小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

一番好きな日曜劇場のドラマランキング、3位半沢直樹、2位JIN-仁-完結編、1位は?

2021.04.16

1956年の放送開始以来、60年以上にわたって多くの名作ドラマを生み出し続けているTBSの番組枠「日曜劇場」。毎週、日曜の夜はこの枠のドラマを見るのが楽しみ、という人も多いだろう。

そこでgooランキングは、名作ぞろいの日曜劇場の中でも、みなさんが「一番好き」だと思う作品は何なのか、2010年以降に放送された作品の中から探ってみた。

一番好きなTBSの日曜劇場ランキング(2010年~)

3位は『半沢直樹』

3位には、2013年7月期に放送された『半沢直樹』がランク・インした。

池井戸潤の小説を原作とする本作は、バブル経済末期に大手銀行へ入行した型破りな銀行員の半沢直樹(堺雅人)が、銀行内外で次々と理不尽な目に遭いながらも、逆境を乗り越えて敵を追い詰めていく姿が描かれている。

主人公の半沢は、たとえ上司が相手でも徹底的にやり返す性格ですが、2013年には、そんな彼の決めぜりふ「倍返し」が、「ユーキャン新語・流行語大賞」で年間大賞に選ばれた。日頃から理不尽な経験をしている人たちの心に響く、そんなパワーがこの作品にはあるのかもしれない。

2位は『JIN-仁-完結編』

2位に続いたのは、2011年4月期に放送された『JIN-仁-完結編』。

本作は、2009年10月期に放送され、国内外で数々の賞を獲得した『JIN-仁-』の続編で、幕末期の江戸時代が舞台となっている。

現代からタイムスリップしてきた主人公の脳外科医・南方仁(大沢たかお)は、まだ医療技術が発展していない江戸の町で命を救うために奔走し、幕末の動乱に巻き込まれていくことになる。

1作目に登場したおなじみの面々に加え、新たに西郷隆盛や近藤勇など歴史上の有名人も多数登場した本作。完結編ということもあり、ファンにとっては忘れがたい作品だったのではないだろうか。

そして1位は『集団左遷!!』!

1位に選ばれたのは、2019年4月期に放送された『集団左遷!!』。

平成最後に放送された日曜劇場作品であり、福山雅治が同枠で初となる主演を務めたことでも注目を集めた本作。原作は江波戸哲夫の小説で、銀行という巨大な組織の理不尽さに仲間と共に立ち向かう、“普通”の銀行員・片岡洋の葛藤が描かれた。

片岡がさまざまな困難に直面し、迷いながらも信じた道を突き進む姿に、放送終了後は視聴者から多くの称賛が寄せられたそうだ。今回の結果を見れば、それも納得だろう。

集計方法

gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものとなる。

投票数合計:2,427票

集計期間:2021年2月01日~2021年2月15日

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。