人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知ってた?猫の妊娠率がほぼ100%の理由

2020.12.23

猫の妊娠・出産・子育てのちょっとショッキングな事実

猫の発情期は、春だけじゃない!?

春は猫にとって、恋の季節。ひらたく言えば外で暮らす猫たちが出合い、交尾して子どもをつくるシーズンです。

猫の発情期は基本的に、早春と初秋の年2回。でもその間にも起こることがあり、多い時で年4回も発情期が来ることもあります。発情期間は1か月から1か月半で、メスがフェロモンをまき、そのフェロモンにオスが反応します。

メス猫の妊娠率がほぼ100%の理由

猫の交尾は数分で終わりますが、最後はメス猫の叫び声で終わります。これはオス猫のペニスにはトゲがあり、引き抜く時にかなりの痛みがあるため。なぜそんなものがあるかというと、その痛みによる刺激で排卵が起こり、メスが確実に妊娠するため。ですからメス猫は交尾すると、ほぼ100%妊娠するのです。

最多で、年に18匹も出産可能

妊娠期間は63日~65日で、年に2~3回出産できます。1回の出産で子どもは4~6匹ですので、外で暮らすメス猫が避妊手術をしないと、1年で最大18匹もの子猫が生まれてしまいます。また妊娠期間中に外で暮らす母猫は、胎児に栄養を与えるため、いつもより多くのごはんを必要とします。外で暮らす母猫は食べ物を求めて、いつもより危険をおかすことも…。

妊娠中、母猫にはこんな変化が

母猫は妊娠20日くらいで乳首の色が変わりはじめ、妊娠30日くらいで乳房やおなかが膨らみ始めます。妊娠50日目くらいから胎動を感じ始め、妊娠60日くらいで母乳が出始めて、63日から65日で出産するのです。

子猫は「子別れ」で、大人の扉を開く

猫は生後7~8か月くらいになると、成猫と同じ身体能力を持つようになり、発情期を迎えます。子猫と呼ばれるのはこのころまで。

子猫が成長すると、母猫は子猫を攻撃して、自分の縄張りから追い出します。子猫はまだ甘えたいので悲しみますが、でも自然界では、猫は独立して自分の縄張りを持たなければ、生きていくことができません。一方、飼い猫の場合はこの「子別れ」が無いので、一生にわたって子ども気分でいる猫も多いようです。

参考資料/「ねこの事典」(監修:今泉忠明、成美堂出版)

文/桑原恵美子(PETomorrow編集部)

構成/inox.

人間の心揺さぶる犬猫情熱記事はPETomorrow!!
https://petomorrow.jp

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。