人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コスパ重視でAndroidタブレットを選ぶならHUAWEIがベストな選択か?

2021.03.11

スマートフォンよりも大画面で、動画視聴やゲームを大迫力で楽しめるタブレット。スマートフォンやPCとデータを連携させ、ビジネスツールの1つとして使用している人もいるでしょう。

そんなタブレットとして有名なのはアップルの「iPad」シリーズ。しかし、特にWindows PCやAndroidスマートフォンを使用している人はほかの製品も探しているのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめしたいのが、HUAWEI製のタブレット。モデルごとにそれぞれの特徴を見ていきましょう。

HUAWEI製タブレットにはどんな種類がある?

まずは、HUAWEIのタブレット製品にはどのようなバリエーションがあるのか紹介していきましょう。

HUAWEI製品らしく高いコスパを感じられるハイエンドモデルから、Googleアプリに対応したモデルまで幅広くそろっています。

サイズ・性能によって豊富な種類!

HUAWEIのタブレット製品は、ディスプレイサイズや性能によって様々なモデルが幅広い価格帯にラインアップされています。

例えば「HUAWEI MatePad T 8」は約8.0インチディスプレイを搭載し、約12時間の連続動画再生も可能な大容量バッテリーを搭載して1万5290円(税込)。

【参照】HUAWEI MatePad T 8

HUAWEI MatePad T 8

約10.8インチディスプレイを搭載した「HUAWEI MatePad Pro」はメモリ6GB/ストレージ128GBの大容量を搭載したハイエンド仕様で、6万5780円(税込)となっています。

HUAWEI MatePad Pro

【参照】HUAWEI MatePad Pro

機種によっては、SIMカードを挿入してのデータ通信に対応したモデルもあり、自分の使い方に合わせたモデル選びができるようになっています。

Googleアプリが利用できるタブレットはあるの?

2020年に発売された3モデルでは、Google モバイル サービス(GMS)の利用は“基本的に”できなくなっています。

基本的にと表現したのは、ブラウザ経由であればGmailやGoogleマップなどのサービスにアクセスできるため。タブレットの使用はパソコンに近いものがあるので、スマートフォンほどGMSが重要かというと、さほど不便ではないというのが筆者の見解です。

最新モデルではありませんが、2019年に発売されているタブレットシリーズにはGMSの搭載があり、現在も継続して利用できます。タブレットにはGMSが欲しい、という人は2019年モデルの購入が無難でしょう。

HUAWEI製タブレットをモデルごとに紹介

では、具体的にHUAWEIのタブレット製品を紹介していきましょう。今回は、2020年に発売を開始した3モデルに加え、GMSが利用できる2019年モデルの1つも紹介します。

HUAWEIタブレットのハイエンドモデル【HUAWEI MatePad Pro】

2020年発売の3モデルのうち、最もスペックの高いハイエンドモデルが「HUAWEI MatePad Pro」。公式HPで6万5780円(税込)、AmazonといったECサイトからも購入できる、GMS非搭載モデルです。

約10.8インチと比較的大きめのディスプレイは、画面の縁を約4.9mmと細く設計することで画面占有率約90%を実現。10インチ越えの画面いっぱいに写真や動画を映し出せるので、スマートフォンとは一線を画す大迫力な表現ができます。

性能も高く、「HUAWEI P40 Pro 5G」と同じ「HUAWEI Kirin 990」というチップセットを搭載。メモリ/ストレージは6GB/128GBの大容量で、約7250mAhのバッテリーも魅力。

別売りのHUAWEI M-PencilやHUAWEIスマートワイヤレスキーボードの利用でスケッチやタイピングも快適に行えます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】HUAWEI MatePad Pro 

2KフルビューディスプレイとLTE通信が魅力【HUAWEI MatePad】

「HUAWEI MatePad」は先に紹介した「HUAWEI MatePad Pro」のスタンダードモデルのような位置づけの製品で、約半額の3万2780円(税込)(LTEモデルは3万9800円)で購入可能なタブレット。

ディスプレイサイズは約10.4インチで、2K画質に対応しています。本製品も画面の縁がかなり細く設計されており、独立したスピーカーを4つも内蔵していることからも、動画視聴の没入感に期待ができる製品です。

また、画面のコントラストや輝度を自動で調整してくれる「eBook機能」も搭載されているので、電子書籍を長時間楽しんでも目が疲れにくいという特徴があります。様々なコンテンツを大画面で気軽に楽しみたいという人におすすめのタブレットです。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】HUAWEI MatePad 

軽量・コンパクトタブレットが約1万5000円!?【HUAWEI MatePad T 8】

1万5290円と比較的安価に購入可能な「HUAWEI MatePad T 8」は、名前の通り約8.0インチのディスプレイを搭載。質量約310gとコンパクトで軽量なため、携帯性が魅力的なモデルです。

価格を抑えた分、メモリ2GB/ストレージ16GBと控えめではありますが、メールやスケジュールの確認、ちょっとした動画や電子書籍の閲覧といった使い方であれば問題ないでしょう。

外出先で漫画を読んだりメールを確認するのに、スマートフォンの画面だと小さくて見づらい、物足りないという人におすすめの製品です。

【参照】HUAWEI MatePad T 8

GMS搭載でLTEモデルも選べる!【HUAWEI MediaPad M5 lite 8】

最後に紹介するのは、2019年モデルの「HUAWEI MediaPad M5 lite 8」。HUAWEI端末にGMSが非搭載となる前の製品なので、YouTubeやGoogleカレンダーといった、Google関連のアプリのインストールもできます。

前世代のモデルではあるので、チップセットの性能などは先に紹介したモデルに及びませんが、8インチのディスプレイに約310gと軽量なメタルボディを採用。10.6時間のビデオ再生と62時間の音楽再生が可能な約5100mAhのバッテリーを搭載しています。

LTEモデルも選択可能で、メモリ3GB/ストレージ32GBモデルが2万6180円、メモリ4GB/ストレージ64GBモデルが2万9480円となっています。Wi-Fiモデルの場合は3GB/32GBで2万1780円、4GB/64GBで2万6180円です。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

【参照】HUAWEI MediaPad M5 lite 8 

※データ/価格は2020年1月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。