小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「魚以外のことにチャレンジできる場所です」さかなクンに聞くYouTube配信の魅力

2021.04.25

テレビを主戦場に活躍してきた人たちが今、次々とYouTubeに進出している。自ら企画を立ち上げたり、撮影や編集に関わることが多いというYouTubeとテレビの差は何か? 学び、そしてエンターテインメントという観点からその魅力を探った。

自分の新しい可能性にどんどん挑戦していきます!

さかなクン

さかなクン
東京海洋大学名誉博士。今年2月には外務省から「海とさかなの親善大使」に任命される。よく観るYouTubeチャンネルは『きまぐれクック』と『スイチャンネル』。

『さかなクンちゃんねる - FISH BOY - Sakana-kun』

魚に関連すること以外にも、おもしろそうなことには何でも挑戦する。人気動画は『【もはや水族館!?】さかなクンが飼う〝お魚〟って…』。

YouTubeは「魚」以外のことができる場所

 おかげさまで今では開設から半年以上になります! 初めて投稿したのは「マアジ(真鯵)ちゃんをクレヨンで描いてみる」という内容でギョざいます。わたくし自身がお魚も絵を描くのが大好きですし、それにわたくしは「さかなクン」ですので、お魚を見て描いてみるのは楽しいですよ~とギョ紹介したかったのです!

 しかしですね、いざ実際にマアジちゃんを手に持って描いていると新たな発見があるんです! これまでも何回も本物のマアジちゃんを見ながら描いてきたのでもう見落としはないと思っていたのに、背中側に線があることに気付きました。まだまだ知らないことがあったのです。わたくしのお魚の知識って、ギョく一部なんだなあと、まさに「目から鱗」でした。

 わたくしはお魚が大好きだからお魚でチャレンジしましたけど、この動画をギョ覧いただいた視聴者様には、お魚じゃなくてもサッカーボールでもクルマでも自分の大好きなものを見て、触れて、描いてみて、五(ギョ)感で楽しんでいただきたいです。皆さんの大好きなことで自分自身の楽しさをさらに! 広げていっていただきたい!

 お魚以外の動画にもチャレンジしました。運動不足を解消するために縄跳びをしたり、「魚の呼吸!」と言いながら竹刀の素振りをしたり、あつ森(あつまれどうぶつの森)のゲーム実況をしたりもしました。どれもYouTubeさまの貴重なギョ機会がなかったらチャレンジしなかったものばかりです。

 YouTubeさまには、自分がやってみたいことを企画にできるわくわくがいっぱい! テレビなどではお魚関係のお仕事が多いですが、YouTubeだと「お魚以外」でも自分がやってみたいことにチャレンジできるので、未知なる分野にどんどん触れることができてワクワクしています!

 いつかロッククライミングやバンジージャンプにも挑戦してみたいです(笑)。さかなクンの意外な姿を発信したい。お魚以外の世界でも「こういう世界があるんだ!」ってワクワクと可能性を広げていきたいです!

【ルーティーン・真鯵】 3時間で描く! お魚解説付き!

【ルーティーン・真鯵】 3時間で描く! お魚解説付き!

個展を開くなど画家としても活動するさかなクンがクレヨンでマアジを描く。複雑な魚の光沢を色を重ねて表現するなど、腕前を発揮。

【ギョギョうま】YouTubeでお魚をさばかせて頂きます!

【ギョギョうま】YouTubeでお魚をさばかせて頂きます!

魚のさばき方にまで精通している知識の深さには脱帽させられる。さかなクンの情報量が多く、料理動画なのにまるで解剖動画のよう。

【検証】さかなクン アートの才能に限界はあるのか?【芸術】

【検証】さかなクン アートの才能に限界はあるのか?【芸術】

初めての陶芸に苦戦しながらも持ち前の知識で魚の立体化に挑戦。大好きなことをいろんな形で表現しようとする姿勢を見習いたい。

◎さかなクンって「さん」を付けたほうがいいの? 続きはコチラ!

DIME5月号では「YouTube」を大特集!

なお、DIME5月号では、学べるYouTubeチャンネルを大特集! スキルアップや学び直しに使える実践的なYouTube チャンネルを一挙紹介しています。

セブンネットショッピングで購入 → https://7net.omni7.jp/detail/1225512761

※電子版には付録は同梱されません。

好評発売中!DIME最新号の大特集は「株投資の新常識」、特別付録は「スマホLIVEスタンド」

「DIME」6月号の特別付録は、動画の視聴、撮影、配信までいろいろ使える「スマホLIVEスタンド」。

6.5インチまでのスマートフォンをがっちりホールドできるスマホスタンドで、ホールド部分が360度の首振りに対応しており、しかも、高さが無段階で22cm〜32cmまで調節できるスグレモノ。

テレワークをしながら、ソファに座りながら、お風呂に入りながら、ヨガをしながら、キッチンで料理をしながら、といった形で、好きな角度、好きな高さで動画を視聴できるのがうれしい。特に、テレワーク時にオンライン会議用に使ったり、サブモニターとして使えるのもポイントだ。

もちろん、視聴するだけでなく、動画を撮影する時も好きな場所に、好きなアングルで固定設置できるのが便利。ゴルフスイングの練習用に、あるいは、料理のレシピ動画のふかん撮影用にも使えるほか、TikTokやInstagramなどに投稿する動画を撮影したり、そのままライブ配信したりする時にも便利。

また、食事を作る時にキッチンに置いてスマホをセットすれば、ちょうどいい高さでレシピ動画を見ながらが料理ができる。また、360度の首振りにも対応しているので、自身が作った料理のレシピ動画も簡単に撮影できる!

さらには、お気に入りの模型やフィギュアをこのスタンドに固定して撮影したり、あるいは、スマホを固定して簡易的なドライブレコーダーとして使うことも可能だ。

主要なオンライン書店は完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

取材・文/峯 亮佑

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。