小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

併用できないって知ってた?一般NISAとつみたてNISAを使い分けるコツ

2021.01.24

一般NISA or つみたてNISA使いこなし術

 一般NISAとつみたてNISAは併用することができない。したがって、どちらかを選択することになる。選択のポイントは、投資できる金融商品の違いだ。一般NISAは、証券会社で購入できる金融商品なら、FXやデリバティブ(金融派生商品)などの特殊なものを除き、ほぼすべてに投資できる。一方、つみたてNISAは、限られた投資信託とETFにしか投資できない。自分が投資したいものがあるかどうかが最大のポイントだ。

●一般NISAとつみたてNISAの使い分け

一般NISAの非課税上限枠は年120万円と、一部の株価の高い銘柄を除いて、ほとんどの株式に投資が可能。つみたてNISAは、老後資金など長期的な資産形成に役立つ。マイホームの購入資金の準備としても活用できるが、数年後に住宅の購入が予定されている場合は、預貯金などの元本が保証されている金融商品にするのがセオリーだ。

一般NISA
まとまった資金を一度に投資できるので、株式などで積極的に値上がり益を狙いにいく。株式投資するには証券会社での口座開設が必要。

つみたてNISA
比較的少額で積み立て投資をすることで、リスクを抑えながら長期的な資産形成を狙う。子供の教育費や老後の生活費の準備に向く。

●NISAの弱点は損失

NISA口座での損失は税務上ないものと見なされる。下記のような損益通算や損失の繰越控除といった課税口座のメリットは適用されない。そのため、一般NISAで非課税期間の終了時点で損失が発生していると、課税口座に移行するとデメリットが大きくなる(下図参照)。その場合はロールオーバーをして、損失が回復するのを待つほうが賢明だ。

NISAの弱点は損失

NISAの弱点は損失

一般NISAで損失が発生した株や投資信託を、一般口座や特定口座に移行すると、移行した時点の評価額(図では80万円)が取得原価になる。移行後の値上がり分はすべて課税対象に。

より詳しく、わかりやすく「米国株」の賢い買い方や資産の殖やし方を解説!ぽんちよさんも登場する『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』電子書店で絶賛発売中

『DIME MONEY 本当に儲かる米国株の買い方』各電子書店で好評発売中!

アマゾンでの購入はこちらから

楽天市場での購入はこちらから
詳細はこちら

 

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。