小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

押し入れ、洗面所、狭いスペースの湿気対策に便利なコンパクト除湿機の選び方

2021.04.15

リビングや部屋で使うメインの除湿機のほかにも、押し入れやクローゼット、トイレや洗面所など、限られた空間で使えるコンパクトな除湿機がほしい。しかし、種類が豊富でどれを選べば良いかわからない……。

そんな人のために、今回は除湿機の選び方を紹介していきます。

コンパクトな除湿機の選び方

小さい除湿機を選ぶ時は、本体サイズや値段、除湿量などはもちろん、「除湿の方法」にも注目してみましょう。除湿の方法によっては、使いたい時に効果を発揮しづらい種類もあるのです。

除湿機の種類

除湿機は主に4種類にわけられます。それぞれの仕組みとメリット/デメリットは以下のとおり。それぞれの特徴をつかんで、ピッタリな除湿機をチョイスしましょう。

〇コンプレッサー式
【仕組み】部屋の湿気を吸い込み、冷やして水滴にして除去します。
【メリット】気温が高いと除湿能力が高くなる、電気代が安い
【デメリット】気温が低いと除湿能力が落ちる、コンプレッサーを使うので運転音がやや大きい

〇ゼオライト(デシカント)式
【仕組み】取り込んだ湿気を乾燥剤に付けて、ヒーターを使って水分を除去します。
【メリット】寒い季節でも除湿できる
【デメリット】ヒーターを使うため夏場の使用に不向き、電気代が高くなる

〇ハイブリット式
【仕組み】気温によってコンプレッサー式とゼオライト式が切り替わります。
【メリット】1年を通して使える
【デメリット】サイズが大きい、本体価格が高い

〇ペルチェ式
【仕組み】ペルチェ素子を使って空気を冷やし、結露させて水滴を集めます。
【メリット】サイズと運転音が小さい、気温が高いと効果を発揮しやすい、本体価格が安い
【デメリット】除湿能力が低い、気温が低いと除湿能力が下がる

コンパクトな除湿機はどの種類がおすすめ?

クローゼットや洗面所など限られた場所には、どの種類の除湿機がおすすめなのでしょうか。

例えば、ハイブリット式はコンプレッサーとヒーターを搭載しているため、本体サイズが大きく、狭い場所には置きにくいかもしれません。

また、コンプレッサー式やゼオライト式は、本体価格が安くても1万円前後するため、サブ機として購入するには、少し躊躇する人もいるでしょう。

おすすめは「ペルチェ式」。コンパクトなので持ち運びや設置が簡単で、サブ機として購入しやすい価格の製品が多いのも魅力です。

これは安い! Amazonで5000円以下のコンパクトなペルチェ式除湿機

ここからは通販サイト「Amazon」で、5000円以下で購入できる、ペルチェ式加湿器をご紹介します。サイズは幅と奥行きがA4用紙サイズ(210㎜×297㎜)よりも小さい製品をピックアップしました。

また騒音性や除湿量もセレクトの際に考慮しています。

ご自身にぴったりな製品をチョイスしてください。

コンパクト除湿機:KLOUDIC「DH-CS03」

サイズ:幅130㎜×奥行130㎜×高さ213㎜
本体価格:2499円
騒音性:30~40dB
除湿量:320ml/日

自動停止機能が付いているため、水タンクが満水になると自動で除湿を停止します。重さはわずか0.75kg。ワンタッチで操作できるため、操作に手間取ることも少ないでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト除湿機:Cyan「2021年最新デザイン 除湿機」

サイズ:幅180㎜×奥行150㎜×高さ260㎜
本体価格:4080円
騒音性:30dB
除湿量:400~450ml/日

タンク容量は1000ml。満水になるとLEDランプが赤く点滅するので、タンク交換のタイミングがわかりやすいのもポイントです。重さは約0.8kgなので、持ち運びも簡単にできるでしょう。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト除湿機:PAIPU「JSQ-016」

サイズ:幅145㎜×奥行145㎜×高さ217㎜
本体価格:4980円
騒音性:35dB
除湿量:400~450ml/日

コンパクトにも関わらず、適用床面積は約20平方メートル。重量は約1.3kgで、水タンクの容量は1000mlとなっています。水タンクが満水になると自動停止するため、安心して使えるのもポイントです。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト除湿機:Hysure「T8」

サイズ:幅163㎜×奥行107㎜×高さ267㎜
本体価格:4650円
騒音性:30dB
除湿量:300ml/日

重さは約1.2kg。運転音が30dB以下なので、寝室に置いても眠りを妨げる心配は少ないでしょう。水タンクの容量は700ml。ワンタッチ操作で簡単に使えます。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト除湿機:Aidodo「DH100」

サイズ:幅130㎜×奥行130㎜×高さ240㎜
本体価格:3599円
騒音性:35dB
除湿量:300ml/日

重さは約955gと軽量。ボタンが1つだけなので、操作に迷う心配はほぼないでしょう。満水になるとランプが点滅するため、水タンク交換のタイミングもわかります。

アマゾンでの購入はこちらから

コンパクト除湿機:Amzdeal 衣類乾燥機 除湿機 900ml

サイズ:幅145㎜×奥行145㎜×高さ220㎜
本体価格:3799円
騒音性:30dB
除湿量:300ml/日

運転音はわずか30dB以下。年間電気料金は約1200円(1日5.5時間使用した場合)と家計にも優しい省エネ設計です。水タンク容量は900mlで、重量は約980gとなっています。

アマゾンでの購入はこちらから

※データは2021年3月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。