人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍の外食チェーンの中でマクドナルドが独り勝ちした理由

2021.03.11

新型コロナウイルスの流行以来様々な変化が求められる中で、時短営業・外出自粛による顧客減少、テイクアウトの恒常化、デリバリー 企業の隆盛など最も変化を求められたのが外食産業だろう。

コロナ禍において外食チェーンの利用方法が変わってきている中、スパコロは外食・テイクアウト・デリバリーの利用方法ごとにそれぞれの現状について調査した。

コロナ禍で最も選ばれた大手チェーン店ランキング

2020年12月以降、コロナ禍における外食率は7割。6割がテイクアウト、3割がデリバリーを利用

東京都・大阪府在住の方を対象に2020年12月1日以降、大手外食チェーンの外食・テイクアウト・デリバリーそれぞれの利用率を調査した。外食をしたが約7割、テイクアウトをしたが約6割、デリバリーをしたが約3割という結果となった。

2020 年 12 月以降、最も利用されたチェーン店は「マクドナルド」。外食・テイクアウト・デリバリーの全てで 1 位に

大手外食チェーン各社の外食・テイクアウト・デリバリーのそれぞれの利用率を調査。全ての利用方法でマクドナルドが他社を引き離し1 位という結果に。

総合利用率トップ 3 は、トップのマクドナルドが 47.3%、次いでミスタードーナツが 22.9%、ケンタッキーフライドチキンが 22.6%。外食利用率では、トップのマクドナルドが 37.2%、次いでスターバックスコーヒーとミスタードーナツが 17.9%と続き、比較的にファストフード店の利用率が高い傾向が見受けられる。

テイクアウト利用率では、トップのマクドナルドが 30.7%、ケンタッキーフライドチキンが14.1%、ミスタードーナツが 13.2%と続き、時短営業の影響による外食からテイクアウトへの需要シフトにうまく対応できたチェーンが上位に入っていることが考えられる。デリバリー利用率では、トップのマクドナルドが 10.6%、ケンタッキーフライドチキンが 4.7%、ガストが4.3%で続いていた。

アプリがコロナ禍を生き抜くカギ?マクドナルド利用者の半数はアプリを利用

前述の現在総合利用率の上位 3 チェーンのアプリについて、外食・テイクアウト・デリバリーのいずれかを利用した人のうち、アプリを利用している人の割合は、利用率トップのマクドナルドが 47.8%、ミスタードーナツが 24.7%、ケンタッキーフライドチキンが 32.7%。マクドナルド利用者の約半分、ミスタードーナツ利用者の約 1/4、ケンタッキーフライドチキン利用者の約 1/3 がアプリを入れていることが分かる。

これらのことから、コロナ禍においてリアルでの顧客接点が変わる中、サービスの高い利用率となったひとつの要因は、アプリ活用による顧客コミュニケーションを維持してきたことにあると推察する。

テイクアウト利用者の半数以上が事前注文。お店独自のアプリによる予約は約2割

テイクアウトの利用方法に関して、「お店で直接注文して受け取る」が44.1%。これに対して、事前に注文する「お店独自のアプリを利用する」が18.9%、「デリバリーアプリを利用する」が17.5%、「お店に電話をする」が13.8%。

アプリや電話での事前注文の合計は5割を超え、お店で直接注文して受け取る人の割合を上回る結果となった。事前注文の方法はアプリ利用が主流となっている。

 

 デリバリー利用者の7割近くがアプリで注文。お店独自のアプリ利用率は約3割

テイクアウトの利用方法に関して、「デリバリーアプリを利用する」と回答した人は 38.6%、「お店独自のアプリを利用する」と回答した人は28.4%、「お店に電話をする」と回答した人は21.9%という結果に。

デリバリーアプリとお店独自のアプリ利用の合計は67.0%となり、2/3のデリバリー注文がアプリで行われており、アプリでのデリバリー注文がスタンダートとなってきていることが分かる。

外食産業がこのコロナ禍を生き抜くエッセンスとして『アプリ』があることが、この調査を通して垣間見える結果となった。コロナ禍で選ばれた企業の多くがアプリ利用率の上位企業であったこと、アプリ利用 者の多くが購買者であったことから見えるように、コロナウイルスの流行により顧客接点の場に変化が起きるなかで、外食チェーン各社において もアプリによるデジタルコミュニケーションの重要性は増して行くことが予想できる。

外食産業がいま求められていることは、リアルでの顧客接点が失われる中でも、アプリというツール通して顧客理解に努めること、そこからあら ゆる手段での顧客接点を模索し続けることなのかもしれない。

スパコロ 『コロナ禍における外食チェーン利用率に関する調査』

調査方法 :東京都・大阪府在住者を対象としたインターネットリサーチ
調査期間 :2021 年 2 月 19 日(金)~2 月 22 日(月)
調査対象チェーン:マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ミスタードーナツ、吉野家、すき家、モスバーガー、スターバックスコーヒー、松 屋、スシロー、くら寿司、ガスト、丸亀製麺、ドトールコーヒー、天丼てんや、タリーズコーヒー、ロッテリア、なか卯、サイゼリヤ、バーガーキング、 カレーハウス CoCo 壱番屋、はま寿司、サンマルクカフェ、かっぱ寿司、サブウェイ、フレッシュネスバーガー、コメダ珈琲店、びっくりドンキー、 はなまるうどん、ロイヤルホスト、上島珈琲店、カフェ・ベローチェ、ジョイフル

有効回答数 :1,855名

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。