小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

アイロンがけがラクになる!衣類のシワを簡単に伸ばす方法と便利グッズ3選

2020.10.21

家事の中でも苦手な人が多いアイロンがけ。しかし、ちょっとしたコツを覚えるだけで、時間も手間も軽減できる。そこで今回は、アイロンがけの基本と、簡単にシワを伸ばすコツを紹介していこう。

その使い方、間違っているかも!? アイロンがけの基本をおさらい

アイロンがけの基本は、片手で軽く衣類を引っ張りながら、ゆっくり直線で滑らせることだ。ジグザグに動かすと、かえってシワになってしまうので注意しよう。また、アイロンをかける前に手で軽くシワを伸ばしておくと、アイロンがけがラクになる。

アイロンがけの前に、アイロンマークをチェック! イラストの意味を正しく理解しよう

アイロンマークはアイロンがけに最適な温度を示しており、中に書かれている「・」が増えるごとに高温になる。また、バツ印がついている素材は、アイロンがけができない。

アイロンマークの目安の温度は、以下の通りだ。

「・」低温(110℃まで)
デリケートで、スチームに弱い素材が多い。ドライ設定でアイロンをかけよう。

「・・」中温(150℃まで)
ポリエステルやウールなどの素材に多い。

「・・・」高温(200℃まで)
熱に強く丈夫な反面、シワになりやすい素材が多い。

【参考】暮らしに役立つ情報(政府広報オンライン)

洋服の種類でアイロンの使い方は変わる! 当て布を使ったほうがいい洋服も

アイロンのかけ方は、洋服の種類や生地の素材によって変わる。熱に強い素材のパンツやワイシャツは、スチームを当てながらしっかりプレスする。ウールやシルクなどのデリケートな素材やTシャツのプリント部分などには、当て布を使うと安心だ。当て布には、綿100%で無地のタオルやハンカチがおすすめ。

【参考】〝当て布〟って本当に必要?大事な服を長く着続けるために覚えておきたいアイロンの正しい使い方

スチーム機能の便利な使い方でアイロンがけの仕上がりが変わる!

スチームアイロンは、衣類をハンガーに吊るしたままの状態でも使える。デリケートな衣類などは、生地からアイロンを浮かせてスチームだけを当てると、衣類を傷めずにシワを伸ばせやすい。アイロンを押し付けないと、ウールのセーターなどもふんわりと仕上がる。

スチームだけでは取れない頑固なシワには、アイロンがけの前の霧吹きがおすすめ!

アイロンのスチーム機能を使ってもシワが取れない時は、霧吹きを使うといい。霧吹きを衣類全体にかけて湿らせてから、ドライ設定のアイロンでプレスしよう。

家庭でもできる! シャツのシワをキレイに伸ばすアイロンの使い方

シャツはアイロンをかける順番が大切だ。面積が小さいところから、広いところへ順番にかけていこう。「袖・袖口」と「襟」は、裏からアイロンをかけると、シワができても着た時に目立たない。袖は縫い目で揃えて、袖の付け根を片手で押さえながらアイロンをかけると、キレイに仕上がる。

アイロンをかけてもシワになるシャツの原因と対処法

アイロンをかけてもシワが戻る原因は、熱と水分だ。アイロンをかけたあとは、衣類が乾いて熱が冷めていることを確認してから畳もう。また、綿100%のシャツはスチームでシワになりやすいので、霧吹きを使ったあと、アイロンで一気に水分を蒸発させるという方法もおすすめだ。

アイロンをかけてもシワが取れない! そんな時に試したいコツ

霧吹きを使いながらアイロンをかけてもシワが取れない時は、もう一度洗濯して生乾きの状態でアイロンをかけよう。手間はかかるが、確実にシワが取れる方法だ。

めんどくさいアイロンがけを楽に! ワイシャツにも使える便利グッズに頼ろう

アイロンがけが面倒になる原因の1つが、アイロン台だ。作業スペースの確保と重くてかさばるアイロン台を運ぶことが、負担になっている人もいるだろう。そこで、アイロン台が不要になる便利なアイテムを紹介する。

衣類スチーマーで大変なワイシャツのアイロンがけも簡単!

アイロンよりも手軽に洋服のシワを伸ばせると、近年人気を集めているのが、衣類スチーマーだ。ハンガーに洋服をかけたまま蒸気でシワを取るので、外出前の時間がない時でも使いやすい。

Tenswallの衣類スチーマーは、コンパクトで軽く片手で使いやすい。スイッチを入れてから2分で使用可能な温度になるので、時間がない朝にもおすすめだ。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

アイロンがけは台なしでも可能! アイロン台の代わりになるグッズ

場所を取るアイロン台の代わりになるグッズも多く販売されている。おすすめは、立ったままアイロンがけができるアイロンミトンだ。

スチームに対応したアイロンミトンなら、衣類スチーマーと合わせて使えるため、さらにアイロンがけがラクになる。

アマゾンでの購入はこちらから

コードレスでコンパクトなアイロンなら、立ったまま簡単にアイロンがけできる!

衣類スチーマーの仕上がりでは物足りない人は、コードレスでコンパクトなアイロンがおすすめ。煩わしいコードを気にしなくていいので、アイロンミトンを使って立ったまま使うのに便利だ。

日立の「コードレススチームアイロンCSI-301」は、本体重量が775gと軽量で、片手で使っても疲れにくい。高温スチームにより、シワも綺麗にとれる。

アマゾンでの購入はこちらから
楽天市場での購入はこちらから

面倒なアイロンがけも、素材の特徴に合わせてアイロンの使い方を変えたり、アイロン台を使うのをやめたりと、手間と時間を減らすコツはある。便利なアイデア製品の力も借りて、アイロンがけをラクな家事に変えよう。

※データは2020年10月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

文/ねこリセット

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年5月12日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「Qi対応ワイヤレス充電器」! 特集は「2022年下半期 逆襲の資産運用プラン」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。