小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

現在の生活における理想の貯蓄額、20代は480万円、30代は1000万円、60代は?

2020.11.10

老後のことを考えれば、それ相応の貯金を蓄えておきたい。しかし、毎月お給料のほとんどを使い切ってしまい、なかなか口座にお金が残らないという人も少なくないだろう。

そんな浪費家と、その対極にある貯蓄家を分ける境界線を探る調査がこのほど、松井証券株式会社により、子どもと親のいる全国の20-60代男女、合計800名を対象にして実施された。

浪費家・貯蓄家の境界線を大調査

『年収の貯蓄割合に関して、あなたが思うそれぞれの言葉の定義について教えてください。』と尋ねたところ、”浪費家”の定義は、年収の「10%以下」を貯蓄している人、“貯蓄家”の定義は、年収の「30%以上」を貯蓄している人という結果となった。

年収の0~10%の貯蓄で“浪費家”、11~29%の貯蓄で“一般的”、30%以上の貯蓄で“貯蓄家”という認識であることがわかった。(中央値で集計)

年齢が上がるにつれて、理想と現実の差は広がっていく!?

『あなたの現在の世帯貯蓄額と、あなたが思う、現在の生活における理想の世帯貯蓄額を教えてください。』と尋ねたところ、現在の世帯貯蓄額は、中央値で20代「100万円」、30代「300万円」、40代「350万円」、50代「500万円」、60代「1200万円」と判明。

また、理想の世帯貯蓄額については、20代「480万円」、30代「1,000万円」、40代「1,000万円」、50代「2,000万円」、60代「3,000万円」となった。

世代別に、理想の貯蓄額と現在の貯蓄額を比較すると、年代が上がるにつれて、その差が大きくなる傾向にあり、60代で理想と現実のギャップ(差額1,800万円)が最も大きくなる結果となった。(金額は中央値で集計)

子どものための貯蓄がひと段落するのは40代

『あなたは誰のために貯蓄をしていますか。』と尋ねたところ、「自分たち夫婦のため(71.3%)」が第1位、次いで「子どものため(67.6%)」が第2位にとなり、第3位の「自分のため(21.8%)」と大差を付ける結果となった。

世代別に見ると、「自分たち夫婦のため」は、世代ごとに大きな変化は見られないものの、「子どものため」は、20代(85.0%)、30代(87.5%)、40代(83.1%)、50代(50.0%)、60代(32.5%)となり、20-40代が8割超であるのに対して、50代では5割、60代は3割まで低下し、子どものための貯蓄は40代までにひと段落する傾向が明らかになった。

続けて、貯蓄の目的別に『具体的にどの費用に充てようと思っていますか。』と尋ねたところ、『子どものため』の理由としては「学費(67.3%)」、「いざという時の備え(50.8%)」、「子どもの結婚(31.4%)」、『自分たち夫婦のため』の理由としては「老後(80.4%)」、「いざという時の備え(46.7%)」、「生活費(43.7%)」「医療費(43.7%)」、『自分のため』の理由としては「老後(56.9%)」、「趣味(50.6%)」、「いざという時の備え(50.0%)」、『親のため』の理由としては「介護(72.7%)」、「医療費(52.7%)」、「葬儀・法事(47.3%)」がそれぞれTOP3にくるという結果となった。

60代の9割以上が「貯蓄だけでは老後資金が足りない」

『あなたは、老後に不安がありますか。』と尋ねたところ、「不安がある(43.1%)」、「やや不安がある(40.5%)」と、全体の8割以上(83.6%)が「老後に不安がある」と回答。また、世代別に見ても、大きな差はなかった。

また、「老後に不安がある」と回答した人を対象に『あなたは、何に不安を抱えていますか。』と尋ねたところ、1位 「老後の資金(79.5%)」、2位「老後の健康維持(53.1%)」、3位 「老後の夫婦関係(27.7%)」という結果となった。

さらに、60代で「老後の資金に不安を抱えている」と回答した人に『現在の貯蓄だけでは老後資金が足りないと思いますか。』と尋ねたところ、「そう思う(67.9%)」、「ややそう思う(23.5%)」と、60代の9割以上(91.4%)が「現在の貯蓄だけでは、老後の資金が足りない」と感じていることが明らかになった。

同様に、60代で「貯蓄だけでは老後の資金が足りないと思う」と回答した人を対象に『若いうちにやっておけばよかったと思うことは何ですか。 』と尋ねたところ、「資産形成・資産運用(50.0%)」が最も高い結果となった。

また、『あなたが、資産形成・資産運用をやり始めるべきだと思う年代を教えてください。』と尋ねると、上位から順に、40代(35.1%)、30代(29.7%)、20代(18.9%)と回答。「資産形成・資産運用」をやりはじめるタイミングは40代が1位となった。

全世代に、『あなたが、老後のために必要だと思う資金を教えてください。』と尋ねたところ、2,000万円という結果となった。(金額は中央値)

一方で、『老後のために必要な資金』を尋ねた回答では、「具体的な金額をイメージできている(13.9%)」、「何となくのイメージは持っている(52.6%)」、「分からない、考えたことがない(33.5%)」となり、約3人に1人が金額のイメージを持っていないという状況も明らかになった。

※松井証券株式会社調べ

<「老後資金に関する調査」実施概要>
・調査方法:インターネット調査・調査時期:2020年9月
・調査対象:子どもと親のいる全国の20-60代男女、計 800 名(男性 400 名/女性 400 名)

※性年代均等割付
※小数点第二位を四捨五入しているため、合計が 100%にならない場合がある。

出典元:松井証券株式会社

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。