小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〝メットイン〟で大ヒット!1988年の登場から30年以上進化を続けるホンダのスクーター「ディオ」

2021.01.05

スポーティスクーターが大人気となった1980年代中盤。そこには新たな時代の変化の波が押し寄せていた。

原動機付自転車の運転者に対する乗車用ヘルメットの着用義務規定が、昭和61年(1986年)7月5日から施行されたのだ。

今では考えられないことだが、1986年までは50cc以下のバイク、いわゆる“原チャリ”は、ヘルメットをかぶらなくても運転できたのである。

しかし、同日よりヘルメットが着用義務になったことで注目されたのが、「メットイン」機能だ。

「メットイン」を実現すべく、スクーターをはじめ多くのバイクが、ヘルメットを収納できる様に設計。駐停車での利便性を高めることとした。

スポーティスクーターも、その例外ではなかった。しかし、当時のホンダの人気車種、「DJ・1」シリーズはメットインではなかったのだ。

メットインのスポーティスクーターが登場

そんな中、ホンダ期待のスポーティスクーターとして誕生したのが、「ホンダ・ディオ(Dio)」だ。

フルフェイス・ヘルメットや小物が収納できる、24Lセンタートランクをシート下に内蔵。

4Lの燃料タンクをフロアステップ下に配置し、収納スペースを確保しながらも足つき性の良い、700mmのシート高を実現している。

エンジンは、新設計の空冷・2サイクルを搭載。6.4ps/6500rpmの最高出力を達成する。

また、足まわりはフロントにテレスコピックサスペンションと大径95mmのブレーキを採用する。

価格が12万6000円と抑えられたこともあり、「ホンダ・ディオ」は大ヒット作となる。

その人気を受けて、「ホンダ・ディオ」はロングセラーモデルとなった。

1992年2月20日には、ハイマウント・ストップランプ内蔵のリア・スポイラーや、7.0ps/7000rpmを発揮する新エンジン、フロントディスクブレーキを搭載する「ホンダディオZX」を発売。

オフロードイメージの装備を採用した「ホンダDioXR BAJA」は1994年3月4日に発売された。

コンパクトで軽量、足着き性に優れた低いシートを採用した、「ホンダ Dio Fit」は1997年6月1日に発売。

さらに、水冷4ストローク50ccエンジンを搭載した新「Dio」を、2001年3月10日より発売するなど、時代の変化に対応していく。

現在、50ccのラインアップはなくなったが、「Dio110」としてその名は継承されている。

1988年の登場から33年もの年月を重ねてきた、ディオ。今後もこの名前が廃れることなくホンダのスクーターであり続けることに期待したい。

文/中馬幹弘

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。