小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

空気清浄機の電気代は1か月あたりどれくらい?

2021.04.20

4~5月は花粉の飛散が激しくなるため、花粉症の方はお部屋の快適さを保つため、空気清浄機をフル稼働させる場合もあるでしょう。

そこで気になるのが「電気代」。長い時間空気清浄機を使っていると、それ相応のランニングコストがかかってしまうのではないか……と、不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は空気清浄機の電気代は1か月あたり、どれくらいの費用になるのかをチェックしていきます。

【関連記事】シャープの空気清浄機は24時間「強運転」し続けても電気代が1日49円しかかからないというのは本当か

空気清浄機の1か月あたりの電気代はどれくらい?

まず、前提として電気代は、契約している電機会社や利用している空気清浄機によって異なります。ですから、明確な電気代は算出が難しいわけです。

ですが、各空気清浄機メーカーの公式サイトの商品ページにて、「仕様」の欄におおよその電気代が表示されていることがあります。

すでに空気清浄機をご自宅に置かれている場合は、商品のホームページから仕様をチェックしてみましょう。

今回は、2020年に発売された23~25畳タイプの空気清浄機。シャープの「KI-NP100」、ダイキンの「MCK55X」、パナソニックの「F-VXT55」を例に、その1時間あたりの電気代を確認し、1か月あたりの電気代を算出していきましょう。

プラズマクラスターNEXT搭載! シャープの空気清浄機「KI-NP100」の電気代

シャープの「KI-NP100」は、プラズマクラスターNEXT(※1)を搭載した空気清浄機です。その電気代は、1時間あたり「ターボ」で約2.6円、「強」で約1.6円、「中」で約1.2円、「静音」で約0.14円となっています(※2)。

※1プラズマクラスターNEXTとは? イオン濃度5万個/㎤のプラスとマイナスのイオンを放出し、空気中の菌やウイルスを分解・除去。ペットの臭いや部屋干しの臭い、また静電気などを抑制します。

※2 無線モジュールを起動していない時の電気代を、電力料金目安単価27円/kWh(税込)[2014年4月改訂](家電公取協調べ)で計算しています。

1か月あたりに計算すると、静音モードなら付けっぱなしでも約100.8円前後(0.14円×24時間×30日)となる計算です。

なお、「KI-NP100」には「加湿空気清浄」機能も搭載されています。この機能を使った場合、1時間あたりにかかる電気代は「ターボ」が約1.8円、「強」が約1.7円、「中」が約1.2円、「弱」が約0.16円となります。

【参照】シャープ KI-NP100

楽天市場での購入はこちらから

~25畳の適用床面積 ダイキン「MCK55X」の電気代

「MCK55X」はホワイト、ディープブラウン、ダークグレーのカラーバリエーションがラインナップされている、ダイキンの空気清浄機です。適用床面性(目安)は~25畳。8畳の空気を11分で清浄します。

そんな「MCK55X」の1時間あたりの電気代は、「ターボ」が1.67円、「標準」が0.46円、「弱」が0.27円、「しずか」が0.16円となっています(※)。

※6畳の部屋で、1日にタバコ10本を喫煙した場合の電気代の目安。空気清浄機(自動運転)開始後にタバコ1本喫煙し1時間運転。(1日に10回繰り返し)。その他の時間は空気がキレイな状態とした場合。電力料金目安単価27円/kWh(税込)[平成26年4月改定]で算出。

仮に1か月の間ずっと「しずか」で運転していたとすると、約115.2円(0.16円×24時間×30日)となります。

なお、加湿空気清浄を行った場合、1時間あたり「ターボ」なら1.73円、「標準」なら0.51円、「弱」は0.38円、「しずか」は0.30円となっています。

【参照】ダイキン MCK55X

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ナノイー搭載! パナソニックの空気清浄機「F-VXT55」の電気代

スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなど4種類の花粉を抑制する「ナノイー」を搭載した「F-VXT55」は、パナソニックの空気清浄機です。

その電気代は、1時間あたり「ターボ」で約1.5円、「中」で約0.3円、「静音」で約0.2円となっています。1か月あたりに計算すると、「静音」モードで付けっぱなしにしても、「144円(0.2円×24時間×30日)」となります。

今回紹介した3機種の中では、最もランニングコストがかかるように思えますが、「ターボ」モード時は電気代が1時間あたり1.5円なため、ターボモードを付けっぱなしでも1か月あたり約864円となります。

※「ターボ」モード使用時、1か月あたりの電気代はシャープ「KI-NP100」が約1872円、ダイキン「MCK55X」は約1202.4円となります。

なお、加湿空気清浄機能を使った場合、1時間あたりの電気代は「ターボ」が約1.2円、「中」が約0.4円、「静音」が約0.3円となっています。

【参照】パナソニック F-VXT55

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

※データは2021年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。