人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

BTS、米津玄師、トラヴィス・スコットなど有名アーティストとのコラボも実現した「フォートナイト」が提案する新しいエンタメの形

2020.12.28

今年話題を集めたゲームといえば、Epic Gamesの『フォートナイト(Fortnite)』だ。2017年にサービスがスタートし、2020年5月には世界の登録プレーヤー数が3億5000万人を突破。2020年7月には開発元のEpic Gamesにソニーが2億5000万ドルを出資することも発表された。

『フォートナイト』はTPS(サードパーソンシューティング)と呼ばれるゲームで、ゲーム業界の人気ジャンル「バトルロイヤル」の代名詞といえる存在だ。ゲームの面白さに加えて、さまざまなコンテンツやアーティストとコラボしているのも人気の要因。

人気ゲーム同士がタッグを組んで相乗効果を狙ったり、映画や人気アーティストがキャンペーンに活用するなど、いまやゲームのコラボは常識となっている。特に登録プレーヤー数が多い人気ゲームは影響力がありプラットフォーム化も進んでいるのでPR効果が高い。

アーティストとファンが集う場としても人気に

これまで『フォートナイト』は、ゲーム内に登場するキャラクターやコスチュームなどでコラボすることが多かったが、ストリーミング上映ができるゲームモード「パーティーロイヤル」を実装してからはアーティストのヴァーチャルライブなどのオンラインイベントも積極的に開催している。

人気アーティスト目当ての参加者も増えており、ゲームファンだけでなく音楽ファンにも訴求して、コミュニティとしてより多くのユーザーを獲得することも可能になっている。ゲームをプレーしなくても楽しめる要素で参加者を増やし、今後はゲームや音楽といったジャンルを超えて、新しいエンターテインメントの形として注目を集めそうだ。

タイトル:『フォートナイト』
ゲームジャンル:バトルロイヤル
価格:基本プレー無料(アイテムなどに課金要素あり)
対応プラットフォーム:『PS4』、『PS5』、『Xbox One』、『Xbox Series X』、『Nintendo Switch』、パソコン、Android

さまざまなコラボをしてきた『フォートナイト』だが、最近では『マーベルコミック』とのコラボが注目を集めた。現在の「チャプター2シーズン5」では『スター・ウォーズ』のドラマシリーズ『マンダロリアン』が参戦。さらに『Xbox』シリーズの人気ゲーム『Halo』のマスターチーフや『プレイステーション』の人気ゲーム『ゴッド・オブ・ウォー』のクレイトスともコラボしている。

本来は別々の家庭用ゲーム機で人気のあるキャラクターなので同じゲームには登場しないが、クロスプラットフォーム戦略で成功している『フォートナイト』では夢の競演も実現可能だ。

「チャプター2シーズン4」では、『マーベルコミック』とコラボして「ネクサス・ウォー」を展開。マーベルの人気ヒーローたちがゲームに多数登場した。人気ヒーローやヴィランのコスチュームだけでなく、ヒーローがゲーム内ミッションにも関わるなど『マーベルコミック』のファンにも注目された。

『Halo』シリーズのマスターチーフもゲーム内アイテムとして登場。人気ゲームとのコラボはゲームファンにも受けやすい。

大物アーティストの発表の場としても活用

ゲーム内でシューター以外のエンターテインメントイベントが時折開催されるのもフォートナイトの特徴の一つ。今年4月には人気ラッパーのトラヴィス・スコットとコラボして、パフォーマンスイベント「Astronomical」を開催。ゲーム内で最新トラックの世界初公開を行なった。また、プレーヤー同士が戦闘することができない安全地帯になっている「パーティーロイヤル」では、ヴァーチャル会場でストリーミング上映をすることができる。

ここでは人気アーティストがヴァーチャルライブを開催したり、大作映画が映像を公開するなどしている。9月には、人気アーティストBTSとコラボして、世界中で大ヒットした『Dynamite』のMVを公開。さらにBTSが振付を担当した「エモート」もアイテムショップで配信した。

ハロウィンのイベントでは、ラテン・グラミー賞を4度受賞した大物アーティストJ BalvinがSechと組んだ最新曲を「パーティーロイヤル」のメイン・ステージで初お披露目して大きな注目を集めた。映画界では大物監督のクリストファー・ノーランとコラボしている。5月22日に「パーティーロイヤル」で『TENET』の予告編を公開。

さらに6月26日にクリストファー・ノーランの映画を『フォートナイト』で上映。世界各地で3作品を上映したが、日本では『インセプション』が上映された。トップアーティストとこれまでにない手法のコラボをするのも『フォートナイト』のすごさだ。

「パーティーロイヤル」にあるメイン・ステージ。ここで人気アーティストたちのヴァーチャルライブなどが開催される。

トラヴィス・スコットの「Astronomical」は全5回開催された。最新シングル「ザ・スコッツ」を初公開するなど話題を集めた第1回目のイベントでは、同時接続者数1230万人以上を記録。限定のコスチュームなども配信された。

ハロウィンイベント『フォートナイトメア2020』では、レゲエ界のトップアーティストJ Balvinがアフターライフパーティーを開催。さらに夜遊びをモチーフにしたコスチューム「パーティートルーパー」も配信した。

日本国内のアーティストともコラボを展開している。『三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE』の「ELLY/Crazyboy」とはエモート「Crazy Boy」でコラボ。 PVで踊っていたダンスをフィーチャーした。国内でもっとも話題を集めたのが米津玄師のヴァーチャルイベントだ。全5曲をパフォーマンスしてアルバム『STRAY SHEEP』のバナーアイコンのプレゼントも行なわれた。

これら人気アーティストとのコラボはバズるケースが多く、これまでゲームに参加していなかった層にもアピールできるメリットがある。今度はファンとの接点を持つコミュニティとしても注目だ。

『フォートナイト』の大ファンを公言する「ELLY/Crazyboy」は、世界大会にも出場するほどの実力者。今回のコラボは、それが認められた形だろう。

日本時間2020年8月7日には米津玄師が「パ―ティーロイヤル」のメイン・ステージでヴァーチャルライブを開催。『感電』、『パプリカ』、『Lemon』など人気曲をパフォーマンスして、日本のメディアでも数多く取り上げられた。

(c) 2020, Epic Games, Inc. Epic、Epic Games、Epic Gamesロゴ、Fortnite、Fortniteロゴ、Unreal、Unreal Engine 4およびUE4は、米国およびその他の国々におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標であり、無断で複製、転用、転載、使用することはできません。

取材・文/久村竜二

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。