小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アップルが「HomePod」の生産を終了、高級スマートスピーカーは無くなってしまうのか?

2021.04.18

https://www.apple.com/jp/newsroom/2018/05/ios-11-4-brings-stereo-pairs-and-multi-room-audio-with-airplay-2/

アップルはHomePodの販売を終了した

今後は廉価モデルのHomePod miniへと注力する

高級スマートスピーカーに未来はあるのだろうか

需要を掴めなかったHomePod

https://www.apple.com/jp/newsroom/2018/05/ios-11-4-brings-stereo-pairs-and-multi-room-audio-with-airplay-2/

米アップルから2018年に発売されたスマートスピーカー「HomePod」は、高さ172mm x 幅142mmの大型の本体に、1基のウーファー、7基の指向性ツイーター、6基のマイクを搭載した高級スマートスピーカーだった。また、音声アシスタントのSiriを搭載することで音声での操作が可能だ。

HomePodは市場で中心的な廉価なスマートスピーカーとは一線を画する高い音質を実現し、オーディオ製品として優れた製品という評価だった。しかし349ドル(約3万8000円)という高価さにくわえ、Siriと他社サービスとの連携が遅れたことにより、販売が振るわなかったのも事実だ。

その後、アップルは2020年に小型化したスマートスピーカーの「HomePod mini」を発表。小型な本体に十分な音質と音量、そして99ドル(約1万1000円)と廉価な価格により、人気を博すことになる。一方で、HomePodは今年3月に販売を終了した。

HomePodに対抗できるハイエンドEcho

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NQDQWW6

HomePodに対抗しうる高級スマートスピーカーは、実は米アマゾンからも発売されている。同社が投入する「Echoシリーズ」の最上位モデルとなる「Echo Studio」は、本体に5基のスピーカーを内蔵。さらにDolby Atmosに対応することで、低音から中音、そして高音まで高い音質を実現したとうたっている。

本体には音声アシスタントの「Alexa(アレクサ)」を搭載。話しかけることで音楽をコントロールしたり、ニュースを読み上げたり、タイマーをセットしたり、カレンダーの予定を編集したり、リマインダーが設定できる。またAlexa対応スマート家電の操作も可能だ。

さらに、Amazon MusicやApple Music、Spotify、radikoなどの対応サービスの幅広さも魅力だ。HomePodシリーズではSpotifyやAmazon Musicに対応していない(スマートフォン経由での再生は可能)のが、大きな弱点となっている。対応ストリーミングサービスの幅広さでEchoシリーズを選択するのもありだろう。

グーグルはラインナップを縮小

https://store.google.com/jp/product/nest_audio?hl=ja

実はグーグルも2017年に高級スマートスピーカー「Google Home Max」を発売していた。同製品は2基の4.5インチウーファーと2基のカスタムツイーターを搭載。また本体幅が33.5cmとかなり大きく、価格も399ドル(約4万3000円)と高価だった。残念ながら、こちらの販売はすでに終了している。

グーグルが現在販売している高音質なスマートスピーカーは「Nest Audio」が相当する。本体にはウーファーやツイーターを搭載し、ソフトウェアチューニングにより低音が響きやすい設計となっている。また、設置環境に合わえて音が調整される機能も搭載されている。

音声アシスタントとしては「Google アシスタント」を搭載。音声によりさまざまなコマンドが実行できる。さらに、Google カレンダーやGoogle マップといった、グーグルのサービスとの密な連携も魅力だろう。

現時点では高級スマートスピーカーへの需要は大きいとはいえず、むしろそれぞれの部屋に小型スマートスピーカーを設置する使い方が増えている。今後、スマートスピーカーでは購入しやすさと他社サービスとの連携が重要となることだろう。

文/塚本直樹

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。