小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

4000人に聞いた入浴中にやっていることTOP3、3位風呂場の掃除、2位考えごと、1位は?

2021.03.18

湯船につかるのが一番好きなのは北海道や東北ではなかった!

最近では都市部中心に「銭湯ブーム」「サウナブーム」が起こりつつあるが、人々の入浴に関する意識やお風呂時間の過ごし方はどうなっているのか。

今回はプラネットが実施した「お風呂時間に関する意識調査」の結果を見てみよう。

まず「あなたは習慣として入浴する際、湯船につかりますか、それともシャワーですか。季節ごとにお答えください」と質問したところ、「毎回湯船につかる」割合は冬が70.4%と最も高く、春が58.7%、秋が58.3%、最も低い夏が38.4%だった。(図表1)

寒い季節のほうが湯船につかる人が多いならば、寒い地域ほど湯船につかるのでは? 結論から言うと、そうではないようだ。たとえば北海道と東北で比べると、それぞれ、春は46.0%と67.9%、夏は24.1%と42.3%、秋は46.6%と66.3%、冬は55.2%と76.0%と、年間通じて20ポイント近い差がある。

北海道は断熱や暖房のおかげでかえってほかの地域より家のなかが暖かいという話も。そんな事情が反映されているのか。

東北はどの季節でも全国平均を上回っているが、東北以上に割合が高いのが四国。東北に2.6~4.9ポイントの差をつけており、「湯船大好き地方」と言えそうだ。

主婦/主夫以上に節約志向なのは?

夏を除けば、半数が湯船につかるという結果だったが、「あなたの家庭では、入浴後のお風呂のお湯を再利用していますか」という質問に、54.2%が「再利用しない」と回答した。再利用する人のなかで、最も多かったのが「洗濯に使う」の40.8%。(図表2)

職業別に見ると、唯一、「洗濯に使う」が半数を超えたのが「学生」で51.7%。学生だと一人暮らしも多いので、なおさらもったいないという意識が働くのかもしれない。ついで、「パート・アルバイト」が43.8%、「定年退職」が45.6%と「専業主婦/主夫」の43.1%を超えている。

 

入浴行動はコロナ前後で変化なし

そもそも、人は何を目的として入浴しているのか。「あなたが入浴する理由はなんですか」という質問(図表3)では、「体を清潔に保つため」が最多で75.5%。また、「疲労回復のため」が56.0%、「リラックスのため」が52.2%、「腰痛や肩こり、冷えなどの改善のため」が31.6%、「健康のため」が27.3%と、単に体をきれいにする以上に、より健康的に過ごすために入浴する、という意識が強いようだ。

ただ、「あなたはコロナウイルス感染症の流行前後で、入浴行動に以下のような変化はありましたか」という問い(図表4)には5.3%が「湯船につかる時間が長くなった」、5.2%が「石鹸やボディソープで体を洗う時間が長くなった」と回答しているものの、「特に変わらない」という人が81.7%と圧倒的多数だった。

入浴する理由として、6.29%の人が「コロナウイルス感染予防のため」と回答しているが、ほとんどの人が入浴行動に変化はないと答えていることから考えると、従来の入浴で、十分に清潔を保てていると考えているようだ。

ちなみに、「本当は入りたくないが、仕方なく」という人も4.7%。みんながみんな湯船やシャワーが好きかというと、そんなわけでもないようだ。

入浴中の過ごし方は両極端

「あなたは入浴中にどんなことをしていますか。入浴中にやることが多いものを上位から5つまでお答えください」という質問(図表5)に対しては、「何も考えずにぼーっとする」が38.2%、「考え事をする」が21.6%。

対極的な2つの回答が上位に来ているのは興味深い。入浴する理由として、「1人の時間を作るため」と回答した人が6.3%いたが、たしかに、ぼーっとするのも、考え事をするのも、基本的にひとりきりになる入浴時が一番向いているのだろう」。

次点が「風呂場の掃除」の11.0%。お風呂掃除はどうしても濡れてしまうので、入浴中にできることはやってしまうというのは、たしかに効率的だ。

10%前後の人が「歯みがき」「髭剃り」「ムダ毛の処理」と、体を清潔にするための作業をあげているが、それに続くのが「瞑想」の6%。さらに「スマホやパソコン・タブレットを見る」が5.3%。上位2つと同様に対極的な回答が並んでいる。人によって、あるいはそのときどきによって、リラックスしたり、集中したりを使い分けているのかもしれない。

若者はお風呂のなかでもスマホが手放せない?

入浴中の過ごし方がバラエティに富んでいることがわかったが、そのために何らかのグッズを用意しているのか。「お風呂時間を充実させるために、あなたがこだわっているグッズはありますか」という問い(図表6)に対して、63.7%は「特にない」という回答だったが、「入浴剤(バスボム、バスソルトを含む)」という人も19.2%。5人に1人はお湯を張るだけではなく、入浴剤などによって、リラックス効果を高めるなどの効用を期待しているようだ。

また「ボディソープ、石鹸」が16.9%、「ヘアケアグッズ(シャンプー、コンディショナーなど)」が10.1%と、なんとなくではなく「これがいい!」と選び抜いている。

総じて、女性のほうが「こだわっている」と回答した比率が高いので、女性のほうがより「お風呂時間を充実させたい」と考える傾向にあるようだが、「防水ラジオ・スピーカーなど音響機器」については、男性が2.8%と女性(1.3%)の2倍だった。

また、「スマホ・タブレット用グッズ(防水ケースなど)」については、全年齢では2.3%だが、年代別に見ると、20代が6.1%、30代が4.6%と、やはり若い世代ほど、お風呂場にスマホやタブレットを持ち込んでいることが伺える。

 

経営者・役員は湯上がりビール率高し

「銭湯で湯上がり」というと「ビン入りの牛乳」を連想する人も多いが、実際、入浴後に人はどんなものを飲んでいるのか。「あなたが入浴後に飲んでいるもの、飲みたくなるものはありますか。飲んでいるもの・飲みたくなるものを上位3つまでお答えください」と聞いた。(図表7)

最も多かったのは「水(フレーバー付きを含む)」の33.1%。のどが乾いたと感じていなくても、水分補給のためにと意識的に飲んでいる人も多そうです。それに続くのが、「冷たいお茶(緑茶、麦茶、紅茶、ウーロン茶、ハーブティなど)」の25.3%、そして「ビール」の15.0%。ビールを選んだ割合が特に高かったのが「会社役員・経営者」の27.2%。全体の2倍近い数字だった。「会社員」「自営業」「公務員」も全体より高くなっているが、逆に一番低かったのが「学生」。

では、学生が何を飲むのかというと「水」(34.1%)、「冷たいお茶(緑茶、麦茶、紅茶、ウーロン茶、ハーブティなど)」と「炭酸飲料」が同率で26.8%、さらに牛乳の19.5%が続く。牛乳を飲んだり、刺激が欲しくても炭酸飲料を選んだりと、学生は意外と控えめで、健康志向なようだ。

 お風呂時間の楽しみ方も多様化 失敗も多様化?

お風呂時間のこだわりや、お風呂での失敗談、お風呂について日々感じていることなどを自由回答形式で聞いた。湯船につかるのが好きという人が多い一方で、それゆえの失敗談も。

湯船で温まったことでうたた寝をしてしまい、持ち込んだ本やスマホを濡らしてしまったという意見が多く寄せられた。本なら1冊1000円程度だが、スマホだと数万円。少し前まではなかった、新たなお風呂のトラブルだろう。なかには「溺れかけてしまった」という人もいた。

調査機関:プラネットによる調査企画をもとに、ネオマーケティングにて「お風呂時間」に関する意識調査を実施。

期間:2021年1月19日~22日、インターネットで4,000人から回答を得ている。

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。