーナー

取材・文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。