人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってた?ネット回線の速度を確認できる「Googleスピードテスト」の使い方

2020.12.28

5G(第5世代移動通信システム)も始まり、スマホをWi-Fiではなくモバイルデータ通信でインターネットに接続しているという人も多いのでは?

Googleのスピードテストは、スマホやパソコンが繋がっているインターネット回線の速度を計れるGoogleのサービスです。

インターネット回線の速度がわかれば、例えばYouTubeなどで動画を見る時やFPSなどのゲームを楽しむ前に、安定してプレイできるかどうか確認できます。

大事な場面で画面がカクついたり止まってしまうストレスを感じる前に

僅かな差が勝敗を分けるゲームや、YouTubeなどで配信されるライブストリーミング動画を楽しんでいる最中……ネット回線が不安定になり、画面がカクついたり、止まってしまった経験はありませんか?

Googleのスピードテストで事前に回線の速度を確認しておけば、「スマホやパソコンが繋がっている回線は安定しているかどうか」を確認できます。

これからスピード感あふれるゲームをプレイする人や、ライブストリーミング動画を見るという人は、ぜひ1度試してみてください。

スマホやパソコンで簡単にできる! Googleのスピードテストの使い方

それでは早速、スピードテストの使い方を紹介します。なお、使用したスマホは「iPhone XS(iOS 14)」ですが、Androidはもちろん、WindowsやMacなどのパソコンでもできるため、ぜひ参考にしてください。

【参照】インターネットの速度をテストする

1:ブラウザアプリを起動して、Googleを開きます。
2:検索バーに「スピードテスト」と入力して検索します。

3:「速度テストを実行」をタップします。
4:しばらく待ちます。

5:回線速度が数値と評価で表示されます。

いかがでしたか? 以上の操作でインターネットの速度が表示されたはずです。「Mbps」や「レイテンシ」という言葉の意味がわからなくても、「インターネット速度は非常に高速です。」と、わかりやすく説明されるため、専門的な知識がなくても回線の速度をチェックできます。

Googleのスピードテストの精度は高い?

回線速度が明確な数値でわかる、Googleのスピードテストですが、その精度は正確なのでしょうか。

Googleのスピードテストと同じく回線スピードがわかる、「USEN GATE 02 」と「NETFLIX お使いのインターネットの速度」でほぼ同時に回線の速度を計測してみたところ、以下のような結果が表示されました。

左:USEN GATE 02、中央:Googl、右:NETFLIX

USEN GATE 02/ダウンロード:103.84 Mbps アップロード:10.06 Mbps
Google/ダウンロード:173.0 Mbps アップロード:8.96 Mbps
NETFLIX/ダウンロード:180 Mbps アップロード:8.5 Mbps

このようにチェックするサイト(サービス)によって、計測結果にバラつきが生じるようです。地域の環境や、プロパイダの混雑具合、インターネット全体の混雑状況やサーバーなど、計測には多くの要素が含まれているため、“最も正確な数値”を知ることは難しいのです。

ですから、Googleのスピードテストは、あくまで1つの目安として使いましょう。

時間帯によってスピードテストの結果が違うのはなぜ?

テストをする場所、インターネット全体の混雑具合や接続環境などにより、速度テストの結果は異なってきます。

主に朝の通勤時間帯、昼休みの時間帯、退勤時間帯はインターネットが混雑する傾向にあり、ほかの時間帯と比較すると、インターネットの速度が遅くなるかもしれません。

スピードテストがなかなか終わらない……結果表示が遅い時の対処法

スピードテストがなかなか終わらない時は、「インターネットの接続状況が悪い」などが考えられます。

地下などインターネットが繋がりづらい場所にいる場合は、地上に出るなどして、接続環境の改善をはかってください。

また、接続環境の問題ではなく、スマホなど端末に不具合が発生している可能性もあります。1度再起動してみましょう。

Googleのスピードテストができない時の原因

スマホやパソコンがインターネットに接続されているのに、Googleのスピードテストができない時には、様々な原因が考えられます。例えば……。

・ブラウザのバージョンが古い
・端末もしくはOSが古く、スピードテストに対応していない
・Googleに問題が発生している

などが挙げられます。

スピードテストはギガを消費する?

Googleのスピードテストは、インターネットに接続するため、ギガを消費……つまり「データ通信量」を消費します。

「今月はあと少しでデータ制限がかかってしまう!」という場合は、モバイルデータ通信でスピードテストをするのは、控えた方がよいかもしれませんね。

あわせて知っておきたい「IPv6」とは?

インターネット回線の速度などを調べていると、「IPv6」というキーワードを目にするかもしれません。

これは、Internet Protocol Version 6の略で、インターネットプロトコルの次世代規格を指します。

スマホやパソコンがインターネットに接続するには、住所(=IPアドレス)が必要ですが、今後はゲーム機や家電などもインターネットへ接続できるようになり、より多くのIPアドレスが必要となります。

現在標準プロトコルとして用いられているのは、「IPv4」。IPアドレスの上限が最大2の32乗(=42憶9496万7296)個と数に限りがあるため、近い将来、IPアドレスが足りなくなると予想されていました。

ですが、次世代規格である「IPv6」のIPアドレス数は2の128乗。約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが使えるようになり、この数はほぼ無限といわれています。

【参照】Softbank

※データは2020年12月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/髙見沢 洸

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。