人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今シーズンのトレンドは?初心者向けから上級者向けまでスキー板のおすすめ12選

2020.11.25

かつては日本国内に30社以上あったスキー板のメーカーも、ブームの落ち込みによってかなり姿を消してしまった。しかし、スキーの本場であるヨーロッパのメーカーは、まだまだ健在。数年使ったスキー板の世代交代に悩んでいる人からこれからスキーを始めるのにどの板が良いか悩んでいる初心者まで、この記事を参考に自分に合った製品を選んでみよう。

【目次】

ヨーロッパを代表するスキー板メーカー ロシニョールならこのモデル

ロシニョールとファンを2分するサロモンのおすすめモデル3選

「R」と「S」だけじゃない! 上級者が選ぶスキー板 3選

初心者にも嬉しい!お得に入手可能なおすすめのスキー板3選

ヨーロッパを代表するスキー板メーカー ロシニョールならこのモデル

1907年にフランスで創業した、スキー板の老舗メーカーがロシニョール。スキーブーツのトップメーカー、Lange(ラング)やビンディングのLook(ルック)もロシニョール傘下だ。1998年の長野冬季オリンピック・スキージャンプで、金メダルを獲った原田選手と岡部選手もロシニョールの板を使っていた。

ロシニョール REACT 4 SPORT CA (XPRESS)

ロシニョール REACT 4 SPORT CA (XPRESS)

「REACT 4 SPORT CA」は、中級レベルのスキーヤーに向けた2020年のモデルだ。トップ部の凹凸がターン開始時に雪面にコンタクトする、ロシニョール独自のフレックスチップテクノロジーを搭載。流れるようなカービングターンを可能にしている。

出典 公式サイト|ロシニョール REACT 4 SPORT CA (XPRESS)

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

ロシニョール NOVA 2 (XPRESS)

ロシニョール NOVA 2 (XPRESS)

「NOVA2」は、初心者の女性用にデザインされたスキー板だ。ロッカー構造がターン導入をやりやすくしてくれ、コース取りになれていない初心者でもスムーズにカーブを描ける。デザインもスッキリしていて、センスの良さを感じるモデルだ。

出典 公式サイト|ロシニョール NOVA 2 (XPRESS)

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

ロシニョール Super 7 HD

ロシニョール Super 7 HD

外見も性能も、一言で言えば「硬派」。本モデルはエキスパート向けのスキー板で、オールマウンテンスキー(バックカントリースキー)と呼ばれる。これは、ゲレンデ内の整地されていない場所や、ゲレンデ外のバックカントリーと言われるところを滑ったりするためのスキーだ。ビンディングがセットになっていないので、好みのビンディングを選べる。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

ロシニョールとファンを2分するサロモンのおすすめモデル3選

1947年に、ロシニョールと同じフランスで創業したサロモン。ファンのあいだでは、ロシニョールと人気を2分するスキーメーカーだ。ヨーロッパや、本拠地であるフランスでは競技でもよく使われており、2014年のソチ冬季オリンピックでは多くの選手がサロモンを選んだ。

サロモン S/RACE RUSH SL + X12 TL

サロモン S/RACE RUSH SL + X12 TL

競技に強いサロモンらしい、ショートターン系ハイスピードモデルだ。サロモン独自のEdge Amplifier技術を採用しており、ハードバーンや圧雪でも確実にエッジをとらえられる。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

サロモン S/FORCE7+L10GW

サロモン S/FORCE7+L10GW

どのような場面でも確実なエッジグリップを発揮する、セミサイドウォールを採用。さまざまな雪質で安定感のあるカービングターンを約束してくれる。ハイスピードを好む中級者向けモデルだ。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

サロモン X-MAX SX + MERCURY11

サロモン X-MAX SX + MERCURY11

X-MAX SXの特徴は、軽量であること。板の軽さはレスポンスの良さと安定性、軽快なターンなどを実現してくれる。さらに、長時間滑っても疲れにくいというメリットもある。初心者から中級者、女性にもおすすめのモデルだ。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

「R」と「S」だけじゃない! 上級者が選ぶスキー板 3選

スキー板のトップ2といえばロシニョールとサロモンだが、ヨーロッパはもちろん、アメリカにも有名なスキーメーカーはある。他人があまり持っていない、めずらしいスキー板を使いたいなら、こんなメーカーも視野に入れてみよう。

アトミック REDSTER MI + L 10 GW

アトミック REDSTER MI + L 10 GW

アトミックは、1955年にオーストリアで創業されたスキーメーカー。現在はサロモンと同じ、アメアスポーツの傘下だ。REDSTARシリーズは日本の基礎スキーヤーのために開発されたモデルで、スキーセンター部が薄くターンしやすいのが特徴。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

K2 Disruption 82 Ti MXCell 12 TCX

K2 Disruption 82 Ti MXCell 12 TCX

K2は、1962年にアメリカで創業されたスキーメーカーだ。板にプリントされた「K2」の文字は上級者の証で、スキーブームのときはあこがれの的だった。Disruptionシリーズは中心モデルであったCHARGERシリーズの後継で、上級者向けのハイグレードモデルだ。

出典 公式サイト|K2 Disruption 82 Ti MXCell 12 TCX

 

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

フィッシャー RC Fire SLR Pro + RS9

フィッシャー RC Fire SLR Pro + RS9

1924年にオーストリアで創業された老舗スキーメーカー、フィッシャー。日本のスキージャンプ界でレジェンドと呼ばれた、葛西紀明選手が愛用したことでも有名だ。本製品は、そんなフィッシャーの初級者から中級者に向けた2020年モデルだ。

アマゾンでの購入はこちらから

 

楽天市場での購入はこちらから

初心者にも嬉しい!お得に入手可能なおすすめのスキー板3選

スキー板は歴史も古く、新しいテクノロジーはなかなか登場してこないのが現状だ。はっきり言うと、最新モデルかそうでないか、1?2年の違いではなかなか見分けがつきにくい。それだけに、コスパを重視するなら旧モデルを手に入れるのも一つの手だ。

アトミック PERFORMER XT FIBRE+E LITHUM10

アトミック PERFORMER XT FIBRE+E LITHUM10

アトミックの2016-2017シーズンに発売された初心者・中級者向けモデルだ。スキーの中央部に「ベンデックス」と呼ぶへこみがあり、少ない力で容易にターンできる。

アマゾンでの購入はこちらから

OGASAKA(小賀坂) TC-JL +SX10

OGASAKA(小賀坂) TC-JL +SX10

OGASAKA(小賀坂スキー製作所)は、昭和33年(1958年)に創業された日本の老舗スキーメーカーだ。日本に残っている数少ない板のメーカーで、本製品は2018-2019シーズンのジュニア向けモデル。

アマゾンでの購入はこちらから

ヘッド Supershape i.Rally

OGASAKA(小賀坂スキー製作所)は、昭和33年(1958年)に創業された日本の老舗スキーメーカーだ。日本に残っている数少ない板のメーカーで、本製品は2018-2019シーズンのジュニア向けモデル。

テニスラケットで有名なHEAD(ヘッド)は、かつてスキー板専業メーカーだった。1950年にアメリカで創業したヘッドは、現在も高品質なスキー板を販売している。本製品は、2017年に発売された中・上級者モデルだ。

アマゾンでの購入はこちらから

 

※当記事に掲載している価格等の商品情報は、記事公開時のものとなります。

 

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。