小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ここ数年で急増!子どもが「低体温」になる4つの原因

2021.03.17

なぜ「低体温」の子供が増えているのか?

温活ドクター・石原新菜先生によると、約60年前では子供の体温は37℃前後が普通だったが、生活習慣や食生活の変化によって現在は約1℃平熱が下がっており、低体温(平熱が36℃以下)の子供の数も増えているという。

そこで靴下の岡本は「子供の低体温」を把握するため、2021年1月、小学校1年生~高校生の女の子をもつ母親1125人を対象に調査を実施した。

 今回の調査では「低体温」の子供の割合(Q1)は全体で27.7%、やや低めの36.1-36.5℃の子供は60.6%となり、37℃前後が当たり前だった頃に比べて平熱の低い子供が増えていることがわかった。また「子供が冷えていると感じるか?」(Q2)の問に対する回答は45.1%で、子供の冷えを感じている母親も多いことがわかる。

しかし「低体温の子供が多いことを知っているか?」(Q3)の問に対しては「知らない」の回答が61.7%、「低体温の症状について知っているか?」(Q4)問に対しては、「知らない」の回答が71.1%と言う結果になり、「子供の低体温」についての認知率は、まだまだ低いことが確認できた。

では、なぜ低体温の子供が増えているのか?アンケート結果と共に、影響、原因、対策について石原先生に話を聞いた。

【子供と低体温】 監修:温活ドクター・イシハラクリニック副院長 石原新菜先生

昔は“子供は風の子”と言われ、体温が37℃前後あるのが普通でしたが、現在子供の平熱は約1℃低くなっています。私には小学生の子供がいますが、保育園時代の検温で体温が36℃前半~35℃台のお子さんがたくさんいることを知りとても驚きました。

昔は冬でも半袖半ズボンの子を良く見かけましたが、それは体温が高かったから。その頃の考えのまま寒くても薄着で過ごしたり、おしゃれの意識で寒い日でも素足で過ごしたりする女の子もいるようですが、平熱の低い現代の子供はどんどん体が冷えて低体温につながってしまいます。クリニックの患者さんのお子さんの中でも体温が低めの子供が多く、周りを見ても覇気がなくておとなしい子供やアトピー、喘息など、アレルギー系の子供が多いと感じます。

低体温になると免疫力が低下してしまうため、いろいろなアレルギー反応が出たり、風邪を引きやすくなったりします。また最近は、「集中力がない」「イライラしやすい」子供が多くなっていると聞きます。これらには直接的ではないですが、低体温が大きく関係しているといわれています。低体温だと冷え性、虚弱体質であることが多く、それが体力不足につながって疲れやすくなり、疲れやすいと集中力が低下し、イライラしやすくなるのです。また、かつては大人特有だった、肩こり、生理痛、うつ病などの症状を訴える子供も増えています。低体温で体のめぐりが悪くなり、さまざまな不調として現れているのです。

低体温の原因としては、いろいろな原因が考えられますが、大きく次の4つのことがあげられます。

①運動不足

昔の子供は外で日が暮れるまで遊んでいましたが、現代の子供の主な遊びはゲームです。今は家にいながら通信で友達と遊べるゲームが人気なので、休日などほとんど動かない子供も多いと思います。体温の約40%は筋肉が作っているので、運動不足は低体温の大きな原因になります。今回の調査でも、体温の高い子供は運動頻度が高い傾向にあるということを知り、運動量と体温は密接に関係していることを改めて確認できました。

②睡眠不足

子供は8時間以上の睡眠を取るのが望ましいですが、最近はゲームや受験勉強などで、小学生のうちから十分な睡眠時間を取れない子が多いようです。睡眠不足になると、食欲や日中の活動量が低下し、低体温に繋がってしまいます。調査結果でも、睡眠時間が長い子供の方が体温が高い傾向であることがわかり、睡眠の重要性を再認識しました。

③肌の露出が多い薄着のファッション、シャワーで済ませ湯船につからない

薄着ファッションによる冷えは体に蓄積されて後でさまざまな不調となって現れる可能性があります。また、湯船につからない子供も多いと聞きます。調査の結果によると、寒さ対策として「温かい服装」「湯船につかる」という回答が半数くらいありましたが、もっと多くの方に意識していただきたいと思っています。

④体を冷やす食事

朝ごはんに、手軽なバナナとヨーグルト、牛乳、生野菜、白いパンなどを食べている子供が多いと思いますが、これらは体を冷やす食品です。他にも、白米、うどん、脂身の多い肉、バター、マヨネーズなども体を冷やす食品ですが、子供が好きなものが多いと思います。これらの習慣は、すべて体を冷やしてしまうため、積み重なって低体温になってしまうのです。

今回の調査では、以前から感じていた通り、体温が低めのお子さんが多いということ、またそれには運動不足や睡眠不足が関係しているという結果がしっかり出ていた。

毎日体温を上げることで免疫力があがり、平熱も徐々に高くなる。世の中のお母様方にこの事実をぜひ知ってもらい、体を温める生活習慣を心がけ、ご家族みんなで健康な生活を送っていただきたい。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。