小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝2人+ペット旅〟におすすめ!NV200をベースにしたダイレクトカーズの超快適キャンピングカー「リトリートNVPOP」

2021.03.27

■連載/大森弘恵のアウトドアへGO!

ハイエースにリアルウッドを貼り付け、まるで趣味の部屋のようにくつろげると評判のダイレクトカーズ「リトリート」シリーズに、新たにNV200をベース車両としたちょっと小さな「リトリートNVPOP」が仲間入りした。

ふたり旅に割り切った使い勝手のいいレイアウト

ハイエースよりも小回りの効くNV200がベースなので、狭い山道や込み入った市街地での運転が楽。名前から分かる通り、ポップアップルーフは標準装備となっている。

ポップアップルーフのベッドサイズは103×184cmで家庭のシングルベッドとほぼ同じ。大人がのびのび手足を伸ばして眠れる広さだ。また、メッシュパネルを装備しているので風通し良好。テントにこれだけ大きなメッシュがあると視線が気になるが、ポップアップルーフなら近くを通る人がいても寝転べば中が見えづらい。メッシュにして風を感じながらストレスなくゴロゴロ過ごせそう。

下のベッドは87×181cmで、3枚のベッドマットからなる。複雑な構造はなく、ただマットを載せているだけ。マットの下に荷物を入れておけるほか、自転車など大きな荷物を運ぶときはマットを外せば載せられる。

写真を見ればわかるが後部シートはなく「2名乗車/2名就寝」。正真正銘のふたり旅仕様となっている。いちいちベッドメイクをする必要がなく、この潔さが使いやすさにつながっている。

「月に何度か友人を乗せてキャンプに行く」といった理由がない限り、これくらい割り切った装備のほうが面倒がない。

バックドアを跳ね上げてのんびりくつろげる

標準装備のDC冷蔵庫は容量18L。ふたり旅なので飲み物といたみやすい食品のみをいれ、ほかの食材はソフトクーラーを使うのが現実的か。

ちなみに後部に配備しているのは、バックドアを跳ね上げて車外にテーブルとチェアを置き、のんびりくつろぐ際に冷蔵庫を使えるというダイレクトカーズらしいレイアウトのため。

後部に取り付けられたオプションのテレビも、アームが可動するので車外から見やすい。もちろんベッドでゴロゴロしながらの視聴もOK。

オプションとなるがソーラーパネル165W、外部電源も装備可能。長期のキャンプ旅を想定するほか、防災アイテムとしても使うならソーラーパネルがほしいところ。

また、車内でパソコンやスマホの充電をするなら別売のインバーター300Wもあると重宝する。

ペットとの旅もまた楽しい

リトリートNVPOPはペットとの旅をサポートしていることも特筆すべき点だ。

運転席の後ろにあるボックスには6か所にフックが取り付けられており、いろいろなサイズのケージを固定できる。運転席・助手席に近いのでペットの様子を確認しやすい位置でもある。

また、スライドドアの脇にもフックがあり、キャンプサイトでここにリードを引っ掛けておける。

オリジナルDCクーラーも標準装備

冷蔵庫の上に装備しているのはオリジナルDCクーラーで、これも標準装備。リトリートNVPOPは、C-TEK走行充電器、ダブルリチウムバッテリーも標準で搭載されているので冷蔵庫とクーラーを同時に仕様できるという。

夏のキャンプであれば高原地帯に足を伸ばせばよく、また、海辺のキャンプ場は風が心地良い。わざわざクーラーをつけて過ごすことはまれだ。

しかし、リトリートNVPOPはペットとの旅を考慮したクルマ。ひとりが買い物で店内へ、ひとりはペットと車内で留守番というような場合、エンジンを切っていてもクーラーが使えるのは心強い。また、災害時に一時避難場所としてキャンピングカーを利用する場合にも頼りになる。

反対に冬のキャンプ旅ならオプションのFFヒーターがほしいところ。

面倒なベッドメイクを省く半面、C-TEK走行充電器、ダブルリチウムバッテリーを搭載してクーラーと冷蔵庫を同時に利用できるようにしたリトリートNVPOPは、ふたり+ペットとの旅にゆとりをもたらすクルマだった。

【問】ダイレクトカーズ https://www.cars-drt.com

取材・文/大森弘恵

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。