人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

携帯にも収納にも便利!傷や故障をしっかり防ぐヘッドホン&イヤホンケースおすすめ8選

2020.12.25

ヘッドホンやイヤホンをむき出しのまま持ち運ぶと、傷がついたり、有線式ならケーブルが断線する危険もあります。ケースがあればそのリスクを最小限にできて、収納の際にも便利です。この記事では、ヘッドホンケースとイヤホンケースを併せてご紹介します。

【参考】イヤホンを衝撃や汚れから守ってくれる技ありイヤホンケース5選

ヘッドホンケース(イヤホンケース)のおすすめ商品

ヘッドホンケースには、耐衝撃性に優れたハードタイプのケースもあれば、ヘッドホン/イヤホンを優しく保護してくれるソフトタイプのケースもあります。

AirPodsユーザーであれば、純正ケースの上からはめて傷を防ぐシリコン製のケースも便利です。自分のイヤホン/ヘッドホンに合った商品を探してみてください。

【参考】2020年版ヘッドホン最新モデルおすすめ10選!高コスパモデルから一生モノとして使える名機まで厳選

ゼンハイザー「HD598」などが収納できるヘッドホンケース

Geekriaではヘッドホンケースが数多く販売されていて、機種に合わせて選べます。

この商品はハードタイプで、ゼンハイザーのオープン型ヘッドホン「HD598」やソニー「MDR-V700DJ」などに対応したキャリングケース。デバイスやケーブル類などを収納できるポケットが付属しています。

アマゾンでの購入はこちらから

AKGのヘッドホンが収納できる大きめのヘッドホンケース

こちらもGeekriaの製品で、「K612 PRO」をはじめAKG製品に対応しているヘッドホンケースです。

ポケットが付いていてハードタイプである点は前述の製品と同じですが、こちらのほうが横幅と高さが2.5cmほど大きくなっています。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

Sony「WH-1000XM3」にも対応したヘッドホンキャリングケース

Dekoni Audioの「Headphone Savior」は、Sony「WH-1000XM3」のほか、Boseやオーディオテクニカなど、多くのメーカーのヘッドホンに対応しています。

付属のショルダーストラップで肩掛けにできたり、ベルトに通しても使えます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

Amazonで人気のヘッドホンケース(イヤホンケース)

イヤホンの充電ケースに被せるタイプもあります。

こちらはESRの「バウンスAirPods Proキャリングケース」です。シリコン製で衝撃に強く、AirPodsのケースが傷つくのを防ぎます。充電ケーブルを通す穴が開いているので、ケースを付けたまま充電が可能。カラーバリエーションも豊富です。

【参考】ESR公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

AirPods Pro用の可愛いヘッドホンケース(イヤホンケース)

こちらは、i-BLASON「Apple AirPods Pro Cosmo ケース-マーブルピンク」。上の製品と同様に、AirPods Proのケースに装着するタイプです。

ピンクを基調にした色合いに、マーブル模様が映えるデザインです。ストラップが付属し、カバンにぶら下げて持ち運べます。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

オーディオテクニカ純正のヘッドホンケース(イヤホンケース)

オーディオテクニカ「AT-HPP300」は、インナーイヤーヘッドホン用。オーディオテクニカ純正のケースですが、他社製品など様々な機種が収まると評判です。

内部には有線イヤホンのコードを巻き付けるリールが付いています。衝撃からイヤホンを守るセミハード仕様です。

【参考】オーディオテクニカ公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

汎用性が高いソフトタイプのヘッドホンケース(イヤホンケース)

Van Nuysの、差し込むだけのハウジング保護用ふわふわツインチューブケース。筒状の部分にイヤホンのハウジングを収納できるので、ハウジング同士が触れ合って傷つくのを防ぎます。

背面には、巻いたケーブルを固定するストッパーが付いています。この製品に入れた状態でハードケースに入れれば、さらにイヤホンを保護できますし、このまま手軽にイヤホンを持ち運ぶことも可能。汎用性が高いイヤホンケースです。

【参考】Van Nuys公式サイト製品詳細ページ

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

ヘッドホンケースの代用になる商品や自作方法とは?

イヤホンケースは100円ショップでも販売されています。とりあえず安価なもので良いという方は、探してみましょう。

Natalia Plekhanova / Shutterstock.com

ヘッドホンケースは100円ショップでは販売されていないようですが、適当な大きさのプラスチックケースで代用できます。収納時に隙間があると、中でヘッドホンが動いて衝撃が加わる可能性があるので、緩衝材を詰めておくと安心です。

ヘッドホンケースを自作する方法

ヘッドホンケースを自作する時のポイントは、外部からの衝撃がヘッドホンに伝わらないようにすることと、ヘッドホンが内部で動かないようにすることです。

ケースの内側に厚手のフェルトなどを貼り付けたり、スポンジをヘッドホンの形に合わせてくりぬいたものをセットすれば、ヘッドホンケースとしての完成度が上がります。マジックテープでヘッドホンを固定できるようにするのもいいでしょう。

100均でヘッドホンケースの材料を揃える

ヘッドホンケースを自作するための素材は、100円ショップでも購入できます。ショップによって品揃えが違うので、ヘッドホンケースに使える素材がないか、いろいろな店舗に足を運んでみてください。

ヘッドホンケースやイヤホンケースがあれば、持ち運ぶ際に傷をつけたり、ケーブルを断線させてしまうリスクを減らすことができます。愛用するヘッドホンやイヤホンに合う製品を探してみてください。

※データは2020年12月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。