小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

説明できる?「ご鞭撻」の意味と正しい使い方

2020.11.25

『ご鞭撻』はビジネスシーンをはじめ、重要な場面で使うことが多い表現です。使い方を誤ると、相手に不快感を与え、今後の関係に悪影響を及ぼすことも考えられます。正しく使いこなすためにも、言葉の意味を理解しておきましょう。

鞭撻の本当の意味とは?

鞭撻は、『ご鞭撻』などの表現でよく使われます。では、どのような意味合いを持つ言葉なのでしょうか。ここでは鞭撻の意味について解説します。

強く励ます、懲らしめるという意味

『鞭撻』という言葉が持つ本来の意味は、『鞭(むち)で打つこと』です。そこから転じて、『強く励ます』または『懲らしめる』などの行動を表す意味として使われるようになりました。

現在は懲らしめるという意味で使われる機会は少なく、『努力するよう励ます』という意味で使われています。

「御」が付くことにより目上の人に使える単語に

鞭撻は、基本的には目上の人が下の人に対して使う言葉です。この言葉に『御(ご)』を付けることで、自分より目上の人に対して使える言葉になります。

御は、尊敬や敬意を表す言葉で、主に『接頭語』として単語の頭に付ける言葉です。「ご両親」「ご先導」「ご案内」のように使い、その単語を表す対象に尊敬や丁寧さを加えます。御を付けることにより、目上の人が使う鞭撻が、目上の人に対して使える単語に変化するのです。

誤用のケースで多いのが、敬意の対象が不適切な使い方です。この言葉を使うときは、くれぐれも『敬意の方向』に注意しましょう。意味を正しく理解しておけば、敬意の対象も分かりやすくなります。

よく使われる慣用句「ご指導ご鞭撻」

鞭撻は単一で使うよりも、『ご指導』とセットで使われることが多い言葉です。ここでは『ご指導ご鞭撻』の意味と、よく使われるシーンについて解説します。

指導は教え導くを意味

『指導』は、教え導くという意味です。鞭撻と組み合わせた『ご指導ご鞭撻』になると、目上の人に対する『叱咤激励してほしい』『厳しく、指導してほしい』という願いを表します。

鞭撻だけでは指導の意味が含まれていないため、単体で使われることはあまりありません。

「若輩者」と合わせて使うのが一般的

『ご指導ご鞭撻』は、自分を『若輩者』として謙遜表現で使うのが一般的です。「若輩者ではありますが」と前置き、「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」とお願いする形が好ましいでしょう。

ビジネスシーンで使えば、『今は未熟でも、努力を重ねて役に立ちたい』といった熱意が伝わります。ただし、使う相手によっては、皮肉や嫌味として受け取られることもあるので注意しましょう。自分より若い相手、もしくは地位が低い相手に対して使うことは誤解を招きます。

文書やスピーチの結びで使用

『ご指導ご鞭撻』は、日常会話ではあまり使われません。メールや文書のやりとり、スピーチなどで使われる言葉です。

書き言葉としては、メールや文書の文末などに差し入れて使います。今後の指導をお願いするような場面が適していますので、日常的なやりとりではなく、かしこまった挨拶文などに使用するのがベターです。

話し言葉で使う場合は、結婚式のスピーチなどが向いています。『未熟で周りに迷惑を掛けるかもしれないが、温かい目で見守ってほしい』という意味を込めて、挨拶の最後に使うのが一般的です。

くれぐれも、日常的会話や通常の連絡メールなどで『ご指導ご鞭撻』を使わないように注意しましょう。例えば、取引先へのメールに「何か問題などございましたら、ご指導ご鞭撻をお願いいたします」と使用するのは不適切です。この場合はご指導ご鞭撻ではなく、「ご指摘ください」や「お申し付けください」などと表現します。

ご鞭撻を使う相手と正しい使い方

ご鞭撻を使うときは、使う相手にも注意しましょう。尊敬の意味を込めた言葉なので、使い方次第では恥をかきかねません。ご鞭撻を使うときに注意したいことや、正しい使い方を解説します。

自分を主語にしない

ご鞭撻を使うときは、自分を主語にしないようにしましょう。鞭撻を振るうのは、自分ではなく相手です。主語を自分にしてしまうと、敬意の対象が自分になり、意味が通じません。場合によっては失礼に当たり、今後の関係にも影響を及ぼします。

部下を相手に使う場合は、『ご鞭撻』ではなく『厳しく指導する』などの表現が正解です。自分を主語にして「ご鞭撻を振るうので」などと表現しないように注意しましょう。

上司など身近な相手へ使う

『ご鞭撻』は、上司や目上の相手に対して使います。昇進や昇給の挨拶、転勤時や結婚式のスピーチであれば、身近で親しい人に対して使いましょう。親しくない関係の人に『指導』をお願いするのは、あまり現実的ではありません。

また、目上の人であっても、部下など『地位が下の人』に対しては使わないようにしましょう。部下に対してへりくだる意味となってしまいます。

取引先に若手を紹介する場合は、使っても大丈夫です。ただし、良好な関係を築けている相手に対して使うようにしましょう。「まだまだ未熟な部下ではありますが」と伝えることで、謙虚さも表現できます。

関係性が続くことを示唆

ご指導ご鞭撻は、『関係が続くこと』を前提に使う言葉です。転勤時や退職時など、別れのタイミングで使う言葉ではありません。

別れのタイミングでご鞭撻を使うと、『今後は会えないけれど、ご指導をお願いします』のような意味にとられ、おかしな表現となります。

そのため、ご鞭撻は相手と何らかのやりとりを必要とする、関係性が続く場合に使うことを覚えておきましょう。

例文と言い換え表現を紹介

ご鞭撻は、ビジネスシーンや結婚式など、重要なシーンで使われます。ここではご鞭撻を使った例文や、言い換えの表現について解説します。

ご鞭撻を用いた例文

ビジネスシーンでは、『ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします』とする定型文が、最も多い使われ方でしょう。新しい会社の入社日や異動日の挨拶、結婚式のスピーチでも使える表現です。『ご指導ご鞭撻』の前には、『今後とも』『これからも』『なにとぞ』と付け加えます。

既知の間柄の人に対しては、「これまでと変わりなく、ご指導ご鞭撻ください」のように使います。

新しい取引先などに対しては、かしこまった表現や、より丁寧な表現が適切です。「ご指導ご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます」のように、『賜る』『申し上げる』などを付け加えるとよいでしょう。

ご鞭撻を用いた定型文は多く、言葉の使い方自体はそれほど難しくありません。『誰に敬意を払うのか』をポイントに、誤用バターンにだけ注意をしましょう。主語や目的語を意識して使い分ければ、誤用を避けられるはずです。

言い換え表現をチェック

ご指導ご鞭撻はビジネスシーンで使うことが多いので、言い換え表現も使えると便利です。ただし、言葉選びによっては『細かいニュアンス』が異なるため、違いについても正しく知っておく必要があります。

言い換え表現としてよく知られる『お導きください』は、ご鞭撻にある『厳しく』というニュアンスを含みません。しかし、誤用しにくい表現なので使いやすいです。少しくだけた『ご指導ください』でも問題ありません。

『ご指南』も指導と同じく、教え導くという意味があります。具体的なノウハウや技術に対して使う表現なので、教えてもらう内容がない場合には使いません。

『ご教授』は、専門性の高い高度な知識に対して使います。そのため、相手が教授や講師などの『教える立場にある人』に限定した表現です。

『教える』よりも『応援する』というニュアンスを強くしたい場合は、『ご支援ください』が向いています。ただし、本当に支援が必要なときに使う表現ではなく、形式上の結びの挨拶として使うことが多いでしょう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年7月16日(火) 発売

超豪華付録「3WAYハンディ扇風機」付きのDIME最新号では「ヒット商品は『推し』が9割!」を大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。