人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

30杯分のゴミを収集!自動マッピング機能で水拭きも可能なロボット掃除機「DEEBOT N8+」

2021.05.01

いつかは欲しいねロボット掃除機!

筆者は、子供たちや鬼より恐い奥さんには個室を与えている代償として、自分の部屋を持っておらず、仕方無くリビングで終日過ごしておりますが、あまりのストレスでお菓子を買い食いして太ってしまうのは、もはや致し方ありません。

しかし気が付いたら、リビングの床が食べ物の食いさしなどで散らばりまくり。しかし、そんな状況にもかかわらず、自分で掃除機をかけるのはとても面倒。できればやりたくはありません。

ところが最近は、そんな物ぐさ野郎を強力にサポートしてくれる、オドロキの商品が存在するのです。その商品とは……。

ロボット掃除機です!

これまでの常識を覆すAIと人工頭脳を駆使したハイテク掃除機とは?

ロボット掃除機とは……。英語では、「Robotic vacuum cleaner」と呼ばれ、自動的に動いて掃除をするロボット、という定義になります。そして、あまり知られていない話ですが、ロボット掃除機は意外とメンテナンスが大変です。

掃除機なのに、掃除機自体をこまめに掃除しなければならなかったり(本末転倒!)、設計サイズの問題で、ロボットの中にゴミをあまり溜められず、その結果、「こんなハズじゃあなかったのに……」とゴミ捨てやメンテナンスに明け暮れて嘆いても、アリス・ザ・ワンダーランド、もといアフター・ザ・トゥモローランド、もといアフター・ザ・フェスティバル(後の祭り)であります。

そんなお役立ちガジェット全盛のこの時代、掃除機のゴミ捨てがカンタンで、面倒くさがり屋さん大歓喜の、ついでに水拭きも可能な優れもののロボット掃除機は存在しないのでしょうか……?

……実はあります。

このたび、集めたゴミを30杯分自動収集! 自動マッピング機能搭載で同時に水拭き可能なロボット掃除機「DEEBOT N8+」が発売されました!

※「DEEBOT N8+」はAmazon公式ショップの限定販売モデルです。

何でも話によると、「ロボット掃除機の“ちょっと惜しい”をすべて叶(かな)えた」掃除機なんだそうです。それって何なんだろう。ワクワクさんとゴロリも興味津々です。

集めたゴミを30杯分自動収集! 水拭き可能なロボット掃除機なロボット掃除機がついに登場!

Amazon/【自動ゴミ収集】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT N8+

N8+ Standard Length

参考資料
https://www.ecovacs.com/us/deebot-robotic-vacuum-cleaner/DEEBOT-N8+-Black

「DEEBOT N8+」は、集めたゴミを30杯分自動収集! 自動マッピング機能搭載で同時に水拭き可能なロボット掃除機です。

「DEEBOT N8+」は……。

●ダストボックス内部のゴミを自動的に収集する、自動ゴミ収集機がセットに! ゴミ捨ての手間を解消!

●業界で初めて、自動運転車の車間距離測定用「D-ToF」技術を応用して、マップを数秒で作成して、全体的な清掃効率を向上!

●同社・従来品比で53%も増加した、2300Paの強力な吸引力を実現!

●水拭き掃除も同時にできる、オズモモップシステム!

……といった性能を有した、何だかベンリで楽チンでお手軽極まりない、ニュー・テクノロジー&ハイ・テクノロジーで新技術を駆使した、ハイでテクなロボット掃除機なのデス!

これまで、こまめなゴミ捨てが面倒なので、泣く泣くロボット掃除機の導入をあきらめていた、食わず嫌いの老若男女も、これからは気軽にロボット掃除機ライフが狩野英孝、もとい叶姉妹、もとい可能になったのです! メーカーさん、ありがとうございます! (メーカー「どういたしまして!」)

「DEEBOT N8+」の、おそるべき機能のヒ・ミ・ツ!

知らない人が多いのではないかと思われる「ECOVACS ROBOTICS」社ですが、実は家庭用ロボットの研究と販売に15年以上の経験があり、6大陸35か国以上に製品を提供している、実績あるメーカーです。日本ではこれから有名になるところです。

ここだけの話、すでに世界で家庭用ロボットブランドのトップ3のうちの1つです。ちなみにECOVACS ROBOTICSの商品は、DEEBOT床掃除ロボット、WINBOT窓掃除ロボット、ATMOBOTロボット空気清浄機、FAMIBOT執事ロボットの4つのカテゴリーの家庭用ロボット製品で構成されています。

ECOVACS|エコバックスジャパン公式サイト

自動ゴミ捨て機能搭載! 30杯分のゴミをダストボックスに収容可能!

「DEEBOT N8+」はゴミを収集し終わったら、ダストボックスに帰還してゴミを排出してくれます。ダストボックスは、30杯分のゴミを収容可能なので、ダストボックスを頻繁にメンテナンス・掃除する手間がグッと減って楽ができるので、お母さんも安心です。これはベンリ!

業界最高水準のマッピング機能を搭載!

「DEEBOT N8+」の製造元の「ECOVACS ROBOTICS」社は、やっぱり海外メーカーだから日本製と比べて、あんがいテキトーに作られているんじゃないか……と心配されている貴兄もあるかと思いますが、そこはご安心を!

「DEEBOT N8+」はこれまでの常識を覆す、ハイテク機能満載のアイゼンボーグ、もといサイボーグならぬ、「こいつ……動くぞ!」……的な、しっかりとした作りのロボット掃除機です。

例えば、ウン十万円以上する最新のハイエンドなロボット掃除機でも、あらかじめ部屋の中を何回か走行させてから「トレーニング」をしないと、部屋の間取りやマッピングを正確に認識できないモデルも多く、結構面倒極まりないのは、あまり世間では知られていない。「真実はひとつ!」です。

しか~し! 「DEEBOT N8+」なら……必要最小限の走行で、いまやトレンドの「自動運転車」の車間距離測定に使われる「D-ToF」技術を応用して、「ECOVACS Home」アプリを使い仮想的な境界を作成、ロボットが特定のエリアに入ることを制限できます。

そして、ご自宅の各階で複数のマップをスキャンして保存します。

マップはたった数秒で作成され、貴兄のお部屋の間取りをビシッと把握して、アプリ上で各お部屋の掃除頻度や侵入禁止エリアを、お手軽カンタンに設定できます。

いわゆるこれまでのロボット掃除機に使われている、レーザーマッピング機能より、なんと約4倍は高性能なんだそうです。なんてハイテクでAIな人工知能なんだ! (意味不明)

1台で吸引と水拭きを同時に可能!

「DEEBOT N8+」は、チョー強力な2300Paの吸引力と、超オドロキの「OZMOモップシステム」により吸引と水拭きを同時に実現し、清掃能力がさらに強化されます。

例えば、床面に付着している細菌であれば、なんと99.26%まで除去します。何ともパワフルですねー!

ちなみに、騒音もかな~り静かめです。しかも自動的にカーペットを検出してくれるので、カーペットをびちょびちょに濡らしてしまう心配も、たぶんありません。

メンテナンスが、チョーカンタン!

「DEEBOT N8+」は、モップパッドやダストバッグは使い捨てなので、30回分ゴミが溜められることを併せて考えると、ダストバッグを頻繁に交換する必要性と、モップを洗う必要性が激減するワケなので、数週間にわたって安心して御自宅の清掃を楽チンにベンリに行えます。

スマホ連携! どこからでもお掃除をカンタンに制御可能!

「DEEBOT N8+」は、スマホアプリと連携して、いつでも、どこからでも、お掃除をお手軽カンタンにさせることができます。また、Amazon Echoや、Google Homeといったスマートスピーカーとも連携してくれるので、話しかけるだけで、お掃除をスタートさせたり、お掃除の方法を指定できたりします。

高効果フィルターを搭載!

「DEEBOT N8+」は、99%の微粒子物質とアレルゲンを除去可能なフィルターを搭載しています。なんと、6ミクロンほどの小さな粒子でも捕捉可能なので、その結果、掃除しながら、お部屋の空気もキレイになります。

広い範囲を清掃可能!

「DEEBOT N8+」は、一回充電して給水すれば、110分間可動して、2000平方フィート(≒185.8061平方メートル)をカバー領域として清掃してくれます。

もちろん、あまたのロボット掃除機同様、バッテリー量が少なくなると自動的に充電ドックへ帰還して充電を始め、〝これなら残りの分の掃除もできるかな〟……くらいにまで給電されたら、また掃除を開始しはじめます。なんて頭がいいんでしょう!

パッケージ内容は以下の通りです。

掃除機本体×1
自動ゴミ収集機(ダストバッグ2個含む)×1
取り扱い説明書×1
ケーブル×1
メンテナンスツール×1
サイドブラシ×1
クリーニングクロスシート×1
クリーニングモップ×1 (繰り返しタイプ)
クリーニングモップ×10 (使い捨てタイプ)
高性能フィルター(水洗い不可)

……とまぁ、ここまでの説明を見ていたり、聞いていた限りでは、果たしてこのロボット掃除機「DEEBOT N8+」は、ちゃんとお部屋をお掃除してくれるのでしょうか。実は全然、掃除なんかしてくれないんじゃあないだろうか、と、心配になってしまうのは、致し方ない所です。

というワケで筆者は、ロボット掃除機「DEEBOT N8+」を試用してみることといたしましたので、早速、開封の儀です!

ロボット掃除機「DEEBOT N8+」を試用してみました!

今回試用する、ロボット掃除機「DEEBOT N8+」です。

誰が見ても、掃除ができそうな雰囲気を醸し出しています。

美しい化粧箱が、掃除心(なんじゃそりゃ)をくすぐって、コチョコチョします。

説明書に従ってセッティングしていきます。何ら難しいことはありません。ブラシの取り付けは、左右、色を合わせる必要があるので要注意です。

ひと通り準備が終わったら、QRコードを読み込んで、スマホアプリをインストールします。

スマホアプリで本体をWi-Fiに接続したら……。いざ、お掃除スタート!

部屋の隅々をマッピングし始めます。自動運転車テクノロジー技術、炸裂!

充電量を使い終えると、充電ステーションに帰還しました。(というか試用動画では強制的に帰還させた)そしてゴミを自動コミ収集機に吸引! ギュオーン!

どういった原理で、こんなことができるんでしょうねぇ。中に人でも入っているのでしょうか?

実際の試用動画がコチラ!▼

集めたゴミを30杯分自動収集! 自動マッピング機能搭載で同時に水拭き可能なロボット掃除機「DEEBOT N8+」

集めたゴミを30杯分自動収集! 自動マッピング機能搭載で同時に水拭き可能なロボット掃除機「DEEBOT N8+」。

これでもう、足の踏み場もがなくキノコが生えている筆者の汚部屋も、たちまちキレイになりますね!

※「DEEBOT N8+」はAmazon公式ショップの限定販売モデルです。

ちなみに今回「ECOVACS ROBOTICS」社様よりクーポンコードを頂いておりますのでお知らせ致します。↓↓

3500円OFFコード:TN6Q36T3 (~5月31日まで、商品ページの4000円OFFと併用可能)
URL:https://amzn.to/3sjk0PZ

※資料・画像引用 筆者自身の撮影によるもの、もしくはメーカー・販売店サイト、又はWikipedia等。
※本記事は、執筆時点でネットに公開された資料や取材による情報に基づく商品やサービスの異訳調の紹介風なテキト~でいい加減な内容のエッセイとなりますが、筆者及び編集部はその内容や継続性等を保障するものではございません。(特に海外メーカーの場合、公開された仕様と実際の仕様が異なる場合があります)
※筆者及び編集部は、記事中の商品やプロジェクトを保障するものではございません。購入は自己責任となります。御注意下さい。
※健康器具や健康食品の効果については個人差があるため、使用についてはあくまでも自己責任となり、筆者及び編集部はその責を負いません。
※クラウドファンディングには立案会社の問題でプロジェクトが頓挫する可能性や支援金が戻らなくなるリスクも稀にあります。出資に当たっては、御自身で御判断いただきますようお願い致します。
※本記事に登場する、登場人物のキャラクターや言動は炎上しそうな箇所はおおむねフィクションです。

文/FURU
デジタル系ガジェットに散財する、サラリーマン兼漫画描き兼ライター。電脳ねたがテーマの漫画を得意とする→https://www.furuyan.com
Amazonランキング17万位! 印税55円を達成した、(カイなデジねた漫画「でじ@おた!」 大ヒット絶賛公開中! →https://amzn.to/2XxEJQS
2020年3月26日(木)J-WAVE 「STEP ONE」の「LIFE IN SMART」に生出演しました!

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。