人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日々の行動履歴を自動保存!Googleマップの便利なタイムライン活用法

2021.02.15

Googleマップには「タイムライン」という機能があります。このタイムライン機能を有効にしていて、スマホのGPSを常にONにしていれば、あなたの行動を自動で記録し続けることができます。

かなり高い精度であなたの行動を自動で記録できるため、後から見返せば「そういえばこんなところ行ったな」と日記のような感覚で見返すこともできるかもしれません。

今回はそんなタイムライン機能の使った“行動日記”の付け方をご紹介します。

※利用した端末
iPhone SE 第2世代(iOS 14.3)
Galaxy S20(Android 11)

Googleマップの「タイムライン」の使うための準備

タイムライン機能を使うための準備を進めていきましょう。最初にGoogleマップアプリを起動し、Googleアカウントにログインしていない場合は「ログイン」をタップ。Googleアカウントにログインしましょう。

Googleマップのタイムライン機能は、スマホの位置情報サービスを常にオンにしておく必要があります。また、「ロケーション履歴」をオンにする必要があります。ロケーション履歴をオンにしたスマホを持ち歩くと、あなたの行動がタイムラインに記録されていきます。

【参照】Google マップのタイムライン

ロケーション履歴をオンにする方法

Googleマップのロケーション履歴をオンにする方法は、以下のとおりです。
なお、説明に際し利用した端末はiPhoneですが、Androidスマホでもほぼ同じ操作手順でロケーション履歴をオンにできるので、ぜひ参考にしてください。

1:Googleマップアプリを開きます。
2:画面右上のアカウントプロフィール画像をタップします。
3:「Googleアカウントにアクセス」をタップします。
4:「データとカスタマイズ」を開き、「ロケーション履歴」をタップします。

5:「ロケーション履歴」をオンにします。
6:「有効にする」をタップして完了です。

スマホの位置情報サービスをオンにする方法

ロケーション履歴をオンにした後は、位置情報サービスを確認しておきましょう。

iPhoneで位置情報サービスをオンにする方法

1:「設定」アプリを開きます。
2:「プライバシー」をタップします。
3:「位置情報サービス」をタップします。
4:「位置情報サービス」をオンにしてください。

5:位置情報サービスをオンにしたら画面を下にスクロール。「Google Maps」をタップしてください。
6:「常に」にチェックマークを入れて完了です。

Androidで位置情報サービスをオンにする方法

Androidで位置情報サービスをオンにする方法はとても簡単です。画面の上端から下にスワイプすると、「クイック設定パネル」が表示されます。この内「位置情報」をタップし、位置情報サービスをオンにしてください。

続いては「権限」を確認します。

1:「設定」アプリを開きます。
2:「アプリ」を選択します。
3:「マップ」を選択してください。
4:「権限」をタップします。
5:「許可しない」に「位置情報」が入っている場合は「位置情報」をタップします。
6:「常に許可」にチェックを入れて操作完了です。

記録済みのGoogleマップのタイムラインを確認する方法

無事、タイムライン機能を使うための準備はできたでしょうか? ロケーション履歴をオンにして、位置情報サービスを有効にしたスマホを持ち歩くと、自動でタイムラインが記録されていくはずです。

ある程度タイムラインが記録されたら、日付を指定して、後から見返してみましょう。「ここ行ったなー」と思い出すことができるはずです。

iPhoneでタイムラインを確認する方法

iPhoneでタイムラインを見たい時は、以下の手順で操作してください。

1:Googleマップアプリを開きます。
2:画面の右上にあるGoogleアカウントのプロフィール画像をタップしてください。
3:「タイムライン」をタップします。

以上の操作でタイムラインを確認できます。さらに日付を指定して、過去のタイムラインを見たい時は、画面上部にあるカレンダーのマークをタップ。記録されているカレンダーの日付を選択してください。

Androidでタイムラインを確認する方法

Androidスマホで自動記録されたタイムラインをチェックしてみましょう。

1:Googleマップを開きます。
2:画面の右上に表示されているプロフィール画像をタップします。
3:「タイムライン」を選択します。

以上の操作でタイムラインを確認できます。また、過去のタイムラインをチェックしたい時は、画面上部の「今日」をタップ。タイムラインが記録されている日付をタップして、過去の行動を確認してみましょう。

PCでもタイムラインは確認できる!

PCでもタイムラインは確認できます。スマホのGoogleマップアプリにログインしているGoogleアカウントと同じアカウントでログインし、「Googleマップタイムライン」にアクセス。スマホを持ち歩いて記録されたタイムラインがチェックできます。

Googleマップのタイムラインが記録されない!? 原因は?

タイムラインが記録されない時は、まず「ロケーション履歴」がオンになっているか確認してみてください。次に「設定アプリ」>「Googleマップ」を選択。位置情報サービスの利用(権限)が許可されているか、「常に」にチェックが入っているか確認してください。

もし、問題がないようであればアプリまたはソフトウェアのアップデートを行ってみましょう。

記録されたGoogleマップのタイムラインがおかしい…対処法は?

タイムライン機能を使えば、かなり高い精度であなたの行動を自動記録できますが、まれに記録されたタイムラインがおかしい時があります。そんな時は以下の手順で記録されたタイムラインを「編集」しましょう。

1:編集したいタイムラインを表示します。
2:画面の下部に表示されている行動の情報(画像参照)をタップします。
3:「編集」をタップし、正しい情報へ修正してください。

※データは2021年1月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年2月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライト」!特集は「無印良品/ニトリ/イケア ベストバイ」&「テレワークに使えるベストPC選手権」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。