小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ロックの名曲誕生にまつわる物語を独自の視点で描いた「Deep Story in Rock with Playlist ロック絶対名曲秘話」第1弾はイーグルス「ホテル・カリフォルニア」

2020.12.15

僕は『FMレコパル』『ダイム』『ラピタ』などの各雑誌で、音楽記事を編集したりアーチストの取材をしたりと、ロックな編集者人生を送ってきたが、1つだけ心残りがある。“ロックの本”を作れなかったのだ。いろいろアイディアは練ったが、ついに実現することなく定年の日を迎えた。

ところがリタイアして3年強が経つ12月15日、なんと僕が企画・編集した“ロックの本”が世に出るのだ。ヒントは我が愛する後輩、A君だった。

彼は僕の2年後輩で、大学時代には「間諜地獄」というブリティッシュなバンドを一緒に組んでいた。どこまで僕のことをRespectしていたのかは知らないが、そのA君は僕を追って小学館に入社してきた。

「プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ001 /マイルス・デイヴィス絶対名曲20 」。 

今年2月、A君が小学館のグループ会社/小学館スクウェアから、電子書籍「プレイリスト・ウィズ・ライナーノーツ001 /マイルス・デイヴィス絶対名曲20 」を刊行した。ジャズの専門家・池上信次氏が、アーチスト、あるいはジャンル(例:令和のジャズ)等ごとに、絶対名曲20~30曲を選曲し解説する電子書籍シリーズだ。これだけなら、さもありなん。A君に感服したのは、この20〜30曲のプレイリストをアップル・ミュージック等主要サブスクリプションで作り、電子書籍上のURLやQRコードから当該サイトに飛び、実際に聴くことができるというアイディアだ。もちろんアップル・ミュージックなら、アップル・ミュージックの会員でなければ聴けない。だがいまどきの音楽ファンなら、どこかのサブスク会員だろうという読みだ。

僕は考えた。このロック版ができないか? ジャズに倣ってロックの専門家が、例えばビートルズの絶対名曲20曲を選んで各曲を解説し、サブスクで聴ける仕組みにする。可能は可能だろうが、はたして読者の興味を引く解説を書けるだろうか。ポール・マッカートニーなら、ポールにしか書けない解説が生まれるだろう。だがいくらビートルズに詳しくても、その書き手ならではの独自性のある解説を20曲分も書くのは難しいのではないか?

ある日、閃いた。ロックには歴史的な名曲が数々ある。「イエスタデイ」「ホテル・カリフォルニア」「天国への階段」「ボヘミアン・ラプソティ」「サティスファクション」「いとしのレイラ」etc.  ロックの名曲は、枚挙にいとまがない。その名曲1曲に焦点を当てる。1冊1曲に絞れば、深い話が書けるのではないか。

キース・エマーソンをインタビュー。右が岩田さん、左が若かりし僕。

では、誰が書くか? そうだ、岩田由記夫さんだ。80年代前半に『FMレコパル』編集者として原稿を頼んで以来今日まで、岩田さんは僕のロックとオーディオの師匠だ。これまでインタビューしたアーチストは内外2000人以上、僕はロバート・プラント、オジー・オズボーン、キース・エマーソン、ジョージ・マーティン他、50人くらいは同席している。岩田さんは、アーチスト・曲だけでなく、録音・音質にも造詣が深い。岩田さんならロックの名曲誕生にまつわる物語を、独自の視点で書けるのではないか。

相談を持ちかけると、2つ返事で「やろう」(3つ返事?)。A君にこの話をするや、2つ返事で「是非」。というわけで、実現の運びとなった。

「Deep Story in Rock with Playlist ロック絶対名曲秘話01 ホテル・カリフォルニア」。

シリーズ名は、「Deep Story in Rock with Playlist ロック絶対名曲秘話」とした。12月15日刊行の第1弾は、イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」(価格:本体300円+税)だ。岩田さんがオーディオの深みにはまるきっかけとなり、今でもオーディオ製品を試聴する際には必ず使っている。

内容は、絶対名曲秘話と岩田さんが選んだプレイリストの2部構成。本書サブタイトルの、“灼熱の461オーシャン・ブルヴァードから生まれた官能の12弦ギター”とは、何を意味するのか? エリック・クラプトンとの関係は? 

プレイリストは、アマゾン・ミュージック、アップル・ミュージック、スポティファイに対応。プレイリストの「ホテル・カリフォルニア」は、イーグルスのオリジナル&時を隔てた3通りのライヴも聴きものだが、有名アーチストたちによるスパニッシュ風カヴァー、レゲエ風カヴァー、ニュー・ジャック・スウィング風カヴァー等も楽しい。また同曲がヒットした1977年の洋楽ヒット10曲も選んでいる。

まずは以下の各電子書店から、立ち読みいただければ幸いだ。なお、第2弾は2021年1月15日刊行、「天国への階段」を予定している。

■購入はこちらから!

文/斎藤好一(元DIME編集長)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。