小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

40000人に聞いたメインで利用しているスマホの機種ランキング、iPhoneの1位はiPhone 8/iPhone 8 Plus、Androidの1位は?

2021.03.19

docomo、au、SoftBankか、それ以外か。iPhoneなのかAndroidなのか。iPhoneなら何の端末なのか……。他人が何のケータイを使っているのか、ふと気になることはないだろうか?

MMDLaboはこのほど、18歳~69歳の男女40,000人を対象に2021年2月8日~2月10日の期間で「2021年3月 通信サービスの利用動向調査」を実施した。調査結果は以下の通り。

スマートフォンの利用は86.9%、フィーチャーフォンは6.8%、ガラホは1.3%

18歳~69歳の男女40,000人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンについて聞いたところ、「iPhone」が41.0%、「Android」が45.8%となり、「その他」の0.1%を含めたスマートフォン利用者は合わせて86.9%となった。「フィーチャーフォン(ガラケー)」は6.8%、「ガラホ」は1.3%であることがわかった。

年代別にみると、iPhoneは、10代女性(n=588)が最も多く82.7%、次いで20代女性(n=3,042)が71.1%、10代男性(n=621)が68.9%、20代男性(n=3,242)が58.2%となった。Androidは、60代男性(n=3,946)が最も多く53.6%、次いで60代女性(n=4,131)が53.5%、40代男性(n=4,664)が52.2%、50代男性(n=4,060)が50.0%という結果となった。

メイン利用の通信4キャリア6サービスのシェアは89.6%、MVNOは10.4%

通信契約をしている携帯電話・スマートフォンを現在利用している37,731人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信サービスを聞いたところ、「docomo(35.0%)」「au(24.5%)」「SoftBank(15.7%)」「Rakuten UN-LIMIT(4.0%)」の4キャリアを合わせると79.2%となり、そこにキャリアサブブランドの「Y!mobile(7.2%)」「UQ mobile(3.2%)」を合わせると89.6%、「MVNO」は10.4%となった。

Y!mobileとUQ mobileにMVNOを含めた格安SIMのシェアは20.8%と調査を開始して初の減少

MVNOをメインで利用している3,927人を対象に、利用している通信サービスを聞いたところ、「楽天モバイル(MVNO)」が24.3%と最も多く、次に「mineo」が15.5%、「OCN モバイル ONE」が11.3%となった。

続いて、2014年10月からの利用率の推移をみると、MVNOは2020年11月と比べ1.9ポイント低下して10.4%となり、キャリアサブブランドを含む格安SIMは20.8%となった。

2台目のサブ端末所有は約1割、利用通信キャリアはdocomoが28.4%でトップ

18歳~69歳の男女40,000人を対象に、2台目となるサブ利用している携帯電話・スマートフォンについて聞いたところ、12.7%がサブ利用のモバイル端末があると回答した。

次に、通信契約をしている2台目となるサブ利用の携帯電話・スマートフォンを所持している4,124人を対象に、サブで利用している通信サービスを聞いたところ、「docomo(28.4%)」「au(19.5%)」「SoftBank(15.3%)」「Rakuten UN-LIMIT(14.1%)」の4キャリアを合わせると77.4%となり、そこにキャリアサブブランドの「Y!mobile(5.8%)」「UQ mobile(2.8%)」を合わせると86.0%、「MVNO」は14.0%となった。

iPhone、Android、それぞれで利用されている端末第1位は?

スマートフォンを利用している34,773人のうち、iPhoneユーザー16,409人と、Androidユーザー18,315人を対象に、現在メイン利用している端末の機種を聞いたところ、iPhoneユーザー(n=16,409)は「iPhone 8/iPhone 8 Plus」が17.7%、次いで「iPhone 7/iPhone 7 Plus」が13.1%、「iPhone SE(第2世代)」が11.3%となった。

Androidユーザー(n=18,315)はメーカーシリーズ別で聞くと、「AQUOSシリーズ」が27.1%、次いで「Xperiaシリーズ」が23.1%、「Galaxyシリーズ」が12.5%という結果となった。

※本調査レポートは小数点以下任意の桁を四捨五入して表記しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合がある。

<調査概要>
・調査期間:2021年2月8日~2月10日
・有効回答:40,000人
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:18歳~69歳の男女

出典元:MMDLabo株式会社

構成/こじへい

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。