人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界で初めて水冷2サイクルエンジンを搭載したホンダの50ccスクーター「ビート」

2021.01.01

レプリカバイクブームに沸いた日本。走りを磨いたスクーターも数多く誕生した。

ホンダは1983年11月18日に「ホンダ・ビート」を発表。同年12月1日から発売を開始した。

ビートというと、軽自動車のオープンカーを思い出す浮かべる人が多いだろうが、あちらは1991年の発売。スクーターが先輩になるわけだ。

常識を覆すハイパワースクーターが登場

「ホンダ・ビート」はコンパクトな半球型燃焼室を採用した最高出力7.2馬力の水冷2サイクル49ccエンジンを搭載。低回転域と高回転域でトルクの2段階切り替えができるV-TACS(可変トルク増幅排気システム)を採用したのも話題となった。

本格的なエキスパンジョンチャンバーの装着も、ライダーの心を熱くした。

エンジンだけではない。サスペンションは前輪にスタビライザーを装着する本格仕様のテレスコピック式、後輪にはユニットスイング式を採用と足周りも充実。

また、斬新なデザインも注目を集めた。

防風効果に優れた半透明のカウリングを装着し、50ccクラスのスクーターで世界初のデュアルハロゲンヘッドライト(18W×2)も装備する。価格は15万9000円。

50ccバイクの馬力自主規制上限の7.2psを発揮する2ストロークエンジンを搭載する、現代ではおそらく二度と生まれることのないスクーターが、かつてはこの日本に存在したのだ。

文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。