小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

真の5Gと言われる「スタンドアロン5G」が導入されるのはいつ?

2021.02.24

スタンドアロン5G

TREND指数 90%TREND指数 90%

5Gの真価を発揮する新方式がスタート

 2020年春から提供されている5Gは、基地局は5Gだが、コアネットワーク(バックボーン)には4G用の設備が使われている。音声通話にも4Gの通話機能(VoLTE)が利用されていて、いわば4Gネットワークの一部分が5G化されている状態だ。これをノンスタンドアロン(NSA)方式と呼ぶ。

 一方、大手3キャリアが2021年度中の導入開始を計画しているのが、5G用のコアネットワーク「5GC」を用いるスタンドアロン(SA)方式。ネットワークをまるごと5G化することにより、高速大容量に加えて、低遅延や同時多接続といった5Gの実力をフルに発揮できるようになる。「真の5G」といわれるのもそのためだ。

 導入されれば、遠隔医療、自律走行、スマートシティーといった5Gに期待されている社会インフラとして様々な役割を担うことも、いよいよ現実味を帯びてくる。2021年度以降、単に速いだけではない、5Gの特徴を生かしたサービスやユースケースが登場してくる可能性も大きい。どんなサービスが登場するのか期待したい。

5G

ノンスタンドアロンとスタンドアロンの違い

ノンスタンドアロンとスタンドアロンの違い

ノンスタンドアロンとスタンドアロンの違い

4Gネットワークの設備内に5Gの基地局を配したNSA方式に対し、SA方式では5Gコアネットワーク(5GC)によって、すべての設備が5G化される。5GCではより効率的な通信の実現が可能。5Gの真価を発揮できる。

取材・文/太田百合子


@DIME公式通販人気ランキング


@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年2月16日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「企画書が10秒でできる!?タイパが爆上がりAI新仕事術」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。