小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

AカップからGカップまで女性700人に聞いたバストの悩み

2021.02.20

女性のバストは一人ひとり、かたちも大きさも異なるため、サイズによって悩みやバストへの願望もさまざまだ。

実際、ワコールが20~40代女性700人にAカップ(AAカップ等も含む)、Bカップ、Cカップ、Dカップ、Eカップ、Fカップ、Gカップ以上のカップ別に調査した結果、それぞれのサイズによってバストやブラジャーに対する悩みが異なることが判明している。

またおうち時間の長期化により、約3割の女性が「バストへの美意識が上がった」と回答する一方で、約75%の女性が「将来の体型変化に不安がある」ことがわかった。それでは調査結果を見てみよう。

カップサイズ別のお悩みと特徴

 A(AAカップ等も含む)・Bカップの女性

バストのお悩みについて「サイズが小さい(59.5%)」と回答した女性が約6割という結果に。次いで「悩みはない(20.0%)」「離れている(19.5%)」と続いた。

ブラジャーへのお悩みは、約4割の女性が「カップが浮いてパカパカする(39.5%)」と回答し、次いで「谷間ができない(23.5%)」「ワイヤーがあたる(18.0%)」という悩みが多い結果となった。

 

 C・Dカップの女性

バストへのお悩みは「位置が下がった(37.0%)」「バストが離れている(24.5%)」「かたちが気になる(18.0%)」と続いたが、約3割の女性がバストに「悩みがない(28.5%)」と回答し、なりたいカップサイズを自分のカップサイズと答えた女性は4割を占め、現在のカップサイズに満足している様子がうかがえる。

ブラジャーへのお悩みは、「カップが浮いてパカパカする(30.5%)」が最も多かったが、約2割の女性が「悩みがない(21.5%)」と回答した。

 E・Fカップの女性

バストへのお悩みは「バストの位置が下がった(44.0%)」と感じる女性が4割以上を占め、他のカップと比較しても最も高い結果に。その他のお悩みについても、「サイズが大きい(40.5%)」「離れている、広がっている(23.0%)」とバストへの悩みを抱える女性が特に多いことがわかった。

また、ワイヤーブラの所持率を調べたところ、E・Fカップの女性は1人あたり平均5.3枚と他のカップに比べて最も多く、購入場所についても「女性下着専門店(46.5%)」と回答した割合が高い結果となった。

 

Gカップ以上の女性

バストへのお悩みは「サイズが大きい(62.0%)」と回答した女性が6割以上を占め、ブラジャーの着用についても「自分に合うサイズがない(30.0%)」「ワイヤーがあたる(30.0%)」「バスト脇がはみ出る(28.0%)」などの悩みを抱えている割合が高い。

また「ノンワイヤーブラ(49.0%)を持っていない」や「カップ付きインナー(56.0%)を持っていない」と回答した女性がどちらも2人に1人と他のカップに比べて高い結果となり、Gカップ以上の女性はバストをサポートするワイヤーブラを選ぶ傾向に。

おうち時間の長期化による意識の変化

 下着着用の変化

家にいる時に着けている下着は、ワイヤーブラが多い結果に。

また、着用時間の変化については、約3人に1人が「ワイヤーブラを付ける時間が減った(29.1%)」と答え、1日平均9.2時間も減っていることがわかった。

バストの変化の実態

おうち時間の長期化によりバストへの変化を感じている女性は約3人に1人という結果に。バストへの変化を「感じる(33.7%)」と回答したうち約半数の女性が「垂れた(16.1%)」と回答。

バストへの美意識の変化

おうち時間が増えた中で、ご自身のバストへの美意識については、約3割の女性が「上がった(28.4%)」、約7割が「下がった(71.6%)」と感じている。

美意識が上がったと回答した女性がとっている方法として、「ストレッチ・トレーニング(31.7%)」や「寝るとき用ブラをつける(31.2%)」が上位となった。

また将来の体型変化について、「不安がある(74.7%)」と回答した女性が7割以上と多い結果に。

最近のブラ事情

買い替えタイミングについて

ブラジャーの買い替えタイミングは「古くなってきたら(82.4%)」と答える女性が多い結果に。

バスト計測について

バスト計測については、「最後にバストを測ったのは2年以上前(43.1%)」「過去に一度も測ったことがない(21.0%)」と6割以上の女性がバストを頻繁に測っていないことがわかった。

また、バストを測らない理由は、2人に1人が「面倒くさい(51.9%)」、次に約4割の女性が「店員さんに測ってもらうのが恥ずかしい(39.0%)」と回答。

より快適に過ごすには、まずは自分のバストサイズを知ることから。おうちでもセルフでバストサイズを計測することができるので、からだにぴったり合ったブラ選びが可能だ。

体型の変化でバストサイズも変わっている可能性もあるため、新たにブラジャーを買い替えるタイミングなど、定期的にバストサイズを測ることがオススメしたい。

調査概要
調査方法:インターネット
調査期間:2021年1月3日~1月5日
調査対象:20〜40代女性700人
(AAカップ等を含むAカップ/Bカップ/Cカップ/Dカップ/Eカップ/Fカップ/Gカップ以上の各100人ずつ)

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。