人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

楽天のフリマアプリ「ラクマ」の出品方法と出品前にチェックすべきポイント

2020.11.20

不要になった衣料品や雑貨、本やゲームなど家にあるものを出品して販売することができるフリマアプリ。操作も簡単で、スキマ時間に手軽に利用できるのが大きな魅力だ。特に、「買ったけど思ったより着なかった」「着てみたら似合わなかった」などの理由で不要になりやすい衣料品は出品数も多く、思わぬ掘り出し物が見つかることもある。

本記事では、特にファッション系に強く女性からの指示も厚いフリマアプリ「ラクマ」の出品方法や、知っておくと便利なポイントを紹介する。

ラクマの出品方法

ラクマとは、楽天グループが提供しているフリマアプリサービス。販売手数料が他のフリマアプリに比べて安く(販売額の3.85%)、楽天会員であれば楽天IDをそのまま利用して登録できたり、楽天スーパーポイントを貯めたりすることができるのも特徴だ。

出品の前にしておくこと

ラクマで出品をする際、必ずやっておかなくてはならないのが「住所登録」と「電話番号認証」。最初に登録を行う際に画面の指示に従ってこの二つの手順を済ませておこう。

住所などの個人情報は、取引に必要な場合のみ相手に開示される仕組みになっている。もし、相手に住所を知られたくない場合は、取引開始前に「匿名配送」の設定を行うことも可能だ。

出品の手順

<PCの場合>

ログイン後、マイページメニューから「商品を出品する」を選ぶ。

表示された出品画面に商品の画像を登録し、商品名や商品の説明、配送情報などを入力する。ブランドを設定する場合、「ブランド名を検索」に文字を入力すると候補のブランドが表示される。入力事項に間違いがなければ「確認する」→「出品する」をクリックすれば出品完了。

<スマホの場合>

メニューから「出品する」を選び、カメラのマークをタップして画像を設定する。

商品名、商品情報などの必須項目を入力し、間違いがなければ「確認する」>「出品する」で出品完了。

再出品について

ラクマでは、商品の検索画面に表示される商品は"新着順"になっている。そのため、出品してから時間が経過した商品は購入者が見つけにくくなり、売れる可能性も低くなる。何か月経っても売れない商品は、「再出品」をして検索の上位に表示されるようにするのも売れやすくするコツだ。

出品代行サービス

「たくさん出品したいけれど一つずつ出品するのが面倒」という方は、出品代行サービス「ラクまるっと」を利用するのも一つの手だ。公式ページから登録を行い、届いた専用段ボールに売りたいものを詰めて送ると商品の撮影や出品、取引や発送まで代行で行ってくれる。

売れなかった商品は寄付や破棄することもできるので、家にある不用品をまとめて売りたいという時にも便利。2020年12月28日まで、楽天ポイントがもらえるキャンペーンも実施中。

ラクまるっと公式サイト:https://fril.jp/rakumarutto

出品する前に覚えておきたいポイント

出品方法自体はとても簡単だが、初心者であれば出品する前に覚えておきたいいくつかのポイントがある。ラクマでの取引が初めての方は、必ずここで紹介するポイントをチェックしてほしい。

出品できないもの(出品禁止)

ラクマで出品することのできない禁止商品は主に以下のようなものがある。

・ブランド商品の類似品やレプリカ
・第三者の知的財産権を侵害しているもの(ブランド品の偽物や市販品の無断複製、有名人の写真など)
・麻薬や拳銃など法令に違反しているもの
・医薬品や医療機器
・生き物
・金券・チケット類 など

これらの商品を出品した場合、アカウントの停止や退会処分になる可能性もあるため該当しないかチェックしてほしい。

購入申請とは

出品の際に選択できる「購入申請」。これを「有」にすると、出品者が購入者を承認した時点で取引が開始されるため、悪い評価がついている購入者などを避けることができる。

ただし、手順が増えるため中には面倒に感じる購入者もいるようだ。「なし」にするとスピーディーに取引が行えるため、すぐに売ってしまいたい場合には「なし」を選ぶ人も多い。

配送方法の選び方

配送方法を選ぶ一つの基準は、梱包した状態での大きさが「A4サイズより大きいか」どうか。小さい場合は、ネコポスやレターパック、ゆうパケットといった比較的料金の安い配送方法が選択できる。大きい場合は、ヤマト便やゆうパックなどの配送方法を選択する。

また、全国送料一律で宛名書き不要、紛失補償などのサービスがついた「かんたんラクマパック」もおすすめだ。

出品したのに削除された!?出品停止、出品制限とは?

最後に、ラクマユーザーなら誰でも覚えておきたい出品停止、出品制限について解説する。最悪の場合、ラクマを利用できなくなるケースもあるため、それぞれの項目を入念にチェックしておこう。

出品した商品が下書き、削除されている

出品したはずの商品ページが削除されていたり、下書きの状態になっていたりする場合、その商品がラクマのルールに違反している可能性がある。

・複数の利用者から通報された
・商品の権利元から削除依頼があった

これらに該当する商品を出品した場合、商品削除もしくは下書きの状態に自動的に変更される。このようなことのないよう、利用前にラクマのガイドラインをしっかり確認しておこう。

他にも、「長期利用のない利用者の商品」や「カスタマーサポートでキャンセルを行った商品」も自動的に下書き状態もしくは削除される場合もあるようだ。

出品停止、出品制限につながる禁止行為

アプリの操作時に「出品が制限されています」などのメッセージが表示された場合、何らかの規約違反が確認されたため、利用が制限されている可能性がある。先ほど紹介した「禁止商品」以外にも、以下に該当するものは出品できない。

・福袋形式での販売
・手元にない商品の販売
・災害時などに通常の市場価格より著しく高い価格での販売
・同一商品を複数、または大量に出品
・同一商品を複数のカテゴリに出品

これらの行為は「禁止行為」とみなされているため、出品する際はこれらに該当していないか注意しよう。

出品停止、出品制限は解除される?

出品停止、制限がかかった場合、画面上に制限理由と解除予定日が表示されている場合は予定日に自動解除される。

「A001」などのコードが表示されている場合は、コード番号を記入の上でマイページの「お問い合わせ>機能制限について」からサポートに連絡してみよう。

ただし、利用状況によっては制限が解除されないケースもあるため、取引の際は事前に規約にしっかり目を通し、ルールを守った取引を心がるようにしよう。

文/oki

DIME12月号の特集は「ポイ活 勝利の方程式」、付録に料理の幅がグッと広がる「電動ブレンダー&ホイッパー」がもれなく付いてくる!

DIME12月号の付録は、スイッチONでクリーミーに泡立つ「電動ブレンダー&ホイッパー」! ちょっとした料理のアレンジに便利なキッチンツール、豪華2点セットです。 話題のダルゴナコーヒーはもちろん、カフェラテ、バターコーヒー、卵かけごはん、ドレッシング、泡ソースなどなど、料理の幅がグッと広がります。

【参考】https://dime.jp/genre/1007608/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。