小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

遊びに行くならどっち?海派と山派、どっちが多い?

2020.11.04

海と山、遊びに行くならどっち?

GoToキャンペーンで旅行に出かける人が増えているが、どこかに行くときに「海」か「山」かという基準で選ぶ人も多いかもしれない。今回LINEが5252人に「遊びに行くなら、あなたは海派?山派?」と質問したところ、全体では「海派」が41%、「山派」が24%で「海派」の方が多く、「どちらともいえない」が「山派」と同率の24%ということがわかった。

年代別に見ても、全年代において「海派」が多い結果。特に若い年代ほど割合が高く、10代・20代では約5割が「海派」。逆に年代が上がると「山派」が増加傾向にあり、50代では約3割が「山派」という結果に。また、「どちらともいえない」の割合も年代が上がるにつれ増加している。

「海派」と「山派」それぞれの楽しみ方とは?

「海派」と「山派」、それぞれどのような楽しみ方をしているのか。海や山ですることのTOP2はバーベキューと海水浴/森林浴だった。

海や山に行ったら、海辺やキャンプ場など自然の中でバーベキューを楽しむことは、定番になっている。自然そのものを楽しめる「海水浴をする」「森林浴をする」も納得の結果だった。また、海派・山派に関わらず「写真をとる」が5位以内にランクインしている。自然の中で過ごす時間を“思い出に残す”という楽しみ方が定着しているようだ。

海派では、「海の幸を食べる」が4位にランクインしている。一方で「山の幸を食べる」は8位にとどまっており、グルメを楽しむことに関しては“海派”に軍配が上がった。また、海派は「花火をする/見る」も6位、7位にランクイン。海辺で花火を楽しむのはもはや定番といえそうです。例年は、花火大会が海辺で開催されることも多く、昼は海水浴、夜は花火、といったアクティブな楽しみ方もできそうだ。

一方、山派では「キャンプをする」が3位にランクイン。「山派」の定番の楽しみ方といえそうだ。山といえば“登山”も代表的な楽しみ方だが、「登山をする」は7位にとなっている。そのほか「トレッキングをする」、「星を見る」、「川遊びをする」などがランクイン。自然の中でキャンプをしながら、日中は森林浴やバーベキューをして、夜は星を見て楽しむ。こんな風にのんびりと過ごせるのは、山派ならではの楽しみ方といえそうだ。

ここにはないが、性年代別では、10代20代の女性で「海派」が多く、楽しみ方の1位は「写真をとる」だった。SNSへ投稿することも含め、写真をとるのが楽しみ方として定着しているようだ。また、若い年代ほど花火が好きなようで、自分たちで花火をするという回答が、10代20代に多く見られた。

夏の青春の思い出は“海で花火”という人が多いのかもしれない。「山派」で人気の「キャンプをする」は、特に20代~50代男性で人気な様子。家族や友人、仲間と行くだけでなく、はやりの“ソロキャンプ”をしている人も少なくないのかもしれない。

調査について

LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査対象:日本全国の15歳~59歳の男女
実施時期:2020年6月26日~28日
有効回収数:5252サンプル

構成/ino.

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。