小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LINE Payが使えるコンビニと支払い・チャージの方法

2024.05.25

日常生活に必要不可欠な存在となっているコンビニ。その数は日本全国で58,000店を超えるという。誰しも日常的に利用するコンビニでの決済は、やはりキャッシュレス・バーコード決済が便利だ。

特に今、利用者が増えているのがLINE Pay。多くの人に馴染みがあるLINEアプリでキャッシュレス決済ができ、コンビニとの相性も良い。

そこで今回は、LINE Payが利用できるコンビニとその使い方、チャージ方法、利用する際の注意点を解説する。

LINE Payが使えるコンビニと使い方

レジでQRコード決済をする

LINE Payで決済可能なのは、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ、セイコーマート、デイリーヤマザキなど主要な各コンビニチェーン。今もなお、LINE Payが使える加盟店は拡大している。

LINE Pay公式「LINE Payが使えるお店ガイド」

LINE Payのコンビニでの支払い方法は「コード支払い」と「タッチ決済」の二種類

先に挙げたコンビニでは、「コード支払い」と「タッチ決済」の2パターンに対応している。コード支払いの場合、LINEアプリの「LINEウォレット」タブから「コードリーダー」を選択し、QRコードを表示する。(LINE Payアプリを使っている人は、LINE Payアプリのトップに表示されている「QRコード」をタップ)店頭でこのQRコードをスキャンしてもらえば、コード支払いが完了する。

なお、2022年7月1日からLINEのコード支払いはPayPayのQRコードに統一されているため、支払い時には「PayPayで」と伝えよう。

コード支払い以外の方法では、Visaの「タッチ決済」もしくはiDが利用できる。特にVisa LINE Payプリペイドカードでタッチ決済をした場合は、LINEポイントの還元も受けられるためお得だ。

Visa LINE Payプリペイドカードはコンビニで購入できる?発行方法とポイント還元を受けるための条件

LINE Payカードのサービスは2023年10月31日をもって終了。現在はコンビニやオンラインで購入することはできない。代わりに、年会費無料のバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が利用できる。カードをApple Pay や Google Payに設定し、Visaのタッチ決済で利用すると、購入額の3%のLINEポイントが還元される(一人あたり1000ポイント/月のポイント付与上限あり)。

発行には、LINE(オンライン)からの申し込みが必要だ。LINEアプリのウォレットから「LINE Pay残高」をタップし、LINE Payメインメニューのカード情報のアイコンをタップ。Visa LINE Payプリペイドカードを選択し、「カードを発行する」をタップしてから「バーチャルカードを発行]」を指定すれば簡単に申し込みできる。

LINE Payはコンビニでもチャージできる!その方法は?

ぼかしたコンビニ店内の画像

LINE Payは、コンビニでチャージをすることができる。チャージ方法や上限額などはコンビニによって異なるため、それぞれの手順をあらかじめ確認しておこう。いずれの方法もチャージ手数料は無料だ。

LINE Payのコンビニチャージ方法1:セブンイレブン

セブンイレブンではセブン銀行ATMを利用して現金でのチャージが可能となっている。
チャージ方法は、まず、LINE Payトップ画面から「チャージ」タップし、「セブン銀行ATM」を選択する。「次へ」をタップすると、コードリーダーが起動。

セブン銀行ATMの画面で「スマートフォンでの取引」をタッチして、QRコードが表示されたら、先ほど起動したコードリーダーで読み込みをする。その後、スマホに4桁の番号が表示されたら、ATMのテンキーでこの番号を入力し「確認」をタッチ。入金口が開いたら、チャージしたい現金を投入すればチャージが完了する。

LINE Payのコンビニチャージ方法2:ファミリーマート

ファミリーマートでは、「Famiポート」を利用した現金チャージが2022年4月17日をもって終了し、現在はマルチコピー機を使ったチャージが可能だ。

まず、LINE Payトップ画面から「ウォレット」→「⊕ボタン」→「ファミリマート(マルチコピー機)」を選択。希望のチャージ金額を入力し、「チャージ番号発行」をタップすると、受付番号と予約番号・利用可能なコンビニ名、振込期限など、チャージに必要な情報が表示された通知がLINEで届く。

次にファミリーマート店内に設置されているマルチコピー機の操作に移り、トップ画面に表示されている「代金支払い」→「次へ」をタッチ。第1番号(「LINEウォレット」通知に記載されている6桁の「受付番号」)を入力して「OK」を押したあと、第2番号(11桁の「予約番号(申込番号)」)を入力して、「OK」を押し、すべての内容を確認して再度「OK」を押す。最後に印刷されたレシートをレジに持って行き、支払いすればチャージ完了となる。

LINE Payのコンビニチャージ方法3:ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100

ローソンでは、2023年10月26日から、各ローソン店舗に設置しているローソン銀行ATMでの「LINE Pay」への現金チャージが可能となった。

ローソン銀行ATMの画面にて、「スマホでの取引」を選択 →QRコードが表示されたら、LINEアプリ→「ウォレット」タブ→「⊕」ボタンをタップし、「ローソン銀行ATM」を選択する。画面でチャージ方法の案内が表示されるのを最後まで確認し「QRコードを読み取る」をタップしてコードリーダーを表示させる。

ATM画面に表示されたコードをスマホで読み取ると、スマホ画面に4桁の企業番号が表示されるので、ATMに番号を入力し「確認」をタップし、紙幣を投入すればチャージ完了となる。

コンビニでLINE Pay利用する際の注意点

青いクーポン券の画像

最後に、コンビニでLINE Payを利用する前に覚えておきたい注意点を紹介したい。レジで慌てることのないよう、事前に注意点を確認してほしい。

LINE Payがコンビニで使えないケース

コンビニでは、「LINE Payで支払えないものがある」ことに注意しよう。いずれのコンビニの場合も、QUOカード、切手・はがき、印紙、公共料金・収納代行票、コピー・FAX、宅急便やゆうパックの送料・ギフト券・オンラインプリペイドカード・地区指定のゴミ袋などの支払いはLINE Payを利用することができない。

LINE Payの特典クーポンは有効期限と利用回数の上限をチェック

LINE Payクーポンは頻繁に更新されるため、数日から数週間で期限が切れてしまうものも少なくない。コンビニで使えるクーポンを利用する場合は、忘れずに有効期限の確認を行おう。

また、クーポンの内容によって「期間内に何度でも利用可能なもの」と、「1回限り利用可能」なものがある。有効期限に加え、利用回数も併せてチェックしてほしい。

LINE Payでは2023年12月からLINE Payの残高をLINEアプリで相手に送金できるサービスもスタートしており、LINE Payの利便性が高まっている。コンビニでの決済・チャージはもちろん、LINE Payを使った送金も検討している人は、あわせてチェックしてみては。

LINE PayがLINEアプリのメッセージからLINE Payの残高を送り合える機能をスタート

LINE Payは、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の送金(送付)機能拡充として、コミュニケーションアプリ「LINE」のメッセージに入力した金額表...

文/oki

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2024年6月14日(金) 発売

DIME最新号の大特集は「スマホ時代デジタルデトックス!脳疲労解消法」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。