小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってる?「マンネリ」の正しい意味と言葉の由来

2021.04.09

カップルとして2人で一緒に過ごす時間が長くなってくると、マンネリに陥って関係が気まずくなることがあります。気まずい現状を何とかしたいと考えているなら、意味や原因を知ってマンネリ解消方法を探してみましょう。

マンネリの意味や由来とは?

カップルや夫婦などの関係に対し、『マンネリ』という言葉が使われることがあります。よく聞く言葉ですが、具体的にどのような状態を意味するのかは知らない人もいるでしょう。言葉の意味や由来を紹介します。

ドキドキや新鮮味がなくなること

マンネリとは、『人間関係や行動において、いつも同じことしかしなくなり新鮮さが薄れること』です。

主に、惰性で一緒にいたり、新しい試みをしなくなったりする状態を指します。付き合い始めのドキドキした気持ちが薄れてきたときに、マンネリだと感じやすいでしょう。

芸術家がある一つの型にこだわって、独創的な作品を創らなくなることを意味する『マンネリズム』が語源とされます。服装や仕事など、人間関係以外に対しても使われる場合があります。

マンネリしているカップルの特徴

マンネリを解消するには、客観的な視点が必要です。マンネリしているカップルの特徴を知り、自分たちが当てはまっていないかチェックしましょう。

デートや連絡が減る

いつでも一緒にいたいと感じていたカップルも、付き合いが長くなると会いたいと思う気持ちが徐々に減ってきます。

デートの頻度が少なくなったり、デートよりも友人との約束や趣味を優先させたくなったりするでしょう。毎日LINEや電話などをしていたのに、時々しか連絡が来なくなった場合もマンネリ気味だといえます。

デートや連絡の回数が減るだけでなく、一緒にいても気持ちが盛り上がらなくなったと感じたときは要注意です。

一緒にいてお互いが心地よいと思える関係であれば問題ありませんが、物足りなさが強い場合はマンネリしているといえるかもしれません。

相手への興味が薄れる

片思いをしていた頃や恋愛感情が大きかった頃は、相手が何をしているのか、いつも気懸りでソワソワしていたでしょう。無関心とまではいかなくても、相手への興味が薄れてくるとマンネリしている場合が多いです。

マンネリしているカップルは、お互いの髪型や服装の変化に気づきづらくなったり、話を聞いていなかったりすることが多くなります。

デート中に一緒に何かをすることがなくなったり、同じ時間を過ごしているのに別々のことをしていたりすることも少なくありません。

マンネリしてしまう原因

マンネリの原因が分かれば対処も可能です。良い関係を取り戻すためにも、マンネリの原因を見ていきましょう。

気を許し過ぎている

一緒にいることが当たり前になると、お互いに気を遣わなくなることは珍しくありません。

気を許せるようになることは悪いことではありませんが、行儀が悪くなったり恥じらいを見せなくなったりすると、関係がマンネリ化する原因になります。

他人には見せられないような『気を抜いた姿』ばかりを見せていると、大抵の人は気持ちが冷めていくでしょう。いつでも完璧でいる必要はありませんが、マンネリを防ぐには、人として最低限のマナーや身だしなみに気を遣うことは必要です。

いつも一緒にいる

いつでも一緒に時間を過ごすことは仲が良い証拠ですが、マンネリの原因にもなります。

2人きりでいる時間が長ければ長いほど、お互いのことを知り尽くしてしまい、新鮮味がなくなるのです。同棲を始めて一緒に過ごす時間が長くなった途端に、マンネリを感じることはよくあります。

距離があり過ぎても気持ちが冷めてしまいますが、近過ぎても良くありません。いつも一緒にいる場合、別行動をする時間を作ると新鮮な気持ちを取り戻せるでしょう。

マンネリを解消する方法

マンネリを打破するには、さまざまな方法を試してみるのがおすすめです。関係を良いものにするために、試してみてほしい方法を紹介します。

2人で一緒に新しいことを始める

いつでも同じ過ごし方をしていると、マンネリを感じやすくなってしまいます。2人でできる『新しいこと』に挑戦すれば、新鮮な気持ちを取り戻せるでしょう。

例えば、いつも家の中でデートしている場合はアウトドアなデートがおすすめです。まだ行ったことがない場所ややったことがないことは、探せばたくさんあるはずです。

初めての経験を通じて見たことのない顔を見たり、これまで知らなかった新しい面に気づいたりすれば、相手の見方が変化し、マンネリを解消できる可能性があります。

気持ちを言葉できちんと伝える

一緒にいることが当たり前になると『感謝』や『愛情』の言葉を相手に伝えなくなってしまうことがあります。これは、『言わなくても分かってくれているはず』と考えていることが原因です。

何かをしてあげても、リアクションが薄いとつまらないと感じやすいものです。相手に何かをしてもらったら、当たり前と思わずに、率直に喜びや感謝の気持ちを伝えましょう。

どうしても言葉で言えない場合は、手紙を書く方法もおすすめです。メールやLINEなどで伝えるよりも手間がかかる分、相手に思いが伝わりやすく、印象にも残りやすいでしょう。

自分磨きを忘れない

恋人に関心を抱き続けてもらい、マンネリを防ぐには『自分磨き』が大事です。髪型を変えたり体作りをしたりと、できることは少なくありません。

外見を磨くだけでなく、内面を磨くこともおすすめです。新しいスキルを身に付けたり、未知の分野に挑戦したりと、努力を怠らない人は輝いて見えます。

関係がマンネリ化してしまっても『これまでと違う自分』を見せれば見直してもらえるきっかけとなるはずです。

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。