小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

消毒用アルコールと何が違う?今さら聞けない「次亜塩素酸ナトリウム」の効果と正しい使い方

2021.04.11

除菌行動が習慣化されている今、消毒用アルコールだけでなく、さまざまな除菌剤を耳にするようになった。その中でも、「次亜塩素酸ナトリウム」入りの除菌剤も見かける。しかし実際のところ、消毒用アルコールとどう違うのか、効果など、知らないことも多い。

そこで今回は「次亜塩素酸水溶液」の専門家である三重大学の福﨑智司教授が、全薬工業主催の「次亜塩素酸水溶液及び次亜塩素酸ナトリウムに関するセミナー」で述べていた内容から、役立つ情報を紹介する。

【プロフィール】
福﨑 智司氏
三重大学大学院 生物資源学研究科 教授
広島大学大学院醗酵工学科博士課程後期修了(工学博士)、岡山県工業技術センター入所、食品技術グループ長、研究開発部長を歴任。三重大学大学院生物資源学研究科 教授。日本防菌防黴学会 英文誌編集委員長(兼務)。洗浄・殺菌技術の学術研究を行う傍ら、全国の食品工場において衛生管理の現場指導を 実践。著書に「次亜塩素酸の科学 ―基礎と応用―」(2012, 米田出版)がある。

次亜塩素酸ナトリウムとは?

次亜塩素酸ナトリウムは、次亜塩素酸水溶液の一つだ。除菌剤や殺菌剤に使用されており、家庭でよく使う製品としては、スプレー吹き付け用やベビー用品除菌剤、塩素系漂白剤、浴槽カビ取り剤などがある。


【参考】
●家庭でよく使う市販の次亜塩素酸ナトリウム製品(ppmは濃度)

1.スプレー吹き付け用
次亜塩素酸ナトリウム(100,200ppm)&精製水(全薬工業「P's GUARD(ピーズガード)」の例)

2.ベビー用品除菌剤(漬け置き用)
次亜塩素酸ナトリウム(10,000ppm)&精製水&pH調整剤

3.塩素系漂白剤(漬け置き用)
次亜塩素酸ナトリウム(約50,000ppm)&界面活性剤(泡立ちなし)

4.浴槽カビ取り剤(フォーム洗浄用)
次亜塩素酸ナトリウム(約50,000ppm)&界面活性剤(泡立ちあり)


そもそも、「除菌」とは「1.洗浄で除去する(菌体数を減少)」方法と、「2.殺菌で死滅させる(生菌数を減少)」方法の2種類がある。

次亜塩素酸ナトリウムの特長は、この除菌の力である「洗浄力」と「殺菌力」の両方を持っているところにあり、これは他の殺菌剤にはない特性だと言う。

特に、汚れの分解力が強いのが特長だ。

●「次亜塩素酸ナトリウム」の身近な利用用途

ちなみに次亜塩素酸ナトリウムは、次のような用途で利用されており、意外と身近なところで使われている。

・水道水の消毒
・食品の殺菌処理
・プール水・温泉水の消毒
・畜産・競馬界での多様な利用

各ウイルスの不活化について

次亜塩素酸ナトリウムや弱酸性次亜塩素酸水溶液は、コロナウイルス、新型コロナウイルス、ノロウイルスを不活化することが確認されている。

1.コロナウイルスの不活化

次亜塩素酸ナトリウム水溶液(50ppm,pH9.8)と0.9%の食塩水に、一定期間、豚コロナウイルスを接触させたところ、0.9%の食塩水は15秒たってもほとんど感染力は減少しなかった。一方で、次亜塩素酸ナトリウム水溶液は99.99%以上減少し、豚コロナウイルスを不活化することがわかった。

2.新型コロナウイルスの不活化

弱酸性次亜塩素酸水溶液(25ppm,pH6.5)の中に新型コロナウイルスを混合して、一定時間接触させたときの不活化効果を調べた。

1分接触させたところ、ウイルス感染価は検出限界以下となり、99.99%以上減少し、新型コロナウイルスを不活化することがわかった。

3.ノロウイルスの不活化

次亜塩素酸ナトリウムは、濃度約160ppm以上あれば、30秒で99.999%以上ノロウイルスを不活化することがわかった。

消毒用アルコールとはどう違う?

各ウイルスを不活化する次亜塩素酸ナトリウム。現在、日常的に利用している消毒用アルコールとはどう違うのか。殺菌と洗浄の面から比較された。

1.殺菌

手指消毒、手のひらへの塗り広げた場合の比較。

消毒用アルコールは、皮膚の内部に浸透するため、皮膚の常在菌まで殺菌する。消毒効果が高いといえる。一方で、手荒れの原因となる。

次亜塩素酸ナトリウムは、浸透性が低いので皮膚の表層のみに浸透する。そのため、表面通過菌を殺菌する。つまりモノからの付着菌のみを殺菌する。その結果、手荒れは起こらない特徴がある。

2.洗浄

タンパク質汚れが付着したステンレス鋼の洗浄をした場合の比較。

水で洗浄した場合、水の持つ溶解力で、ある一定量のタンパク質を除去できる。

消毒用アルコールで洗うと、エタノールが加わることにより、水の持つ溶解力が著しく減少するため、ほとんどのタンパク質は除去されない。これが微生物の場合には死滅はするが、死骸は表面に残ったままとなる。

次亜塩素酸ナトリウムは、水の持つ溶解力に加え、タンパク質に対して強い分解力があるので、タンパク質の優れた除去率を得ることができる。微生物の場合は、生菌も死菌もすべて除去する。

まとめると、次亜塩素酸ナトリウムは消毒用アルコールと比べて浸透力は低いが、手荒れは防げる。またタンパク質へ分解力は勝っているということだ。

●拭き掃除と漬け置き洗浄の違いで比較

実際の使用シーンでの違いはどうなのか。拭き掃除と漬け置き洗浄において、消毒用アルコールとの比較がされた。

【拭き掃除】
細菌が付着したステンレス鋼を、水、次亜塩素酸ナトリウム、逆性石鹸、消毒用アルコールをそれぞれ染み込ませたふきんで拭いた後の除去率が下記だ。

水 86%
次亜塩素酸ナトリウム 96%
逆性石鹸 82%
消毒用アルコール 35%

【漬け置き洗浄】
タンパク質が付着したステンレス鋼を、次亜塩素酸ナトリウム、逆性石鹸、消毒用アルコールそれぞれで漬け置きした結果、除去率が下記だ。

水 20%
次亜塩素酸ナトリウム 98%
逆性石鹸 22%
消毒用アルコール 8%

除去率において、次亜塩素酸ナトリウムは消毒用アルコールよりも大きく勝っている。

「次亜塩素酸ナトリウム」の正しい使い方

次亜塩素酸ナトリウムは、どのように使うのが正しいのか。それには次の4つのポイントがあるという。家庭用の製品を使用する際の参考にしよう。

1.適切な濃度に水で希釈する

2.一定時間接触させる

一定時間、接触させる必要があるため、漬け置き洗浄やフォーム洗浄、スプレー吹きつけ(複数回)などが必要。

3.水すすぎ(水拭き)を十分する

使い終わったら、必ず水ですすぐ、つまり水拭きをすることが必要。洗浄剤というのは、汚れを除去するのではなく、汚れの代わりに吸着する吸着反応であるからだ。

つまり、掃除後は、水で再度置換(すすぐ)を行う必要がある。次亜塩素酸ナトリウムの残留はサビの原因となるそうだ。

4.水を拭き取る

掃除後、浴槽やタイルカビが発生したり、シンクにサビが発生したりすることがある。その原因は水。水のあるところに微生物は発生するため、必ず水を拭き取ることが大事だ。

「次亜塩素酸水」との違い

最近、よく耳にする「次亜塩素酸水」。次亜塩素酸ナトリウムとの違いはどこにあるのか。

一言で言うと、水溶液のpHが違う。

次亜塩素酸水は「酸性」の溶液であるのに対して、次亜塩素酸ナトリウムは「アルカリ性」の溶液である。

では、酸性とアルカリ性では、効果にどのような違いがあるのか。

●効果の違い

同じ濃度で存在した場合に、次亜塩素酸水のほうが殺菌力ははるかに高い。微生物の中にも侵入して、中からも外からも殺菌効果がある。しかし水以上の洗浄力はない。

一方で、次亜塩素酸ナトリウムは洗浄力に優れており、濃度を上げると次亜塩素酸水と同じだけの殺菌力もある。

濃度の安定性は、次亜塩素酸ナトリウムのほうが安定しているため、容器で保存ができることから、次亜塩素酸ナトリウムは家庭での実用性が高いといえる。

ちなみに、一時期、次亜塩素酸水についてニュース等で話題になったが、厚生労働省の公式サイトにもある通り、次亜塩素酸水は次亜塩素酸ナトリウムとは異なるものであるため、混同しないこととと、正しい使用方法で使用するように留意したい。

【参考】厚生労働省「新型コロナウイルス対策 「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項」

取材・文/石原亜香利

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。