人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

親にしてもらいたい終活TOP3、3位葬儀や墓の準備、2位不用品整理、1位は?

2020.11.22

いつかはやってくる人生のエンディング。その時のために終活を行う人もいるだろうが、実際のところどれくらいの人が取り組んでいるのだろうか?

そんな「終活」に関する意識調査がこのほど、株式会社bondsにより、西日本在住の60歳以上の男女/60歳以上の親を持つ男女1,055人を対象として実施された。

60歳以上男女の“終活事情”とは?

はじめに「終活で始めていることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、「特に準備していない(63.2%)」と回答した方が最も多く、以降、「不用品の整理(24.0%)」「延命治療などの意思表示の決定(14.6%)」「相続手続きや遺言書の準備(11.9%)」「葬儀やお墓の準備(8.5%)」「エンディングノートの作成(7.9%)」「納骨や火葬の希望・要望(7.6%)」「メッセージを残す(6.4%)」と続いた。

特に準備をしていない人が多い一方で、約4割の人が終活を始めているようだ。

続いて、「死後、忘れられてしまうのではないかという不安はありますか?」と質問したところ、約5人に1人が「ある(21.3%)」と回答した。少なからず死後に忘れられる不安に駆られる人はいるようだ。

3割以上の人が、終活を始めたことで家族に伝えたい本心や想いが出てきたと回答


不用品の整理や遺言書の準備など、残された家族が将来困らないように終活をしている人も少なくないと明らかになった。

では、終活を進めていく中で、家族に対して伝えたい本心や想いが出てくることはあるのだろうか?

「終活を始めたことで、家族に伝えたい本心や想いが出てきましたか?」と質問したところ、約3人に1人が「はい(31.9%)」と回答した。

また、「家族に対して本心や想いをどのように伝えますか?」と質問したところ、「書き起こして文字で伝える(42.9%)」と回答した人が最も多く、次いで「自分の言葉で面と向かって伝える(28.6%)」「まだ分からない(17.1%)」「既に伝えている(8.6%)」「ビデオに残して伝える(2.9%)」となった。

本心や想いを面と向かって伝えるのは照れくさく感じてしまうことから、書き起こして伝えたいと思う人が多いのかもしれない。

どのような本心や想いを残したいと思うのかという質問では、次のような回答が寄せられた。

・「困った時、辛い時などは『お母さんだったらどうするかな?』と思い出して欲しい」(60代/女性/ネットワークビジネス)
・「お金は、自分の生活に合わせて1円でも大切に使いなさい」(70代/女性/パート・アルバイト)
・「これまで支えてくれたお礼、いろいろな思い出、各種の手続きについて、葬儀について、財産分与について、残された家族の今後の生き方についてのアドバイス」(70代/男性/自営業)
・「残った者で仲良く生きていってほしい」(70代/女性/専業主婦)
・「感謝の気持ちと愛情を伝えたい」 (70代/男性/自営業)

【60歳以上の親を持つ男女が回答!】親にしてもらいたい終活とは?

ここからは、60歳以上の親を持つ男女に調査していく。

まず、「親が終活を始めた場合、手伝いたいと思いますか?」と質問したところ、8割以上が「はい(82.0%)」と回答した。

さらに、「親にどのような終活をしてもらいたいですか?」と質問したところ、「相続手続きや遺言書の準備(32.2%)」と回答した方が最も多く、次いで「不用品の整理(22.6%)」「葬儀やお墓の準備(11.4%)」「延命治療などの意思表示の決定(9.0%)」「エンディングノートの作成(8.1%)」「納骨や火葬の希望・要望(7.9%)」「メッセージを残す(6.1%)」となった。

親に残してもらいたいメッセージとは?

「親に本心や想いを残してほしいと思いますか?」と質問したところ、8割以上が「はい(81.0%)」と回答した。

最後に「親にどのような言葉や想いを残してもらいたいですか?(複数回答可)」と質問したところ、「親の気持ちや意向(46.3%)」と回答した方が最も多く、次いで「自分に対する気持ち(36.5%)」「相続手続きに関する意向(34.9%)」「今まで言えなかった話(32.2%)」「親の体験談や人生(30.0%)」「親子の思い出(24.4%)」「未来の自分に対する応援(21.0%)」となった。

親に想いを残してもらいたいと思う理由としては、以下のような意見が寄せられた。

・「親との思い出をいつまでも大切にしたいから」(20代/女性/専業主婦)
・「両親が好きだから、思い出として残したい」(20代/女性/会社員)
・「どんなものでも形に残しておきたい。自分の宝物になると思うから」(30代/女性/専業主婦)
・「親の希望を叶えてあげたいから」(50代/女性/無職)
・「普段の会話の中で、自分に対しての想いなど話をすることがないので実際のところどう思っているのかを知りたい」(50代/女性/会社員)

<調査概要>
【調査期間】2020年8月24日(月)~2020年8月25日(火)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,055人(西日本在住の60歳以上の男女 329人/60歳以上の親を持つ男女 726人)
【調査対象】西日本在住の60歳以上の男女/60歳以上の親を持つ男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

出典元:株式会社bonds

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。