小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスでよく使われる「IR」という言葉が持つ3つの意味

2021.01.31

「IR(アイアール)」と聞いて、まず何をイメージするだろうか。略語であるこの言葉、実は使われる場面によってまったく違う意味になる。

そこで本記事では、「IR」と略される言葉の種類、日本で使われる代表的な3つの意味について詳しく解説する。シーンごとに、どの意味で使われているのか見極めて欲しい。

IRとはさまざまな意味を持つ略語

まず、どれだけ広い分野で「IR」の言葉が使われているか紹介しよう。例えば化学分野では、元素「イリジウム/Iridium」を表す記号として「Ir」が用いられていることは有名だ。また、合成天然ゴムの一種であるイソプレンゴム(Isoprene Rubber)や、赤外線(Infrared)も「IR」と略されることがある。

さらに、航空分野では中東のイラン(Iran)の国名コード、イラン航空(Iran Air)の航空コードとして「IR」が使われる。他にも「情報検索(Information Retrieval)」「中間表現(Intermediate Representation)」「国際政治学(International Relations)」「インターネットランキング (Internet Ranking)」など、英語の頭文字が「I」と「R」で構成されるている言葉の多くがIRと略されている。「いしかわ鉄道(Ishikawa Railway)」のように名称が略される例もあるため、今後も身の回りで「IR」が増えていく可能性がありそうだ。

これほどたくさんの意味を持つIRだが、日本では主に以下の3つの意味で用いられるケースが多い。

1.企業の投資家向け広報活動(investor relations)
2.大学におけるIR(Institutional Research)
3.統合型リゾート(integrated resort)

1.インベスター・リレーションズ(investor relations)

企業サイトでよく見かけるIRは、一般的に「インベスター・リレーションズ」を指す。直訳すると「投資家との関係」 で、投資家向けの広報活動のことだ。

PRとIRの違い

広報と聞くと、「PRと何が違うのか?」と疑問に思う方もいるかもしれない。PRは「Public Relations」の略で、公衆(Public)に向けられたもの。一般消費者を含む社会全体に向け、企業が行う広報活動のことだ。企業が社会から理解や賛同を得るのことが目的のPRは、良いイメージに繋がる情報が積極的に発信されるケースが多い。

一方IRは、企業が投資家や株主らとの信頼関係を築くためのもの。信頼を得るために、業績や財務状況、経営方針などについて、リスク情報も含めた開示が行われる点がPRと異なっている。

IR活動の実態

元々は投資家や株主など、主に自社株の評価に関わる人に対しての活動を目的としていたIR。そのため、開示される情報(IR情報)は「企業のありのままの姿」により近いとも言われる。近年では、就活生が企業を選ぶ際の"基準の一つ"とするケースも増えているようだ。

日本IR協議会の第27回「IR活動の実態調査」(2020年5月)によると、「IR 活動を実施している」と回答した企業は全体の98.1%にも及んでいる。(回答企業1,047社)

【参考】日本IR協議会>調査・研究

2.大学におけるIR(Institutional Research)

「大学IR」とは、教育や研究、経営や財務など、大学運営に関するあらゆる情報の収集・分析する活動、もしくはそれらを担当する部署を指す。

アメリカやカナダは大学にIRの部署が設けらていのが一般的だが、日本では近年ようやく注目されるようになったばかり。文部科学省が大学に対し「学修成果の可視化と情報公開」を求めていることからも、大学におけるIRは今後も加速していきそうだ。また、少子化が進む今、大学においてもいかにIRを活用し、魅力ある運営に繋げられるかが、生き残りのカギとなるかもしれない。

3.統合型リゾート(integrated resort)について

2016年12月に成立した「IR推進法(通称「カジノ法案」)」。ここで使われるIR(integrated resort)は、「カジノを含んだ統合型リゾート」を指している。では、そもそも「統合型リゾート」とは何だろうか。

IRは「カジノを含む統合型リゾート」

ここでいう「IR」は、シンガポールがカジノを導入する際に広く知られるようになった言葉で、「カジノを含んだ統合型リゾート」のこと。

カジノばかりが注目されがちだが、ベースはMICE施設(国際会議場や展示施設など)をはじめ、ショッピングモールやホテル、劇場、スパなど、家族連れでも楽しめるエンターテインメント・リゾートだ。国内外から多くの集客が期待できるIRの存在は、地域の活性や再生をもたらすと期待されている。

世界のIR

カジノ都市を代表するラスベガスには多くのIRが存在するが、中でも世界最初のカジノホテルとして知られる「フラミンゴ・ラスベガス」が有名だ。

また、アジアでは近年トレンド産業としてIRが注目を集め、世界一のカジノ売上を誇るマカオでは、カジノによる税収が歳入の80%を占めるという。シンガポールでは、新たな2つのIRが開業したことにより「観光収入が倍になった」という例からも、導入を検討する国が増えるのも頷ける。

日本が目指すIR

日本がIRの導入によって目指すのは、「外国人観光客の集客」と「地域活性化」。主な候補地は、東京、神奈川、愛知、大阪、和歌山の5都市で、中でも横浜と大阪が有力候補となっている。オープン時期は2025年頃を目指していたが、新型コロナウイルスの影響で現在は未定。

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年10月14日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「4WAYポータブルランタン」! 特集は「行列店に学ぶヒットの法則」、「iPhone 13」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。