人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「ご無沙汰しております」に対するベストな返事は?

2020.12.11

「ご無沙汰しています」と言われたら、どう返すのが正解なのでしょうか。使いやすい返答パターンを、例文付きで解説します。ビジネスなどのオフィシャルな場でもよく登場する表現なので、正しく使えるようにマスターしておきましょう。

ご無沙汰しておりますの意味と使い方

『ご無沙汰しております』はあいさつ時によく聞かれるフレーズですが、どのような相手に使うのが正しいのでしょうか。まずは言葉の意味と、具体的な使い方を知りましょう。

久しぶりに会った相手に使う言葉

『ご無沙汰しております』は、久しぶりに誰かに会ったり、連絡を取ったりしたときに使われます。『沙汰』とは『便り・知らせ』という意味であるため、『無沙汰』とは便りがない状態のことです。

さらに『ご』と『おります』を加えた謙譲語になっているので、親しい間柄の相手に使うのは適切ではありません。どちらかといえば、ビジネスシーンなどにふさわしい表現です。

友達に会ったときに使われる『久しぶり』を丁寧に表現したもの、と考えるとイメージしやすいでしょう。

メールの冒頭あいさつにも使える

『ご無沙汰しております』は、対面だけではなく、電話やメールで連絡を取るときにも使える表現です。例えば、長らく連絡を取っていなかった取引先にメールを送る場合には、文章の冒頭を『ご無沙汰しております』で始めるとよいでしょう。

『ご無沙汰しております』という表現には、『しばらく連絡をしておらず申し訳ない』という意味が含まれているため、メールでも十分に謝罪のニュアンスが伝わります。

目上の人に使ってもよい?

謙譲表現であるため、目上の人にもふさわしい言葉です。ビジネスシーンでは、上司や取引先にも使えます。

かしこまり過ぎない伝え方をしたい場合は『お久しぶりです』と言い換えても問題ありませんが、基本的には『ご無沙汰しております』の方が丁寧です。

丁寧な表現が相手を不快にさせることはないので、迷うくらいであれば、丁寧な方を選びましょう。目上の人から「ご無沙汰しております」と声を掛けられた場合も、同じように「こちらこそご無沙汰しております」と返答して問題ありません。

ご無沙汰しておりますへの返事は?

『ご無沙汰しております』という言葉を掛けられたら、どのように返答するのが無難なのでしょうか。いつでも受け答えができるように、失礼のない返答の仕方を理解しておきましょう。

同意するのが一般的

相手から『ご無沙汰しております』と言われた場合には、こちらも同意して返答するのが一般的です。例えば、以下のような返し方なら失礼はありません。

  • こちらこそ、ご無沙汰しております
  • こちらこそご無沙汰しており、失礼いたしました

『こちらこそ~』と返すと、同意のニュアンスが伝わりやすい表現になります。

『失礼いたしました』などのお詫び表現を付けておくと、連絡を怠ったことへのお詫びの気持ちも伝わるでしょう。どんな相手にも失敗なく使える表現です。

近況を添えると丁寧

まずは同意の言葉で返答するのが基本ですが、その際に『近況を添える表現』を入れると、より丁寧になります。こちらの状況を説明する一言を添え、連絡できなかった理由を伝えましょう。

  • ご無沙汰しており申し訳ございません。こちらは今、○○のプロジェクトを進めております
  • ご無沙汰しており失礼いたしました。実は、○○の件がまだ落ち着いておらず慌ただしくしております

自分の情報を説明することで、さらにコミュニケーションが広がります。ただし、対面の場合は先に自分の話をするよりも、まずは相手の近況伺いをしましょう。

返事に使える言い換え表現

『ご無沙汰しております』と同じ言葉を返す以外の、別の表現も知っておきましょう。言い換えたり、併用したりできる、具体的な返答表現をいくつか紹介します。

「お元気ですか」と尋ねる

『ご無沙汰しております』とは別の表現で返事をしたい場合は、「お元気ですか?」と問いかけてみましょう。相手のコンディションを尋ねることで、気遣っている気持ちを伝えられます。具体的には、以下のように返答するとよいでしょう。

  • お元気ですか。こちらは○○しております
  • ご連絡ありがとうございます。お元気でお過ごしでしょうか

相手が自分の近況を知っている場合には『ご無沙汰しております』で返し、知らない場合は『お元気ですか』と返すのがおすすめです。特にメールのやり取りでは、相手が書いている内容を踏まえて返事を出しましょう。

「お変わりありませんか」とは併用可能

『ご無沙汰しております』と併用できる表現が、『お変わりありませんか』です。こちらは、相手の体調・近況への問いかけとなります。

  • ご無沙汰しております。お変わりありませんでしょうか
  • ご無沙汰しておりますが、お変わりなくお過ごしですか

相手の近況を伺える表現なので、話題を広げたいときに向いた返答です。ただし、あまり踏み込んだ質問を繰り返すと、不快に思われてしまいかねません。内容のさじ加減は、関係性を踏まえて判断しましょう。

ビジネスシーンで使う場合は、お互いに気を遣わない軽やかなトーンでのコミュニケーションがおすすめです。

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。