小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5ps/6500rpmのエンジンで不整地や雪道での力強い走りを追求したホンダのスリーター「ジャイロX」

2021.01.12

不整地や雪道での力強い走りを目指したタフなスリーター(三輪車)が、「ホンダ ジャイロX」だ。

2サイクル49cc、5ps/6500rpmのエンジンを搭載。コーナーリング時にフロントボディが左右にスイングする、「ナイトハルト機構」により、3輪の安定性とバイクの軽快な操縦性を兼ね備えている。

また、ノンスリップデフ機構やワイルドパターンの低圧ワイドタイヤを装備し、不整地や雪道、坂道などで優れた走破性能を発揮する。

アウトドアライフイメージの外観を採用。さらに荷物を前後に積めるフロントデッキとリア大型キャリアで、実用性と使い勝手は抜群だ。

リア駆動軸にデファレンシャル・クラッチを装備、内輪と外輪の回転差数が自動的に調整されるため、思い通りのコーナーリングを実現する

全長1595×全幅625×全高1395mm。乾燥重量は81kgで燃料タンク容量は5.0Lとなっている。発売当時の価格は17万9000円だった。

「ホンダ ジャイロX」は当初、オフロードイメージのワイルドなスリーターだったが、スリーホイールでワンタッチ操作のパーキングロック機構をもつことで、2輪車のようなスタンドが不要。しかも荷物を搭載しやすいことからビジネスシーンでも重用されるようになっていく。

小荷物の配達に便利な「ホンダ・ジャイロ・アップ」が追加

大びん20本用のビールケースが積める、450×570mmの大型リアデッキを採用したビジネス用スリーター、「ホンダ・ジャイロ・アップ」が、1985年10月1日より発売された。

価格は24万9000円だった。

雨でも大丈夫! 大型風防付き「ホンダ ジャイロ キャノピー」を追加

そして、1990年12月1日より、ワイパー付ウインドスクリーン(風防)とルーフを装備した三輪ビジネスバイク「ホンダ ジャイロ キャノピー」が発売された。

大容量(62L)のキー付きトランクを装備した「ワゴンタイプ」(価格39万9000円・発売当時)と、

フラットな荷台形状の「デッキタイプ」(価格38万4000円・発売当時)の2タイプが設定された。

4ストロークOHC4バルブエンジンを搭載

そして、2008年に「ジャイロX」と「ジャイロキャノピー」は、従来の2ストロークエンジンから、水冷4ストロークOHC4バルブエンジンに一新。

電子制御燃料噴射システム(PGM-FI)を採用し、燃費はジャイロXベーシックタイプで60km/L(30km/h定地走行テスト値)と、従来モデルに比べ32%の向上を実現した。

また、排気ガスを浄化する触媒装置(キャタライザー)をエキゾーストパイプに内蔵した。

1982年の登場からマイナーチェンジをくり返しながら40年近く作り続けられている「ホンダジャイロX」。

そして、派生車種でいながらすっかり日本の配送現場に定着した、「ホンダジャイロ キャノピー」も30年以上生産し続けた。

同社の代表的なモデル、「カブ」ほどメジャーな存在ではないが、当初のアウトドアイメージからビジネスユースへと使用されるシーンを変化させつつ、人気を維持してきた。

コロナ禍でデリバリー業態が注目される昨今、両車はますます存在感を高めている。

文/中馬幹弘

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年12月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「10インチデジタルメモパッドPRO」! 特集は「ヒット商品総まとめ」、「2022トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。