人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

宝くじで1億円当たった時の使い道ランキング、3位国内旅行、2位親孝行、1位は?

2020.12.07

宝くじで1億円当たったときの使い道

「もし宝くじに当たったら…」と誰もが一度は想像したことがあるはずだ。

では、多くの人は「宝くじで1億円が当たったら」どのような使い道をするのか。今回LINEリサーチは日本全国の15~59歳の男女を対象に、宝くじで1億円当たったときの使い道に関する調査を実施した。

年代が上がるほど購入率が増える傾向。50代は86%が購入経験あり

まず宝くじを買った経験があるかどうかについては、全体では約6割が「ある」と回答。半数以上は購入経験があるようですが、年代別では大きな差があることもわかった。 10代は最も割合が低く、18%にとどまりました。20代になると倍の36%に増え、30代では67%、40代は78%、50代になると86%となり、年代が上がるにつれて、宝くじを買ったことがある人の割合が高くなることがわかった。

1億円の使い道 1位は「貯金」、2位は「親にプレゼントや親孝行」

宝くじで1億円当たったときの使い道に関しては、「貯金する」が半数を超え総合第1位、続いて「親にプレゼントを買う/親孝行する」が2位、「国内旅行に行く」が3位という結果に。3位と僅差で4位に「家(一戸建てやマンション)を買う」、5位「海外旅行に行く」と続いている。

ランキングには入っていないが、1億円が当たったら「仕事をやめる」と回答したのは全体の1割未満にとどまった。

1億円の使い道に男女差はあるのかについて見てみると、男女ともに「貯金する」がトップだったものの、男性は5割弱、女性は約6割と女性のほうがより「貯金」との回答が多い結果となった。

以降、女性では3位に「国内旅行に行く」、5位に「海外旅行に行く」がランクイン。6位に「子供の養育費・教育費にあてる」、9位に「美容・エステ代に使う」が入っているのも特徴的だ。

男性では、3位に「車を買う」がランクインしました。また、女性ではランク外だった「資産運用に使う」が6位となり、男女でのお金の使い方に差が出る結果となっている。

また10位以内には入らなかったものの「仕事の資金にする」を選んだ男性は女性の約2倍、「土地を買う」は1.4倍という結果に。男性は「投資」や「資産運用」という考えが強いのかもしれない。

調査について

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年7月17日~19日
有効回収数:5252サンプル
※性別年代構成比を市場にあわせてウェイトバック

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。