小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

発売はいつ?レトロモダンと先進を詰め込んだ新型「フェアレディZ」の登場が待ちきれない!

2021.04.12

美しいクルマは、時代を超えて愛される……新型・日産「フェアレディZ」のプロトタイプモデル、「フェアレディZ プロトタイプ」が2020年9月16日公開され、栄光の歴史を知るZファンは、心躍らしている。

S30型やZ32型など、「フェアレディZ」は常に時代をリードする憧れのクルマだ。日本車の枠を超えて、世界中のスポーツカーファンに愛される「フェアレディZ」。その新型とはどんなクルマなのだろうか?

【参考】「フェアレディZ プロトタイプ」を公開

初代S30型やZ32型など歴代の面影を持つ新型「フェアレディZ」の外装

それでは、「フェアレディZプロトタイプ」を見ながら、新型「フェアレディZ」をイメージしていこう。まずは外装からだ。

「フェアレディZプロトタイプ」は流れるような美しいラインのクーペボディだ。

ロングノーズにショートデッキ。強くスラントさせたリアスタイルには、初代「フェアレディZ」、S30型のシルエットが色濃い。

ディテールの造り込みも美しい。

まずは薄い楕円型を重ねたようなフロントライトと、その周辺のティアドロップ形状に、Zファンなら歓喜の涙を流すはず。

さらに、フロントフードのバルジ形状や開口面積の広いフロントグリルには、往年のS30型のイメージがオーバーラップする。

また、切上がったリアサイドウインドウ形状に、ロゴマークの配置場所……これぞZ。完璧だ。

テールランプも、S30型やZ32型を彷彿とさせる美しい形状。それでいてハイテクなのが2020年代のスポーツカー、新型「フェアレディZ」にふさわしい。

とにかく、市販前からファンをワクワクさせる外装デザインが目白押し。デザイナーの〝フェアレディZ愛〟を感じずにはいられない。

Zらしい色使いにも期待大!新型「フェアレディZ」のカラー

「フェアレディZ プロトタイプ」は、鮮烈なイエローとブラックルーフを組み合わせることで、歴代Zのそれを思わせるカラーリングとなっている。

市販車でも、歴代Zのアイコニックなカラーリングが各種選ばれるかもしれない。期待しよう。

トラッドでいて最新。新型「フェアレディZ」の内装

続いて、内装もチェックしていこう。

まずは、Z専用ステアリングホイールがファンの心をゆさぶる。3本スポークタイプのディープコーン形状に気分は高揚せずにいられない。

そして、12.3インチのフルデジタルメーテーディスプレイにも目を見張る。円形のタコメーターやブースト計など、オーソドックスなスポーツカーの配置だが、ディスプレイ表示されているのが今どき。

FRレイアウトのため、センターコンソールが高く太めになっている。それが逆にスポーツカーらしい、適度にタイトな室内空間を形作る。

そこにあしらわれるシフトレバーはショートタイプで、クイックな操作性を予感させる。

ショルダーサイドが張り出し、高いホールド性能をイメージさせるシートには、ボディーカラーに準じたストライプ、ステッチが施され、スポーツマインドを高めてくれる。

伝統と先進性が組み合わさり、スポーツカーの美学が詰め込まれるであろう、新型「フェアレディZ」の内装。オーナーがシートへ身体を沈み込ませる日は、もう近い。

ボディサイズはどれくらい? 新型「フェアレディZ」のスペック

「フェアレディZプロトタイプ」は、スペックが公表されている。

全長:4382mm
全幅:1850mm
全高:1310mm
ホイール/タイヤ寸法:255/40R19(フロント)、285/35R19(リア)

となる。

現行の「フェアレディZ」(Version ST)は、

全長:4260mm
全幅:1845mm
全高:1315mm
ホイール/タイヤ寸法:245/40R19(フロント)、275/35R19(リア)

となっている。「フェアレディZプロトタイプ」は全長で+122mm、全幅で+5mm、全高は-5mm、タイヤサイズはフロント/リア共に+10mmとなるわけだ。このプロトタイプのデータが新型「フェアレディZ」の寸法の参考になるだろう。

また、現行「フェアレディZ」の車重は、Version STの6速マニュアルで1540kg。搭載される「VQ37VHR」型は総排気量3696ccのNAエンジンで、「フェアレディZプロトタイプ」のV6 ツインターボエンジンとは異なるが、新型「フェアレディZ」でも、同等の車重が想定される。

V6 ツインターボ搭載か!? 新型「フェアレディZ」のエンジン

前項でもご紹介したが、「フェアレディZ プロトタイプ」のエンジンは、V6 ツインターボと公表されている。こちらは、同社の「スカイライン 400R」が搭載する3.0L V6ツインターボエンジン、VR30DDTTをベースにすると考えられている。

「スカイライン 400R」

VR30DDTTエンジン

「スカイライン 400R」が搭載するVR30DDTTエンジンの最高出力は298kW(405PS)/6400rpm、最大トルク475N・m(48.4kgf・m)/1600-5200rpmとなっている。

【参考】日産:スカイライン [ SKYLINE ] セダン | 価格・グレード | 400R

どうなる? 新型「フェアレディZ」の価格

日産の新型「フェアレディZ」の価格はいくらぐらいになるだろうか?

VR30DDTTエンジンを搭載する「スカイライン400R」は、メーカー希望小売価格が562万5400円だ。

また、現行「フェアレディZ」の「Z」グレード(6MT)のメーカー希望小売価格は397万9800円で、上位の「Z Version ST」グレード(7M-ATx)は530万8600円となる。

【参考】FAIRLADY Z|価格・グレード

以上を踏まえて、新型「フェアレディZ」の価格は400万〜600万円程度と予測する。

早くも新型「フェアレディZ」のカスタム画像が登場! 丸目風カスタムも楽しみ!!

「フェアレディZ プロトタイプ」が公開されてまもなく、新型「フェアレディZ」のカスタムを想像したCG画像などが、インターネット上を中心に登場している。

中には、新型「フェアレディZ」を丸目風にし、リアにダックテールを装着させたイメージ画像も掲載され、初代S30型との共通性をより際立たせている。

市販前から人気が盛り上がる一方の新型「フェアレディZ」には、カスタムパーツ業界も熱視線を注いでいるのだ。

※データは2021年4月初旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。