小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

手頃な価格で人気のスマホ「AQUOS sense」シリーズ3モデル、買うならどれ?

2021.03.15

比較的手に入れやすい価格帯と、防水やおサイフケータイ機能といった使い勝手の良い機能を惜しみなく搭載し、人気を博している「AQUOS sense」シリーズ。2019年発売の「AQUOS sense3」は累計300万台以上を出荷したほどの売れ行きとなっています。

そんなAQUOS senseシリーズとしては、2020年11月から順に「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」「AQUOS sense5G」を発売しています。

今回は、この3モデルの特徴やスペックを見比べていきたいと思います。

「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」「AQUOS sense5G」の発売日や価格は?

まずは、AQUOS senseシリーズ最新3モデルの発売日や価格、取り扱いキャリアなどを見ていきましょう。

幅広いキャリアから登場するAQUOS sneseシリーズ

AQUOS senseシリーズは国内メーカーの人気シリーズということもあり、幅広いキャリア・MVNOで取り扱いがあります。

AQUOS sense4は2020年11月12日にNTTドコモから(限定カラーは11月6日から)発売、SIMフリーモデルが11月27日より発売を開始しています。

ちなみに楽天モバイルでは「AQUOS sense4 lite」、Yモバイルでは「AQUOS sense4 basic」と少し仕様の違うモデルがそれぞれ2020年11月中に発売しています。大まかなスペックは一緒ですが、カメラ構成などに若干の違いがあります。

AQUOS sense4のドコモでの販売価格は機種変更の一括購入で3万7224円(税込)ですが、端末購入割引の適用で2万6224円(税込)となっています。

楽天モバイルのAQUOS sense4 liteは3万2800円(税込)、YモバイルのAQUOS sense4 basicは2万2968円(税込)ですが、7200円の割引が適用可能で、1万5768円(税込)で購入できます。

AQUOS sense4 plusは楽天モバイルから2020年11月25日に発売開始。続いて12月25日より順次SIMフリーモデルの販売を開始。楽天モバイルでの販売価格は4万3800円(税込)となっています。

AQUOS sense5Gはauとソフトバンクからは2021年2月10日に発売を開始、ドコモから2月12日に発売を開始しています。また、3月12日より順次SIMフリーモデルが発売を開始していきます。

ドコモでは機種変更での販売価格が3万9600円(税込)、auでは機種変更で3万9890円(税込)、ソフトバンクでは機種変更で4万3200円(税込)での販売となっています。

「AQUOS sense4」「AQUOS sense4 plus」「AQUOS sense5G」のスペックに違いはある?

ここからはAQUOS senseシリーズ最新の3モデルの、スペックの違いについて紹介していきます。今回はそれぞれのSIMフリーモデルを基準として見比べていきましょう。

AQUOS senseシリーズ最新3モデルにはサイズや性能に大きな違いが!

まずはそれぞれのサイズについて。AQUOS sense5GとAQUOS sense4は約5.8インチディスプレイ、AQUOS sense4 plusは約6.7インチディスプレイを搭載しています。コンパクトサイズが特徴的なAQUOS senseシリーズですが、1モデルでは大画面ディスプレイ搭載となりました。

AQUOS sense5G

AQUOS sense5Gは約148mm×約71mm×約8.9mmで、重量約178g。AQUOS sense4が約148mm×約71mm×約8.9mm、重量約177g。AQUOS sense4 plusは約166mm×約78mm×約8.8mmの重量約197gとなっています。

ちなみに、AQUOS sense3は約147mm×約70mm×約8.9mm、重量約167gとなっています。

初期搭載OSはAQUOS sense5GがAndroid 11、AQUOS sense4/sense4 plusがAndroid 10。CPUはAQUOS sense5GがSnapdragon 690 5G、AQUOS sense4/sense4 plusがSnapdragon 720Gとなっています。また、名前の通りAQUOS sense5Gのみが5G通信に対応しました。

メモリ・ストレージはAQUOS sense5G/sense4が4GB・64GB、AQUOS sense4 plusが8GB/128GBとなっています。ここまで見てきた通り、AQUOS sense4 plusがミドルハイクラス、他2モデルがミドルクラスのスマートフォンという仕上がりでしょう。

AQUOS sense5G

3モデル共通のスペックとしておサイフケータイ機能、IPX5/IPX8・IP6Xの防水・防塵性能、顔認証と指紋認証の両方に対応しています。

AQUOS senseシリーズのスペックまとめ

では、大まかにAQUOS senseシリーズのスペックをまとめた下図をご確認ください。なお、今回は最新3モデルに加えてAQUOS sense3のスペックも同時に見ていきます。

※データは2020年3月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。