人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

注目の新機能は?使用中のiPhoneをiOS 14にアップデートする前におさえておきたいポイント

2020.10.23

2020年10月14日未明(日本時間)、待望のiPhone 12シリーズが発表されました。発表前から購入を検討していたという人も多いのではないでしょうか。

しかし、世界的に人気のあるiPhoneの最新モデルですから、すぐに購入すると値が張るのも事実。予約・購入までに時間がかかってしまう可能性もあるので、しばらくは今使っているiPhoneを継続して利用したり、新モデルの発表に伴って安くなった旧モデルの購入を検討しているという人もいるでしょう。

そこで、今使用しているiPhoneや、旧モデルのiPhoneを、最新モデルと同じ“iOS 14”にアップデートする方法を写真付きで解説していきます。

iPhoneのOSをiOS 14にアップデートする方法

それでは、iPhoneのOSを最新バージョンにアップデートする方法を紹介していきましょう。とはいっても、あまり難しい作業はありませんので、気楽にご覧下さい。今回は、iPhone XSを最新ソフトウエアにアップデートしてみました。

「設定」アプリから更新状況を確認

iOSの更新作業を行う前に、まずはiPhoneのソフトウエアがどのバージョンなのかを確認しましょう。確認は、「設定」アプリから「一般」の項目に進み、「情報」の中に記載されている「システムバージョン」に書かれています。

上図は、最新バージョンに更新した後の写真なので、「14.0.1」となっています。

ソフトウエアを最新バージョンにアップデート!

ここからが本題。iPhoneのソフトウエア・iOSを最新バージョンにアップデートしていきます。アップデートするには、先ほどと同様に「設定」アプリから「一般」の項目に進み、「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

使用しているiPhoneのソフトウエアが最新ではない場合、ここに更新情報が表示されます。まずはアップデートのためのソフトをインストールし、完了すると「今すぐインストール」からソフトウエアを更新できます。

なお、その下の「自動アップデート」をオンにすると、iPhoneを使用していない時間(深夜の寝ている間)にソフトウエアを更新し、次に使う時には最新の状態になるように設定してくれます。アップデート中は一時的にiPhoneを操作できなくなるので、今すぐ更新したいという場合でなければ、自動アップデート機能を使用するのもありでしょう。

「詳しい情報」の項目からは、アップデートすることでどんな修正・更新が行われるのかが確認できます。興味のある人は、ここを一読してから更新すると良いでしょう。

なお、ソフトウエアの更新中に電源が切れてしまうと、エラーを起こしてしまい、最悪の場合データが消えてしまうことも考えられます。iPhoneの場合は、ある程度バッテリーを充電してからか、電源に接続した状態でないとアップデートできないようになっているので、アップデート前は充電をしておかなければなりません。

後は待つだけ!?

ソフトウエアのアップデートは、上記した一連の作業だけで完結します。「今すぐアップデート」を選択すれば、自動でアップデート、再起動してくれるので、次にiPhoneが起動したときにはソフトウエアが最新の状態になっています。

更新できたかを確認したい人は、先ほどの更新状況を確認と同じ要領でチェックしてみてください。

最新iOSではなにができる?

iOSを最新のバージョンに更新できたので、ここからは新しく追加された機能の中から、利便性の高いものをいくつか簡単に紹介していきましょう。

iOS 14の新機能【ウィジェットの追加】

Androidスマートフォンでは一般的な機能ですが、ついにiPhoneでも使用できるようになったのが「ウィジェットの追加」です。ウィジェットとは、ホーム画面上に表示する、アプリのショートカットのようなもので、アプリを起動しなくても簡単に情報が表示できるようになっています。

ウィジェットの追加方法は、まずホーム画面を長押しし、アプリが震えている状態にします。その後、左上に表示されている+マークを選択し、配置したいウィジェットをタップ。ウィジェットは3サイズから選べるようになっているので、好きなサイズのものを長押しし、ホーム画面にドラッグすれば配置できます。

シンプルなホーム画面がiPhoneの特徴でしたが、ウィジェットを配置できるようになったことで、より使いやすく、個性的なホーム画面に設定できるようになります。

iOS 14の新機能【Appライブラリ】

Appライブラリとは、ホーム画面の最後のページ(一番右)に表示されるスペースにあるもので、SNSやゲーム、エンターテイメントといった項目ごとに自動でファイル分けしてくれる機能です。

これまで、たくさんのアプリをインストールしているために、いざ必要な時に目当てのアプリが見つからないといった経験はないでしょうか。Appライブラリは、そういった“アプリの紛失”を減らすための機能となっています。

iOS 14の新機能【ピクチャ・イン・ピクチャ】

ピクチャ・イン・ピクチャとは、別のアプリを使用しながら、ビデオを見続けたり、FaceTime通話に出ることができる機能です。別のアプリを起動している際は、小窓のようにビデオが再生され、これはピンチすることで拡大・縮小ができるようになっています。

画面の外にビデオウインドウを移動すれば、ビデオは完全に隠れ、音声のみが再生されます。つまり、ほかのアプリをフルサイズで表示しながらも、ビデオの音声は再生できるというわけです。

※データは2020年9下旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。