人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

食材の買い置き用に最適!横幅50cmのスリムなボディで収納力が高いハイアールの102ℓ前開き式冷凍庫

2021.03.01

収納力や使いやすさにもこだわった「102L前開き式冷凍庫」

昨今、家事全般の時間短縮のニーズや冷凍食品市場の拡大などを受け、家庭の冷凍スペースに求められる容量が拡大傾向にあり、冷凍庫を追加購入して「セカンド冷凍庫」として利用する家庭も増加している。

さらに最近では、コロナ禍における外出自粛やリモートワーク増加の影響で、食材の買い置きや料理をする機会が増加していることから、冷凍スペースの大容量化を求める声が一層多く見受けられる。

ハイアールジャパンセールスが3月1日に発売する「102L前開き式冷凍庫」は、そうしたニーズにお応えする商品だ。大容量ながらスリムで置き場所を選ばず、手に取りやすい価格帯を実現。引き出し式のクリアバスケットや前面のタッチ式操作パネルなど、シンプルながら必要な機能をしっかりと備えた一台は、初めて冷凍庫の購入を検討している人にもおすすめ。

ポイント①:置き場所を選ばない横幅50cmのスリムボディ

※イメージ

冷凍庫を購入・使用する際は、設置場所に悩んでしまうご家庭も多く見受けられますが、本商品は横幅50cmなので置き場所を選ばず、キッチンの限られた空間にもすっきり設置することができる。前開き式は中身も見やすくドアの開閉も容易なため、直感的に食材の出し入れをすることができ、大きな食材や冷凍食品のまとめ買い、作り置きの保存にも適しています。置き場所に困らない使いやすい一台で、それぞれのライフスタイルに合わせた、かしこいホームフリージングを楽しめる。

ポイント②:見やすく使いやすい4段棚+クリアバスケット

中身が見やすく整理整頓もしやすい庫内

スリムなのに買い物カゴ約3個分とたっぷりの収納力を誇る庫内は、4段棚で食材の大きさや種類、用途別にきれいに分け入れが可能。1回ドアを開ければどこに何が入っているのか、ストック内容がひと目でわかる。また、深さの異なるクリアバスケットを採用することで、様々なサイズ・形状の食材を収納、整理しやすい設計を実現した。さらに、前面タッチ式操作パネルにより、ドアを閉めたまま庫内の温度設定(-16℃~-24℃で1℃単位)や急冷凍の操作も簡単に行うことができる。

省エネ性能に優れた本商品は、年間消費電力量※2 193kWh/年で、電気代は年間約5,210円※3に。手に取りやすい価格帯での展開はもちろん、維持費用にもこだわることで、ハイアールは今後も増加するであろう冷凍スペースへのニーズに、新たな選択肢を提供する。

102L前開き式冷凍庫(JF-NU102C)の概要は以下の通りだ。

主な特徴

「前面タッチ式操作パネル」だから ドアを閉めたまま温度設定・急冷凍設定が可能

① すっきり置けて中身が見やすい前開きタイプ

② 横幅50cmの「スリムボディ」

③ 整理整頓しやすい引き出し式「クリアバスケット」

④ 食材の大きさや用途に合わせて分けられる4段棚

⑤ 「急冷凍モード」で食品を素早く冷凍

⑥ 操作しやすい「前面タッチ式操作パネル」

⑦ 高い省エネ性能で、電気代は年間約5,210円※3に

仕様

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。