人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ポータブルから据え置き型コンポまで!高音質で音楽を楽しめるCDプレーヤー7選

2020.11.21

最近では配信サービスで音楽を聴く人が多く、CDプレーヤーを持っていない人も多いはず。しかし、音楽メディアとして歴史があるCDは取り扱われている楽曲の幅が広く、データ配信にはない魅力もある。そこで様々なCDプレーヤーを紹介するとともに、高音質なCDプレーヤーの選び方もご説明する。

様々なタイプのCDプレーヤー紹介

まずは、小型のポータブルタイプから据え置き型のコンポまで、様々なタイプのCDプレーヤーの中からおすすめ製品を紹介していこう。

丸いフォルムと淡いブルーがかわいいCDプレーヤー

ソニー「ZS-S40」は、コンパクトな丸みのあるボディと淡いブルーのカラーリングがかわいらしい製品。カラーはほかにもホワイトとブラックがある。

最大出力4W(2W+2W)のスピーカーを搭載していて、コンパクトサイズの製品ながら音質にもこだわっている。

【参考】ソニー公式サイト製品詳細ページ

おしゃれで小さいスタイリッシュなCDプレーヤー

KENWOODの「CR-D3」は、奥行き10.8cmのコンパクトな製品だ。操作キーは上面に配置されており、スタイリッシュでおしゃれなデザインにまとめられている。

豊かに低音域を再生するEX.BASSを搭載。ROCKやJAZ、POPといった5つのサウンドモードが選択可能で、好みの音質で音楽を楽しめる。

【参考】KENWOOD公式サイト製品詳細ページ

コンパクトでかわいいCDプレーヤー

オーム電機の「RCR-500Z-P」は、ビビッドなピンクが印象的な製品だ。

コンパクトなキュービックデザインで、ラジオも受信できる。

【参考】オーム電機ダイレクト製品詳細ページ

ソニー開発の高音質コーデックに対応したBluetooth搭載CDプレーヤー

ソニーのマルチオーディオコンポ「CMT-SX7」は、ウォークマンやスマートフォンなど様々なBluetooth対応機器とマルチペアリングが可能だ。

ソニーが開発した高音質コーデックLDACに対応していて、対応機器と接続すればワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しめる。

【参考】ソニー公式サイト製品詳細ページ

ハイレゾ対応ながら安い! おしゃれでお得なCDプレーヤー

Panasonicのコンパクトステレオシステム「SC-RS60」は、低音を豊かに再生するツイステッドポートや高音を伸びやかに再生するドームツイーターを備えており、ハイレゾ音源を存分に楽しめる。

また、5枚のCDを本体に記録して、ボタン1つで再生できるデジタル5チェンジャーを搭載している。市場での実売価格は2万6000円前後。単に安いだけの製品はほかにもあるが、ハイレゾ対応の音質にもこだわった製品でこの価格は魅力的だ。

【参考】パナソニック公式サイト製品詳細ページ

語学学習におすすめの安いCDプレーヤー

TOSHIBAの「TY-P2」は再生速度を11段階に調整できるスピードコントロール機能や、聞きたいところだけを繰り返し再生できる「A-Bリピート」など、語学学習に便利な機能が充実している。

市場での実売価格は6000円前後。ステレオスピーカーを搭載しているなど、機能性が充実している上に安くてお得だ。

【参考】東芝エルイートレーディング公式ホームページ

無印良品の壁掛式CDプレーヤー

変わり種としてはこんな製品もある。無印良品の壁掛式CDプレーヤー「CPD-4」だ。

リモコンが付属しているが、電源コードを引っ張ってオン/オフ操作もできる。壁に穴をあけたくない場合は、別売りのスタンドでも設置可能だ。

【参考】無印良品 公式サイト製品詳細ページ

高い音質を楽しむためのCDプレーヤーとスピーカーの選び方

ここからはCDプレーヤーとスピーカーの選び方について解説する。スピーカーについても取り上げるのは、CDプレーヤーだけにこだわっても音質は追及できないからだ。

音楽をより良い音質で楽しむための参考にしてほしい。

CDプレーヤーに合うスピーカーのおすすめタイプは?

CDプレーヤーのスピーカーには、大きく分けて2つのタイプがある。1つのスピーカーユニットで全ての音域をカバーするフルレンジスピーカーと、複数のスピーカーユニットを搭載したマルチウェイスピーカーだ。

マルチウェイスピーカーには、低音用と高音用を備えた2WAYスピーカー、それに加えて中音用を備えた3WAYスピーカーなどがある。複数のスピーカーが音域を分担することで広い音域をリアルに再生できる。

フルレンジスピーカーは、低音から高音までバランス良く再生され、音に一体感がある。どちらがいいかは一概にはいえないので、好みに合ったものを選ぼう。

CDプレーヤーのスピーカーは、内蔵と外部接続で音質の違いはある?

内蔵型はコンパクトに設計されることが多いため、複数のスピーカーユニットの搭載は難しい。したがって、多くの機器でフルレンジスピーカーが採用されている。

一方で外部接続タイプならスペースに制限されず、マルチウェイスピーカーも採用できる。自分好みの音を再生するための選択肢が多くなるという意味では、外部接続のほうが有利だろう。

小型のCDプレーヤーで高音質を求めるのは難しい?

小型のCDプレーヤーでスピーカー内蔵タイプのものは、スピーカーのサイズも小さくなる。小さなスピーカーは、一般的に低音域の再生能力が弱い。また、小型のプレーヤーは、複数のスピーカーユニットを搭載して広い音域をカバーするのも難しい。したがって、基本的に小型CDプレーヤーは音質を追求するには不向きといえる。

ただし、1つのスピーカーユニットで全音域をカバーするフルレンジスピーカーの場合でも、パッシブラジエーターを搭載した製品は低音の響きがいい。小型のCDプレーヤーでも高音質のものが欲しければ、パッシブラジエーターの有無をチェックしよう。

壁掛け式のCDプレーヤーの音質は?

壁掛け式のCDプレーヤーも、壁面に設置するために本体は小さく軽く作られている。先述のように、通常の小型スピーカーでは音質の追求に限界がある。

低価格の安いCDプレーヤーでは高音質は望めないのか?

高音質を実現するためには、スピーカーユニットを複数搭載するなどのコストがかかる。価格が高ければ高いほど高音質とは言い切れないが、価格と音質にはある程度の相関関係が生じることは否定できない。

もっとも、音質の違いはスピーカーの性能による部分も大きい。安いCDプレーヤーでも外部スピーカーやヘッドホンを使うと、音質の向上が期待できるかもしれない。

CDプレーヤーのおすすめ製品を紹介し、スピーカーも含めて音質についても解説した。CDもまだまだ現役で使える音楽メディアだ。これを機会に、CDプレーヤーについても見直してみて欲しい。

※データは2020年10月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。
※Bluetoothは米国Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。

文/ねこリセット

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。