人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

第10世代のインテルCoreプロセッサー、最大16GBの大容量メモリを装備したASUSの14インチChromebook「Flip C436FA」

2020.11.02

ASUS JAPANは、CPUに第10世代インテル Coreプロセッサーを搭載し、最大16GBの大容量メモリと最大512GBのPCI Express 3.0 x2接続の大容量ストレージを搭載した、ハイスペックなフリップタイプの14型Chromebook製品「ASUS Chromebook Flip C436FA」5モデルを発売した。内3モデルは一般向けモデル、2モデルは法人向けモデルとなっている。

CPUには最新のWindowsノートパソコンでも使用されている10世代インテル Core プロセッサーを搭載し、最上位モデルには4コア8スレッドで最高4.9GHz動作のインテル Core i7-10510U プロセッサーを搭載した。

メモリには最大16GBを搭載し、ストレージには最大512GB、PCI Express 3.0 x2接続のSSDを搭載している。Chromebookは、OSの動作が軽く軽快に使用できるということで定評があるが、ASUS Chromebook Flip C436FAではそれをさらに軽快に、そして従来のChromebookでは難しかったような重い処理も快適に行えるようになっている。

また、ディスプレイが360度回転するので、ノートパソコンとしてだけでなくタブレットとしても使用できる。ディスプレイの調節角度に制限がないため、ディスプレイを真上に向けたり反対側に向けたりすることができ、通常のノートパソコンよりも圧倒的に自由に便利に使える。

ASUS Chromebook Flip C436FAは、最新のUSI規格のスタイラスペンに対応している。USI規格では、従来のペン入力機能よりも使いやすさが格段に向上しており、驚くほど自然な描き心地でペン入力を行うことができる。

4,096段階の筆圧検知に対応しているので、ペン先の微妙な強弱も正確に反映可能。今までスタイラスペンでの入力を苦手に感じていた方でもすんなりと使えるはず。法人向けモデルのC436FA-E10266を除く4モデルにASUS USI Pen(SA300)を付属しており、別途ペンを用意することなくすぐにペン入力を使用できる。

そのほか、ベゼル幅を極限まで細くした4面ナノエッジディスプレイを使用することで、14型ディスプレイを搭載していながら、従来の13型サイズと同等レベルのコンパクトな本体サイズを実現した。

広い画面占有率を持ち、本体サイズはわずか幅319.5mm×奥行き208mmしかない。持ち運びしやすいように薄さと軽さにもこだわり、13.76mmの圧倒的な薄さと約1.15kgの驚きの軽さを実現。ボディには高い強度と軽さを両立できるマグネシウム合金を使用しているので、薄い本体ながら堅牢性も抜群だ。

ASUSオフィシャルサイト:http://www.asus.com/jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。