人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

本の愛好家におすすめ!雑誌、辞書、文庫を簡単に修復できる便利キット「本のおどうぐばこ」

2021.03.03

「本のおどうぐばこ」という便利なアイテムを見つけました。愛らしい見た目ながら、4種の補修テープと、シールから空気を抜く「スキージー」という専門道具がセットになっており、中身は本格的。長年、「破れたところをなんとかしたい」と思っていた本や雑誌がすべて、思い通りに補修できました。

ステキな箱に本気のアイテムが凝縮

ノートや文具などを詰め込んだ小学校のお道具箱、懐かしいですよね。大人になったら、こちら「本のおどうぐばこ」をどうぞ。本の破れや壊れを修理できるアイテムが詰め込まれています。詳しい手順を書いた説明書つきなので、簡単にできますよ。

テープの材質、幅、質感はさまざま。補修する紙や用途に合ったものを使いましょう。

「本はセロハンテープで直したらダメ!」と、なんとなく聞き知っている人もいるでしょう。セロハンテープや梱包に使う透明テープで補修すると、経年劣化で大変なことになります。ちなみに、筆者も「ダメ」と知りながらもやらかしています。

文庫サイズの地図帳と地名辞典が、悲惨な状態です。透明だったはずのテープは日焼けして茶色に変色し、ボロボロです。とりあえず使えればいいやとガムテープを貼った辞書は、見た目も使い心地もなかなかひどいものです。

本のどの部分をどう直す?まずは観察

「本のおどうぐばこ」にセットされたテープは、本の修理のためだけに開発されたものです。どんな修理ができるかといえば、

■表紙、背表紙、表紙カバーの破れ
■本文のページの破れ
■取れてしまった本文ページ
■裂けてしまったノド(ページの綴じ目あたりのこと)

などです。セロハンテープなどよりもはるかに長い年月、劣化しないという利点があります。

本には、ぐるりと巻かれた1枚の紙「カバー」なのか、本の「本文ページ」なのか、本体の正面である「表紙」なのか、またそれぞれの紙質やコーティング加工などに応じて、補修に使うテープを適切に使い分ける必要があります。本の構造を理解し、よく観察することが重要です。とはいえ、あまり難しく考えず、楽しみながらやってください。

カバーの破れを補修してみた

本を守る役目をしているのがカバー。よく読む本ほど、傷や破れがつきやすいものです。

背表紙の上部は羽根型のウイングテープで、カバーは一度取り外して補修クリアテープで補修しました。本のカバーにはツヤツヤ加工(PP加工)をすることが多いのですが、この本は無加工。本文ページを補修するための補修クリアテープがしっくりなじみました。

いい感じに補修完了。気持ちよく読めそうです。

崩壊しかけの本の「ノド」もしっかり直った

地名辞典は、ガムテープや透明テープなど、適当な補修をしながら使い込んでボロボロ。がけ崩れのようになっていました。これをページの綴じ目にあたる「ノド」補修の要領で直します。本文を綴じた背の部分が露出していますが、ここをボンドでくっつけてから、和紙の質感のページヘルパーを使って左右のページをくっつけます。

こんな感じに直りました。本文の紙が日焼けやシワなどで劣化していて、これはさすがにテープで補修できませんが、ストレスなく読めるようになりました。

自炊(電子化)用に切り取ったページをつけなおす

全部で158ページある雑誌の一部分だけiPadに入れたかったので、手でページを取り外して、ブックスキャナーで読み取ってから挟んでいるだけと、とっても雑なことをしていました。

ページヘルパーで直してみました。障子紙のような質感ですが、素材はレーヨン。さすがに黒地ではやや目立ちますが、白いページだと違和感なくなじみます。この要領ですべてのページをくっつければ補修完了です。

このページヘルパー、ややクリーム色がかった文庫の本文ページの破れ補修に向くようです。

写真上の破れが、写真下のように補修できました。テープがすっと紙になじむ感触が気持ちよくてクセになりそうです。

ネット通販などで買えるよ!

商品について詳しく知りたい方はキハラ公式サイト、購入はキハラ運営のオンラインショップBookBuddyをご覧ください。

【仕様】
・箱 サイズ:外寸 約W175×D240×H63mm、内寸 約W158×D217×H55mm 素材:紙
・使用方法説明書
・ウイングテープ(背表紙のめくれ・補強用)…10枚 210×75mm 素材:PP
・補修クリアテープ(ノドの破れ、落丁の修理・補強用)…10枚 32×310mm 素材:ポリエステル
・BコートT (背表紙の剥がれ・補強用)…10枚 サイズ:70×310mm 素材:PP
・ページヘルパーP (ページの破れ、落丁の修理用)…1巻 サイズ:25mm×25m 素材:和紙風レーヨン紙
・スキージー(テープ留めなど用)…1本 サイズ:50×150mm 素材:アクリル

取材・文/木村悦子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。