人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

受信時最大4.2Gbpsのドコモの5G、カバーエリアはどこまで広がった?

2021.02.13

2020年に開始した次世代通信「5G」は、「高速・大容量」でモバイルデータ通信ができる。

ドコモも「瞬速5G」と呼び、通信キャリアの技術革新バトルの勝者を目指す。

受信時最大4.2Gbpsを可能にするドコモの5Gの通信技術、エリア展開とはどうなっているのだろうか?

ドコモの「瞬速5G」の実力はいかほど?

「瞬速5G」は、3.7GHzと4.5GHz、28GHzという周波数帯域を利用し、「高速・大容量」通信サービスを実現するもの。

また、2020年9月から提供開始した、ミリ波(28GHz)を利用する5Gでは、受信時最大4.1Gbps、送信時最大480Mbpsの通信が可能。

さらに、2020年12月7日から2つの5G周波数帯、それぞれ100MHzの帯域幅を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)技術を、クアルコムとともに実施。

「Sub6」と呼ばれる3.7GHzと4.5GHzの2つの周波数を束ねた「Sub6-CA」を世界で初めて提供した。その速度は何と、受信時最速4.2Gbps!

2020年1月末現在では対応端末が限定的だが、順次増加が予測される期待の新技術だ。データのダウンロード速度に優れるのはもちろん、アップロードの高速化にも寄与することは間違いない。

【参考】ドコモの「瞬速5G」をご紹介|NTTドコモ

もちろん、受信・送信速度はともに最大値(理論値)。実行速度はユーザー数の増加などにより低減する。

ドコモでは、5Gが4Gと同程度に浸透した場合、最大通信速度に対し4Gと同程度、実効速度が低下すると想定している。

その推定低減率は、受信時で10%~19%/送信時で20%~40%とする。

「Sub6-CA」による受信最大4.1Gbps、送信最大480Mbpsという理論値は、推定通信速度で受信時:410Mbps~779Mbps/送信時:96Mbps~192Mbpsの実行速度に低減すると、ドコモは予測している。

例えば、4K動画(HDR)でフレームレートが30P程度のデータの場合、圧縮技術にもよるが44〜56Mbps程度とされる。

また、60Pの高フレームレートでも66〜85Mbps程度に収まるので、受信・送信ともに「瞬速5G」は4Kストリーミングがモバイルで実用可能といえるだろう。

【参考】YouTube|ビットレート

ドコモの5Gってエリア展開の計画はどうなってるの?

ドコモは現在、基地局開設に邁進中。2023年3月末までに基地局数を3万2千局、新周波数による5Gの人口カバー率を約70%まで向上させる計画となっている。

ドコモの5Gのエリアマップを教えて!

ドコモは2021年1月末現在、5Gのサービスエリアマップを提供している。例として、東京23区を中心にした首都のマップを確認してみよう。

2021年1月24日時点では、5G利用可能スポットは〝点在〟という形だが、

2021年4月末予定ではある程度、面でのカバーが可能になってくる。

さらに、2021年7月末予定では密度も濃くなってくる。

もちろん、首都圏以外でも5Gのサービスエリアは拡大中。以下のマップは大阪を中心にしたもので、2021年7月末予定。新幹線の沿線などでの充実ぶりがみえる。

札幌市でも、2021年7月末予定では札幌駅を中心に面展開が実現されそうだ。

福岡市の2021年7月末予定。こちらも順次5Gのサービスエリアが拡大していく模様だ。

【参考】サービスエリアマップ

※データは2021年1月下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。