人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昨年の年末調整で人事・労務担当者の7割が苦労した理由

2021.01.23

コロナ禍で様々な対応を迫られる労働の現場。テレワークの浸透や年末調整申告書の大幅な変更、政府からの年末調整ソフトの提供、特定法人における社会保険の一部手続きの電子申請義務化、電子帳簿保存法改正など度重なる変革によって、人事・労務部門でもこれまでにないほど急速なデジタル化と管理ツールの見直しが求められている。

これにより人事・労務担当者は、混乱しているのではないだろうか。

そこで実際に、全国の20代~60 代の人事・労務担当者1,000 名を対象に「コロナ禍における働き方と人事労務クラウドソフトに関する意識・実態調査」を実施。これにより、人事・労務部門の深刻な現状や、大きな無駄が発生している事実が判明した。

昨年の年末調整では、人事・労務担当者の72.8%が「混乱した」と回答

働き方の変化や政府主導の電子化は、人事・労務が1年の中で最も忙しいとされる年末調整業務にも影響を及ぼしている。

テレワークの浸透や年末調整申告書の大幅な変更、政府からの年末調整ソフト提供などにより「様々な改革が同時に起こって混乱した(72.8%)」、「例年の年末調整と比較して不安を感じた(68.1%)」、「例年の年末調整より大変になると感じた(69.7%)」など、人事・労務担当者の大きな混乱が明らかになった。

コロナ禍においても労務担当者の83%が「全くテレワークできず」と回答

現在、全国的にテレワークへの移行が推奨されているが、主に「業務の電子化ができていない(31.5%)」、「対面でのコミュニケーションが必要である(28.5%)」、「対面でないと人材教育が難しい(19.4%)」などの理由から、労務担当者の83.0%は全くテレワークを実施できていないことが明らかになった。

これは営業担当者の62.5%や、経理・会計担当者の68.1%と比較しても高い数値であり、人事・労務部門の働き方の深刻な現状が浮き彫りになった。

人事労務クラウドソフトの導入は直近1年で急増、3年間で約5倍に

人事労務クラウドソフトの導入は増加の一途を辿っており、2017年10月時点から3年間で約5倍に増加していることがわかった。

さらに、新型コロナウイルス感染症の拡大時期を含む直近1年間では、急増していることが数字の推移からも見て取れる。現在導入されているソフトの主な選定理由として「まとめて複数の機能を入れられるから(41.6%)」、「使いたい機能だけを入れられるから(34.7%)」、「パッケージになっていて楽だから(34.7%)」といった声が上がった。

導入中のパッケージ型人事労務クラウドソフトで「未使用の機能」は約4割も

まとめて複数の機能を導入できることから人事労務クラウドソフトを導入した企業のうち、約6割の企業がパッケージ型ソフト※¹を導入しているが、実際に導入したソフトの機能の約4割が「全く使われていない機能・ほとんど使われていない機能」となっている実情が明らかになった。

さらに、パッケージ型ソフトを利用する人事・労務担当者の52.3%が社内で導入しているソフト同士の機能が重複していると回答した。

この結果から、パッケージ型ソフトは一括で複数機能を導入できる手軽さがある反面、導入したにもかかわらず使用されずに無駄になっている機能が非常に高い割合を占めているという「パッケージ型ソフトの落とし穴」が浮き彫りになる結果となった。

パッケージ型の導入により、市場全体で年間約17億円ものコストの無駄が発生

様々な機能の重複が発生してしまっていることにより「どのツールを使うべきか迷うことがある(49.0%)」、「混乱する(41.7%)」、「時間の無駄になっている(35.1%)」などの声も明らかになった。

さらに、約4割の人事・労務担当者が、機能の重複が「コストの無駄になっている」と回答。使用していないツールに割かれている費用は、市場全体で年間約17億円にものぼると試算※2され、業務の無駄を省くために導入されたはずのパッケージ型人事労務クラウドソフトが、逆に企業にとって大きな無駄を生んでしまっているという深刻な現実が明らかになった。

<調査概要>
調査名:コロナ禍における働き方と人事労務クラウドソフトに関する意識・実態調査
調査期間:2020/11/7(土)~2020/11/9(月)
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の人事・労務関係者1,000名

※1:人事・労務領域のデジタル化を後押しする人事労務クラウドソフトの中でも、一括に複数の機能をまとめて導入できる定額制ソフトを「パッケージ型」、企業の課題に合わせて必要な機能のみを選択導入できる都度課金型ソフトを「アラカルト型」と定義

※2:(労務管理クラウドの市場規模※3-アラカルト型ソフト市場規模)×(導入ソフトの中で「全く使われていない機能」+「ほとんど使わない機能」の回答率)=パッケージ型クラウドソフトの導入により、1年間で無駄に生じた費用を算出

※3:労務管理クラウドの市場規模参照:ミック経済研究所『HRTechクラウド市場の実態と展望2019年度版』(第5章労務管理クラウド市場の動向)

出典元:株式会社エフアンドエム
https://www.fmltd.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年3月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDビューティーミラー」! 特集は「YouTubeで学べ」&「ウワサの新発想家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。