小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【DIMEトレンド大賞2020】話題の人物賞はテレビ出演は250本以上、芸歴30年を目前に大ブレークしたずん 飯尾和樹さん

2020.12.17

話題の人物賞

https://youtu.be/BaECh1tt-wk

ずん 飯尾和樹

転んでもタダでは起きない「他力本願」力

「ぺっこり45度」「屈伸ついでにレディー・ガガ」「ぱっくりピスターチオ」など、動きのある一発ギャグで知られる、ずんの飯尾さん。今年は売れっ子のバロメーターといわれるCMに5本出演。映画、ドラマでも活躍し、〝テレビで見ない日はない〟ほどの大ブレークを果たした。

「このたびは〝賞〟というものを初めていただきまして、本当にありがとうございます。私でいいんですか!? ぺっこり45度!」

 遅咲きといわれる飯尾さんは、今年で芸歴29年。同期にはキャイ~ンがいる。

「キャイ~ンは一気にバーンと売れましたね。一般社会なら、同期が入社3年目にして専務になったぐらいの大出世。嫉妬はなかったです。当時はバーターで呼ばれることも多く、キャッチフレーズは〝キャイ~ンの友達〟でしたし」

 2000年に、やすさんとお笑いコンビ「ずん」を結成。転機が訪れたのは37歳の時だ。

「年末だというのに、特番から全然お呼びがかからなくて、やすと相談して『これからはMCに甘えていこう』ってことになったんです。『MCに振られたら、食べ物の名前でもいいからとにかく返そう』と。その直後の特番でやすがMCに『ほたて!』と言った時は驚きました。カットされましたけど(笑)。それが功を奏したのか、仕事が増えていきました。今も先輩、後輩、共演者、時にはスタッフまで、とにかく甘えます(笑)」

 目の前にあるものをネタに反射的に繰り出す一発ギャグも、MCへの返しで追い込まれた時に生まれたものだ。

「『転んだついでに、由美かおる』は、幼稚園児の前でも受けましたね。元ネタを知らない世代でも動きがあると反応がいいですよ」

〝時の人〟になった要因も、あくまで「他力本願」だと謙遜する。

「長く仕事を続けられているのは、同期の芸人や、先輩が冠番組に呼んでくれたり、かつて一緒に仕事をしたADが、出世して仕事をくれたり、人の力が大きい。僕の力だなんて思ってないですよ」

 この謙遜力が逆に武器となってか、癒しを感じる芸人として認知。マルチに活躍する飯尾さんだが、デビュー30周年となる2021年に大きな目標を掲げる。

「〝ザ お笑い〟といった感じの番組をやってみたいですね。やはり芸人ですから」

ずん 飯尾和樹

1968年、東京生まれ。1991年デビュー。「チャマーず」「La.おかき」を経て、2000年に「ずん」を結成。『どのみちぺっこり』(PARCO出版)、日めくりカレンダー『まいにち、飯尾さん』が発売中。映画『えんとつ町のプペル』(12月25日公開)には声優としても出演。

飯尾さん激動の1年※テレビ出演本数につきましては、東京地区の地上波キー局のみ(Eテレおよびナレーション出演を除く)の数字です。

小山薫堂さん

放送作家・脚本家  小山薫堂さん
コロナがあって不安を感じる1年でしたが、数少ない安心材料となったのが飯尾さんかと。多くのおじさんたちが、勇気をもらいました。

ずん 飯尾和樹

受賞商品をはじめ、ヒット商品を総まとめ!12/16発売のDIME2・3月号もチェック!

※主要オンライン書店はすべて完売しております。お近くの書店、コンビニでお買い求めください。

構成/編集部

取材・文/安藤政弘

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。