人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホの買い方が変わる!2021年版のSIMフリースマートフォンおすすめモデル6選

2021.01.02

これまで多くの人は、大手キャリアと契約してスマートフォンを購入してきたでしょう。しかし現在は別の方法が注目されているのをご存じですか?

それがSIMフリースマートフォンと呼ばれる端末を用意する方法。契約しているキャリアではなく端末を使いたい、MVNOで契約して安くスマートフォンを運用したいという人におすすめの購入方法です。

では“2021年版スマートフォンの買い方”ともいえるSIMフリースマートフォンの選び方やおすすめ製品を紹介していきます。

SIMフリースマートフォンはどんな人におすすめ?

とにかく最新・最先端のスマートフォンを使いたい人、ある程度の性能を持った製品を安く使いたいといった人など、SIMフリースマートフォンを購入する理由は様々です。

特に近年は、大手キャリアで端末の大幅な割引ができなくなったため、契約している会社にこだわる必要性は薄くなっています。

ハイクラスの性能を搭載したモデルから費用対効果に優れている端末まで、様々なSIMフリースマートフォンが登場しているので、それぞれ紹介していきましょう。

SIMフリースマホ購入ガイド! あなたはどのタイプ?

スマートフォン選びで難しいのが、どの製品が自分の使い方に適しているのかがわかりにくい点ではないでしょうか。

SIMフリースマートフォンを選ぶ際に重要視するポイントをタイプ別にまとめたので、自分がどれに近いかを確認してみてください。

タイプA:MVNO会社からSIMカードとセットで購入したい

タイプB:とにかく安さ重視! LINEやインターネット検索などが一通り使えればOK

タイプC:価格と性能、両方のバランスに優れた端末が欲しい!

タイプD:価格よりとにかく性能! ハイスペックで目新しい製品が欲しい

あなたにおすすめのSIMフリースマホはこれ!

では、上記の1~4までの数字をもとに、それぞれに合ったおすすめのSIMフリースマートフォンを紹介していきましょう。

【タイプA、Bにおすすめ】防水・おサイフケータイ対応のお手頃SIMフリースマホ【OPPO Reno3 A】

OPPO Reno3 Aは、約4万円と比較的安価ながらIP68の防水性能やおサイフケータイ機能を搭載したSIMフリースマートフォン。MVNO14社に加え、各家電量販店、AmazonといったECサイトでも取り扱われている販路の広さも特徴です。

アウトカメラは約4800万画素を中心とした4眼構成、メモリ6GB+ストレージ128GBやディスプレイ内指紋認証機能など、およそ4万円とは思えない高性能を搭載しています。

【参照】OPPO Reno3 A

【タイプA、Bにおすすめ】とにかく安くSIMフリースマートフォンを運用したい人に最適?【AQUOS sense4】

国内メーカーであるシャープが手掛ける人気シリーズの最新モデル「AQUOS sense4」は、およそ3万円で購入可能なSIMフリースマートフォンです。

シャープ独自の5.8インチの「IGZO」ディスプレイという、省電力に優れたパネルを採用することで、1週間の電池持ちを実現。サイズも比較的コンパクトなので、扱いやすいのも特徴。

IPX5/8の防水、IP6Xの防塵性能を搭載し、突然の雨などでも故障の心配が少ない製品です。

【参照】AQUOS sense4 

【タイプC、Dにおすすめ】iPhoneの最新モデルもSIMフリーで買えるって知ってた!?【iPhone 12】

これまで大手3キャリアから購入したiPhoneを使用してきたため、継続してiPhoneシリーズを使いたいという人もいるのではないでしょうか。

実はiPhoneの最新モデルである「iPhone 12」シリーズはSIMフリー版も存在。アップルの公式サイトやApple Storeで取り扱われています。

iPhone 12シリーズの中でもおすすめなのが「iPhone 12 mini」。現在発売されている5G対応スマートフォンの中では、「世界で最も小さく、薄く、軽いスマートフォン」ながら、最上位モデル「iPhone 12 Pro Max」と同じチップセットを搭載し、動きは滑らかです。

ストレージ容量は64GB/128GB/256GBから選択可能で、最安値が8万2280円(税込)。シンプルで使い勝手の良い最新iPhoneがこの価格から買えるのは驚きでしょう。

【参照】Apple iPhone 12 mini

【タイプCにおすすめ】独特な素材のボディと高性能AIを搭載したSIMフリースマホ【Pixel 5】

スマートフォンとしては珍しい素材を使用した「Pixel 5」もおすすめの端末。ボディは金属素材ですが、手触りは大理石のようなつやのある質感です。

Googleが開発しているスマートフォンということもあり、特徴的なのがAI性能の高さ。夜景モードでの明るさ調整や、よく使うアプリに優先的に電力を供給し、バッテリーを長持ちさせるなど、様々なところでAIが活躍しています。

価格は7万4800円(税込)。Android OSのアップデートにも最低3年間保証があるので、長く利用できるスマートフォンです。

【参照】Google Pixel 5

【タイプDの人におすすめ】カメラが180度回転する特殊なSIMフリースマホ【ASUS Zenfone 7】

とにかく新しいもの、最先端のスマートフォンを使いたいという人におすすめなのが、「ASUS Zenfone 7」。

特徴的なのがカメラ周りのギミック。一見シンプルな3眼レンズなのですが、レンズ部分が180度回転しインカメラとしても利用できます。

背面カメラにて自撮りができるので、きれいに撮影できるのはもちろん、前面にカメラを搭載していないので、動画視聴の際などに画面が欠けることがないのも特徴です。

【参照】ASUS Zenfone 7 Pro

【タイプA、Dの人におすすめ】圧倒的なカメラ性能を搭載したSIMフリースマホ【HUAWEI P40 Pro 5G】

「HUAWEI P40 Pro 5G」は、Leica共同開発の高スペックカメラに加え、AIの技術でより新しい撮影を実現したハイスペックスマートフォンです。

「HUAWEI Golden Snap」という技術は、写真に写りこんでしまった通行人を最大2人まで除去したり、光の反射による映り込みを修正することができます。

カメラ性能だけでなく、最大40Wの急速充電やワイヤレス給電、IP68の防水性能、指紋認証と顔認証の両方に対応するなど、すべての性能がハイスペックに備えられているスマートフォン。

Googleアプリは使用できませんが、使い方を工夫すれば楽しく利用できるSIMフリースマートフォンでしょう。アプリを探したり、新しい機能を試すのが好きな人におすすめの端末です。

【参照】HUAWEI P40 Pro 5G

※データは2020年12月中旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。